半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■音楽のことなら何でも相談できる店

2015/08/24(月)

 
株式会社山本楽器
 
 今年、創業50年になる(株)山本楽器は、ヤマハ特約店としてピアノなどの楽器の販売、調律、修理とともに、幼児から大人までを対象に音楽教室を開いている。山本育輝社長の父時男氏が昭和40年に南知多町大井で創業。後に現在の半田市大和町に移転した。音楽が好きで楽器店を開くのが念願であったという父の影響からか、山本社長は音大に進学、ピアノを専攻する。
 昭和63年に時男氏が亡くなり、山本社長が後を継いだ。山本社長の音楽への思いは父を凌ぐものとなっていて、それが経営にあらわれる。
 創業間もなく始めた音楽教室は小規模なものであったが、現在は「山本楽器オリジナルレッスン」としてピアノやフルートから、大正琴やハーモニカなど多彩。チアダンスやヒップホップダンスを含めると約20種のレッスンを、半田市中心に武豊町、美浜町など7か所の教室で開講している。
 レッスンは1歳児から大人まで幅広い年代を対象にしており、「音楽に関心のある人」ならすべてを受け入れられるようになっている。したがって教室には、「音楽が好きで生活の一部として音楽を楽しみたい」という生徒から、「コンクールに出場して結果を出したい」という生徒まで様々。山本楽器オリジナルレッスンはそうした生徒の目的や習熟度に合わせた内容とし、講師もそれに合わせて人選しているという。
 さらには生徒はもちろん一般の音楽愛好家も参加できる発表の場として、山本楽器が主催するコンクール「東海音楽フェスティバル」を創設し、今年で第12回を迎える。
 「音楽のことなら何でも相談できる店」を目指す山本社長。自らの技術の向上への努力も怠らない。夜にはクラシックを弾き、今でも上達していると自負する。調律師としては、世界的ピアノブランドである「スタインウェイ」の調律技術を習得しスタインウェイ会会員となっている。
 音大を卒業した山本社長であるが奥様もまた音大の卒業生。4人いる子供たちのうち3人が音大に進んでいるのだから、まさに音楽一家。
 父が創業した南知多町大井には工房があり、山本社長は週の半分はここでお客さまから預かったピアノの修理を行っている。山本社長はここでピアノと向き合いながら音楽好きであった父を感じ、父と音楽談義を楽しんでいるのだろうか。

(取材 中村真由美)

所在地/半田市大和町1-30-1
代表者/山本育輝
創業/昭和40年12月
営業時間/10:00〜19:00
定休日/月曜日
TEL/0569-21-7828

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版