半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■笑顔をつなぐ花贈り

2016/03/25(金)

 
有限会社はなふく
 
 「人生には花がつきものです。出産、誕生日、入学、卒業、結婚、そして最期のお別れの時。人生の節目に、HANAFUKUの花を贈られた相手に感動を与えたい。心を動かしたい。気持ちを贈りたい。『〜笑顔をつなぐ花贈り〜』はそういうメッセージです」と後継者である森下達夫氏は笑顔で話す。
同社の生い立ちは、達夫氏の祖母が朝市で花売りをはじめたことから始まった。昭和54年6月、現在の店舗がある栄町に店舗を構えたと同時に現社長である父・森下武政氏が入社した。その後は、武政氏の人脈により店舗販売のみならず、葬祭業務も手掛けるようになり、会社は成長していった。しかし、近年の家族葬・密葬の増加や大手葬祭ホールの進出により葬祭業務の先細り感が見え始めてきた。そこで武政氏は達夫氏に若くて新しい発想で店舗販売に力を入れるよう命じた。達夫氏は、フラワーデザインの専門学校を卒業後、約2年間、東京で修業し、22歳で同社へ入社した。専門学校で学んだ知識、東京での経験を活かし、店舗の改装や婚礼業務への進出など次々に結果を出してきた。そして、オリジナルブランド化するため、会社のロゴマークも製作した。最近では、無料配達サービス、墓参り代行サービス、和洋菓子店とのコラボ企画などの取り組みを行っている。また、月に1回はイベントを行い、お客様を飽きさせない取り組みも行っている。お客様が来店された時に、「面白い、楽しい、また来たい」と思っていただけるように、ガラガラ抽選、スクラッチカード、早割、タイムセールなどのイベントを行っている。そして何よりもお客様の記憶に残るような接客を心掛けるように従業員に徹底している。そうすることで商品に付加価値を与えて、HANAFUKUのファンを増やしている。
「『花は心を癒し、豊かな気持ちになれる』そんな花の持っている魅力を多くの人に感じていただきたい。そして、未来を担う子どもたちに花育(花や緑に親しみ、育てる機会をとおして、やさしさや美しさを感じる気持ちを育むこと)を通して情操を養っていただき、花や緑を介して世代間交流を促進し、地域コミュニティを構築してもらいたい』と達夫氏は望む。

 (取材:竹内圭志)

所在地/半田市新宮町4-114-16
TEL/0569-26-1768
代表者/森下武政

●フラワーショップHANAFUKU
所在地/半田市栄町4-79
TEL/0569-23-2972
営業時間/9:00〜19:00
定休日/木曜日(1日・15日・月末除く)
URL/http://sasa-flower.jp/
創業/昭和54年6月
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版