半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■地域に密着したサービスで社会に貢献

2018/03/31(土)

 
社会保険労務士DCえんFP事務所
 
 同事務所は地域に密着した社会保険労務士事務所、FP事務所として、地域に貢献することを目的として平成28年2月に開設。提供サービスとして、ホームインスペクション、社会保険労務士DCプランナー、円満相続アドバイスサービス、実家見守りサービスの4つのサービスを中心に展開している。
 平成27年6月に東京に本社のある建設会社を定年退職した時に、次の仕事は、社会保険労務士・1級DCプランナー・CFP・一級建築士・ホームインスペクションの資格を活かせる仕事をやりたいと考え、8ヶ月後に事務所を開設。
 同事務所の遠藤所長は豊田工業高等専門学校建築科を卒業後、建設会社に39年間勤務。最初の24年間は、主に現場監督の立場で建物を完成させた。その後の15年間は、営業マンとして建物を受注してきた。前職が現在の業務と関係ないように思われるが、建設営業を通じて建築主の経営サポートをしてきた。営業先の社長から土地の有効活用の相談を受け、建築士の紹介・事業資金計画の作成・銀行から融資を受けるための支援・管理会社選定等を行い、賃貸マンションを完成させた。現在も取引先の経営は順調で、お客様との交流が続いている。
 また、建設会社での勤務とは別に、日本ファイナンシャルプランナー協会愛知支部に所属して、平成21年よりFP協会の活動に加わり、相談員・セミナー講師・セミナーの企画等を通じてFPとしての能力を研鑽。現在は、CLACITYにて年6回、偶数月の第一水曜日の18時半からFPのスタディ・グループ(SG)を主催。SGFP知多.半田の代表として、FP資格者以外でも興味ある人なら誰でも参加できる勉強会を行っている。
 同氏は「社会保険労務士としては、『日本一のサポーター』を目指して、中小企業のサポートをしたい。安心して働ける中小企業をひとつでも増やすために、経営者・従業員との対話を通じて実現させたい。また、若い人の将来のために1級DCプランナーの資格を活かして中小企業への確定拠出企業年金の普及を図りたい」と今後の目標を語る。現在は、愛知県社会保険労務士会の社会貢献事業として知多半島の高校へ出前授業を行い、これから社会に出る高校生のために「働くための基礎知識」の授業をコーディネートし、自らも講師を行っている。
 少なくとも、70歳まで現役で目標に向かって頑張りたいと思っている今後の遠藤氏の活躍にご期待いたします。

(取材:米持三幸)

所在地/半田市乙川向田町1-29-2  代表者/遠藤芳之
創 業/平成28年2月  定休日/日曜日
TEL/090-3256-1905  URL/http://enfp-office.com/

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版