半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■人生の1/3は睡眠時間って知ってた?〜あなただけの枕とこだわりの布団が人生の1/3を快適に〜

2018/10/17(水)

 
快眠工房中村屋 半田店
 
皆さんは今自分に合ったまくらを使っていますか?
そろそろふとん打ち直しした方が良いかな。と思っていませんか?
国道467号線沿い宮本町5丁目の交差点にひと際目立つ看板がある。今回の題名にもさせてもらったキャッチフレーズが書かれているが、人生の1/3は睡眠である事を考えると(もっと大切にしないと)と改めて考えてしまう。現地の開業は平成29年4月だが、先代は南知多町で現在もふとんの中村屋を営んでいる。代表の濱島氏も開業前は南知多でお店を手伝っていたが、販路開拓等の限界を感じ、現在の宮本町にオープンさせた。ふとん屋の原点は中身である綿を仕入れる事にある。現在のようにふとんを販売する事も大切な事だが、愛着のある寝具を新しいものにしたとき、なぜか寝つけなかったり、どこか身体に負荷をかけているような体験はなかったであろうか。中村屋では、そんな方々のためにも、打ち直しをお勧めしている。羽毛ふとんであれば19,800円〜、綿ふとんであれば8,800円〜とリーズナブルに打ち直しを提供している。この打ち直しが現在大変好調で新調するよりも売れ行きを伸ばしている。これはなにもモノが良いだけではない。ふとんを買う時、お客さんは様々な悩みをもって来店する。先ほど挙げた通り、寝つけなかったり、身体に負荷をかけていたり・・。来店したお客さんにはそんな悩みを解決してもらうためカウンセリングから始まる。一つ一つの悩みにしっかりと答え、お客さんに最適なふとんを提供する。このカウンセリングが商品の付加価値となり、打ち直しが売れ行きを伸ばしている最大の理由であろう。それだけ納得の商品提供をしている裏返しになる。
これが中村屋の最大の武器であり、お客さんから「ありがとう」と言ってもらえる信頼の証につながっている。
ふとんだけではない。もう一つの寝具であるまくらも現在売れ行きを伸ばしている。まくらもひとり一人に合うまくらは違う。これもまずはカウンセリングから始まり、最適の商品を提供する。
皆さんは今自分に合ったまくらを使っていますか?
そろそろふとん打ち直しした方が良いかな。と思っていませんか?
まずは快眠工房中村屋へお電話してみては。
(取材者:伊藤幸真)

所在地/半田市宮本町5-328-7
代表者/濱島匡志
創業/昭和33年1月
営業時間/10:00〜17:00
定休日/火曜日
TEL/77-4004 URL/https://kaiminkoubou.com/

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版