半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■想いを込めた手打ちそばで幸せを

2018/11/16(金)

 
手打ちそば 信濃路
 
 今回訪問したのは、半田市昭和町にある「手打ちそば信濃路」。入口のショーケースには、毎年半田商工会議所が創立記念日に開催する「会員及び会員事業所優良従業員表彰式」で創業50年事業所へ送られる記念品「益々繁盛」が飾られている。店舗は名鉄河和線の沿線で知多半田駅と成岩駅の真ん中に位置する手打ちそば専門店である。
 昭和42年、現代表の実父・千村春海氏がJR 半田駅前で開業した。先代が長野県木曽福島出身ということもあり、「信濃路」と店名をつけた。開業当初はきしめん・うどんといった名古屋文化に押され、麺の色が濃い「そば」は地元民に受け入れられず大変苦労したという。しかし先代は、地元民に親しんでいただくため気持ちを込めてそばを打ち続け、努力に努力を重ね複数の弟子を持ち、支店を設けるまでになった。  現代表の千村光弘氏は高校卒業後、乙川の浜田町にあった支店に入り修行を重ねた。氏が31歳の時、独立し清城町に店を出し17年間経営したが、平成19年、現店舗である昭和町の店を先代から引き継ぎ現在に至っている。(現在は昭和町の店舗のみ経営)
 同店のこだわりは創業当時から受け継いでいる自家製粉を手打ちした香り高い田舎そば。そのそばとムロアジとサバを調合したつゆはとてもバランスが良く、お客様から評判が良い。そして品数豊富なメニューの中でも自慢の品は、独特な甘みを持った香り高いつゆに海老天・たまごなど具がたくさん入った「地ごくそば」、味噌味でまろやかで食べやすい「山ぞくそば」である。一度食べたら癖になり、リピーターになる人も多く、県外からも同店へ通うお客様もいるほどだ。また、こだわりのつゆを使って作られるカツ丼や天丼も他の店では味わうことができないオススメの逸品である。
 同店の客層は、昼はサラリーマン、そして夜は家族連れが多い。千村氏は「信濃路のそばを食べながら家族みんなで会話が弾み、温かいアットホームな雰囲気を感じて一人ひとりが幸せになってほしい」と想いを語る。3年ほど前から28歳になる一人息子が奥さんとともに店を手伝うようになり、信濃路の味はこれからも先へと受け継がれていく。将来は名古屋など大都市に出店し、信濃路の味を多くの人に味わっていただきたいという大きな夢を持ち、そば職人千村光弘は生涯現役でそばを打ち続けていく。      
(取材:竹内圭志)


所在地/半田市昭和町2-70-1
代表者/千村光弘  創業/昭和42年
営業時間/11:30〜14:30 17:00〜21:00(20:30LO)
定休日/水曜日(祝祭日の水曜は営業)
TEL/22-5639  URL/http://www.handa-shinanoji.com/



 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版