半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■「料理に携わること、生涯現役」

2019/03/20(水)

 
窠六
 
 半田市生まれの大将は、親戚が料理屋を営んでおり、小学生の頃から『料理人になりたい』という想いがあった。そして、18歳より日本料理の世界に入り、お客様の笑顔に励まされ、料理を作ることに喜びを感じ、当たり前のことを当たり前にやることを心がけ、板前修業を積んだ。
 お客様に対して気を使っていることをお聞きすると、「最高の料理提供はもちろんのこと、お一人お一人をあたたかくもてなす心を創業当時より大事にしております。」と、大将は笑顔で言った。
 言葉どおり、創業して23年の店舗は、地元の方は勿論、遠方の多くの方に愛されているお店ということがわかる。その店舗が今年の春に移転をする。
「新店舗は落ち着いた雰囲気の和空間でごゆっくりとお過ごしいただける店となっています。」ここで、安心していただきたいのが、新店舗になっても美味しい味の提供は変わらない。コース料理や一品料理、お酒も多く取り揃え、会席コースや冬の時期におススメのふぐコースの窠六名物は健在する。
 「日本の食文化は旬が活かされております。季節の最も美味しい旬の食材を使い、味付け・盛付けにこだわり調理しています。」窠六の食材や旬を活かし、彩り豊かに仕立てた料理は目で楽しみ・舌で味わい・香りで本能に訴え、手間を惜しまぬ和膳の数々を楽しめる。
 昨今では、地元高校生と商店街の商学連携の協力にも尽力し、『醸す』やできる限り地産地消を取り入れた、新しい商品の開発に今後もさらに力を入れていく。「高校生と連携し、醸造文化に触れていくと、私自身とても関心力が増え、より多くの方たちに醸造料理の美味しさを知ってもらう機会に繋がっていると思います。」
 季節の変わり目はもちろん、新しい商品を、お求めやすい価格でご提供できるように、大将は「料理に携わること、生涯現役」と発し、今日も研究を重ねている。そして、『お客さんの喜ぶ笑顔のためなら、手間を惜しまない!』という愛情が伺えた。

 『おいしい和食を十分に楽しんでもらえるお店にしよう、自分がもっとお客様に気が付けるようにしよう』と、意識を高めることを決めた新店舗は、3月中旬以降OPEN予定ですので、皆様一度お立ち寄りいただき、愛情のこもったサービス・味を体験してみてはいかがでしょうか。

(取材者:中満信宏)


窠六(※情報は新店舗)
代表者/羽田洋志      創業/平成7年
営業時間/11:30〜13:30 17:30〜21:30  定休日/不定休
住所/半田市栄町4-101   TEL/24-6530 

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版