半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■人も地域も蒼い色に染まるように

2019/04/18(木)

 
Hair’s蒼
 
 上池のほとりに佇む美容店。緩やかなカーブ道が続き、車では一瞬見過ごしそうになる同店でも、鮮やかでかつ爽快な看板が自ずと目に飛び込んでくる。店名の「蒼(そう)」は、間瀬尚久代表の出身地である亀崎の街を象徴する。街を取り巻く鮮やかな海、水面に映える爽やかな空、中心に広がる緑の山並み…。
 間瀬氏は工業を営む両親の次男として生を受ける。2歳離れた兄は幼少の頃から家業を継ぐ気はなさそうでもあり、朧気ながらも自分が継ぐものだと意識し、工業高校への進学も考えたほど。いつも背中を追いかけてきた兄はまだ大学在学中。自分が先に社会に出る事になるし、決められたレールに乗るのはいつでもできる。今しかできないことをしたい…と、高校生の間瀬氏はいつの頃からか一筋の夢を思い描くようになった。当時から誰とでもワイワイ話すのが好きだった。人と接することを生業にできればと美容師を志し、高校卒業後は美容院で働きながら通信科の美容学校へ進学した。自分の人生に本気で向き合った充実した高校生時代だったと振り返る。両親も本当に驚いたことだろう。
 とは言っても、間瀬氏の一番の応援団は両親だった。名古屋や地元の店で修業した後、いよいよ独立という話になった時、当時両親が経営相談をよくしていた半田商工会議所の経営指導員(故人)を紹介された。創業関連のセミナーにも熱心に参加し、経営者としてのイロハを学んだ。晴れて独立開業に至ったが、当時は修業時代よりも少ない給料、アルバイトスタッフも1名雇うのが精一杯など苦労は絶えなかった。
 だが、持ち前の明るさと人好きの間瀬氏の性格が徐々に浸透して行ったのか、お客様がお客様を呼んでくれるようになり、遠くへ転居したお客様も時間をかけてわざわざ来店してくれるまでに。仕事で心掛けているのは、「髪型はお客様と一緒に創り上げていくこと」と自分自身は一歩下がった立ち位置でW施術者”W編曲者”に徹する。
 これからは、「お客様のわがままを一つでも多く聞ける店」「お客様が心地よく帰っていただけるような店」を目指したい。最近は奥様も店を手伝うようになり、店の雰囲気も明るくなってきた。「一所懸命走り続けてきたからこそ、これからは家族との時間を大切にしたい」と語る間瀬氏。趣味はトレーニングジムに通うことだが、最近は高校1年生になった娘さんも付き合ってくれているとのこと。店名が象徴する爽快さ…それは人の心の豊かさに進化し、店を中心に一層広がり深まるように映るのである。                         (取材:森 啓貴)

【住所】半田市一本木町1-4-1
【代表者】間瀬尚久  【創業】平成20年9月
【営業時間】10:00〜20:00 土・日曜日、祝日9:30〜18:00
【定休日】月曜日、第3火曜日 
【TEL】29-3223  【FAX】29-3223

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版