半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■大屋さんは船長さん

2019/06/13(木)

 
フォーヴルモリ
 
 「大家さん」や「管理人さん」という言葉を聞いて、皆さんはどのような印象をお持ちになりますか。親から継いだ土地にアパートを建て、不労所得を得て悠々自適に暮らしている。私以外にもそんなイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。今回ご紹介する「フォーヴルモリ」代表・森 龍夫さんは、それを大きく覆す、入居者への熱き想いに溢れたビジネスマンのような方です。
 名鉄半田口駅から東に200m程下った場所にある賃貸共同住宅「プライベート・フォレスト」等を管理する森さんは、昭和27年に岩滑で生まれ少年時代を過ごしました。東京で学卒後、商事会社に就職して様々な職種を経験され、そこで得た知識や経験が現在の共同住宅を管理する上での礎になりました。中でも清涼飲料水を担当していた時、取扱飲料に異物が混入される毒入りドリンク事件が発生。メーカーが容器キャップの仕様を変更したことで信頼回復に繋がり、そこから「安全は全てに優先されなければならない」という強い想いを持つようになります。また、同メーカーの理念にも感銘を受けて「入居者の健康と幸せを求めて住環境を提供する」という想いも大きく膨らみました。
 実際に同住宅を見学させていただくと、随所に森さんの想いが反映されているのが分かります。玄関に設置されたAED、駐車場の子ども飛出し注意看板に確認用のミラー、夜間でも見やすいようにと新設したセンサーライト、自身の趣味を活かした災害時の通信手段として有効なアマチュア無線など、入居者の安全・安心を確保する設備が非常に多く見られました。
 また、同住宅にはまだ目新しい電気自動車の充電設備、ファミリータイプには嬉しい専用物置と1世帯に駐車場2台分を完備、幼児が自分の家を間違えないように各玄関ドアの色を変えていること、入居者が自由に使うことのできる小公園とBBQスペースなど、ニーズに応じた設備や工夫が数多く存在するのも特長だと感じました。さらに、HP「ようこそ! プライベート・フォレスト」の公開や居住者とのコミュニケーションを図るため、森さん自身が編集発行している管理人通信「プライベート・フォレストだより」は年間50回を数え、想いをこまめに発信しているのも好感が持てます。
 少子高齢化が進み、供給過剰で空き家物件も多くなっている現代において、選ばれる物件になるにはどうしたらよいかを日々追求しているという森さん。常に入居者目線で考え、安全・安心を最優先して入居者の尊い生命と貴重な財産を守るその姿は、一緒に「プライベート・フォレスト」という船に乗り合わせた人々の安全な航海を使命とする船長さんのようでした。

(取材:齋田哲資)

【住所】半田市岩滑東町4-158-1 
    プライベート・フォレスト101号室
【代表者】森 龍夫  
【TEL】21-6796


 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版