半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■人生、健康が一番

2019/09/03(火)

 
自然食品の専門店ビオ・ショップ半田
 
 今回の訪問先「自然食品の専門店ビオ・ショップ半田」はJR半田駅の西側に店舗を構える。代表の岸田裕一氏は学卒後、自然食品販売会社に勤め、半田店の店長として配属された。その後、平成7年12月にフランチャイズで独立開業し、平成24年4月にはフランチャイズからも独立し、店舗名を「ビオ・ショップ半田」として生まれ変わり現在に至っている。
「ビオ」とは「オーガニック」と同じ意味で「有機体」、「無添加」という意味を持つ。そして店名に「半田」をつけた理由は地域に根付いた経営をしたいという岸田氏の地元を大切にする想いから名づけられた。店内には飲食料品はもちろん、洗剤・コットンタオル・衣料・空気清浄機や除湿器など非食料品を併せ18,000余りのアイテムが並び、生活する上で全てのものを揃えることができる。仕入先にもこだわり、誤って食品添加物などが入った食品を販売してしまうことがないよう、全て自然食品を取り扱っているメーカーからのみ商品を取り寄せている。
氏はもともと食品業界に携わりたいという思いを持っていたため、自然食品販売会社に就職した。自然食品について全く知識がなかったこともあり、日々必死に勉強するうちに自然食品の面白さを感じ始めた。また氏が20歳の頃、体調を崩し入院した経験がこの業界で生きていこうという決断に大きく影響する。入院中「人生健康が一番。健康でなければ旅行もできない、遊べない、自由に好きなことができない。」そう強く感じた。だから自然食品を通してそのお手伝いをしたい。縁があって知り合った人は元気に健康であって欲しい。そんな想いで日々お客様と接している。また、インターネットが発達している現代、消費者は簡単に情報を入手できるため、小売業にとってネット販売は脅威である。だからこそネットではできないこと、お客様と対面し、要望を直接聞いて、常にベストなものを提案し応えることを心掛け今日も店頭に立つ。
岸田氏は所属する半田ランブリングタウン協同組合の副理事長という顔も持ち、商店街の活性化のため、他の役員とともに事業を企画する。単組のイベントはもちろん、中心市街地の商店街合同の「まちなか賑わい創出事業」も積極的に企画を発案し、組織をリードする。またイベント企画主催者としても活躍する。5年ほど前に武豊町の蓮花院で「れんげマルシェ」を開催したところ好評で、同じく武豊町の堀田稲荷神社でも声がかかり「いなりマルシェ」を開催している。さらに「まちの駅 味の蔵たけとよ」では年5回のイベント企画を任され、イベント開催日は大変多くの人で賑わっている。
平日は自分の店舗営業、休日はイベントと毎日がとても忙しいが、地域のために毎日妥協せず全力で取り組んでいる。それも健康な体があるからこそできることなのである。

(取材者:竹内圭志)

住所:半田市北末広町113-2
代表者:岸田裕一
営業時間: 9:30〜19:00(平日)土9:30〜18:00(土曜日・祝日)
定休日:日曜日 TEL:23-3659
URL:http://bioshop.jp/

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版