半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - はんだの元気印企業
 

会員トピックス - はんだの元気印企業


 

■正義を貫け!

2020/03/31(火)

 
棚瀬誠法律事務所
 
「弁護士」というと、どのような職業だと想像するでしょうか。私はよくテレビなどで見るイメージから、法廷で、厳しい口調で証人尋問をしたり、言葉巧みに検察官と論争をしたり、難しい六法全書等をいつも持っていたり、というようなイメージを持っていました。でも、今回ご紹介する棚瀬誠弁護士は、そんな厳しめのイメージではなく、柔和でとても話しやすい弁護士さんです。
名鉄知多半田駅西口から出て国道247線を少し南へ行ったビルの5階に、棚瀬弁護士の事務所、「棚瀬法律事務所」はあります。棚瀬弁護士は、2007年の10月に半田市で開業し、今年で13年目を迎えます。それまでは名古屋で勤務弁護士として働いていました。独立する際に、できるだけ多くの刑事事件を扱いたいと思い、当時は、弁護士の数が少なく、国選の刑事事件が多くできそうな半田支部管内に事務所を設けることにしました。
弁護士の仕事を割合で表すと、民事事件で言えば、書類作成が約6割、当事者との打合せが約3割、法廷は約1割だそうです。弁護士業務は、事務所で、黙々と書類作成に従事することが最も多くの時間を要するようです。法廷で、相手方の弁護士や検察官と喧々諤々と論争することは滅多にないとのことでした。私の想像していた弁護士業とは少し違う印象でした。
若い頃に「自分は何者でもない。」という漠然とした思いと、「人の役に立つ仕事に就きたい。」との思いから、弁護士になることを決意されました。ただ、そうは言っても難しい司法試験です。棚瀬弁護士は、当時の司法試験に合格するのに、相当苦労されました。それからはや20年経っていますが、弁護士をめざした時の『理由はどうであれ、困っている人がいるなら手助けしたい』という気持ちを、今も変わらず持っていることは、棚瀬弁護士と話していると伝わってきます。
弁護士には、人と話すこと、説得力がある文章を作成すること、証拠を見極めることなどの能力が必要とされるそうです。「大切なのは人の話を聞く能力じゃないかな、そういう意味では、自分は人の話を聞くのが好きだったから、この職業には向いていたかもしれない。」と棚瀬弁護士は言います。
「弁護士という仕事は、時として社会正義を実現できる。」というのは、棚瀬弁護士の好きな映画のワンシーンのセリフです。特に、刑事事件では国が被告人を裁くわけですが、その時に唯一被告人を守れるのが弁護士です。弁護士側が「この人は無実だ。」と主張しても、それが認められることは本当にごくごく僅かです。保釈請求も、実は、簡単には認められません。そうした中で、被告人の要求を勝ち取ることができたとき、「正義を貫けた。」と感じ、この仕事をやっていてよかった!と思うそうです。
きっと法廷では柔和な一面からかっこよくキリっとした棚瀬弁護士を見られるのでしょう。是非、裁判を傍聴してその姿を見てみたいものです。
(取材:井上さや香)

事業所名/棚瀬誠法律事務所
所在地/半田市昭和町1-29 セントラル知多半田5C
TEL/0569-32-9711
受付時間/月〜金 午前9時〜午後5時
(事前に予約していただければ受付時間外でも相談はお受けできます)
休日/土・日・祝
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版