半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■動けば周りも変わる

2014/04/27(日)

 
中部電力株式会社半田営業所 総務グループ 鈴木幸栄さん
 
――どんなお仕事をされていらっしゃいますか?
 主に営業所の車両管理と広報業務を担当しており、半田営業所に転勤してもうすぐ2年になります。前職の名古屋支店人事課では、従業員に対する業務が主だったのですが、営業所では外部の方との接点も多く、最初は本当に戸惑いました。中途失聴のため聞き取れない事もありますので、応対する際には「聞こえが悪いので、再度お聞きすることもあります」と前もってお伝えさせていただいています。接客態度ひとつで会社のイメージが変わるので、そのことには特に気をつけ、お客さまの望むことを、スピーディに対応していくことも心掛けています。

――広報の具体的な内容は?
 主なものとしては「ギャラリーわっと」の利用対応と、「浜岡原子力発電所」等への見学対応をさせていただいています。「ギャラリーわっと」は地元の方々にご利用いただいており、展示される写真や絵画等を拝見させていただきながら、ご利用者と会話できるのは魅力ですね。浜岡原子力発電所等へのご見学では、団体の皆さまの引率をさせていただくこともあります。実際にご見学していただいて、正しい情報をお伝えして、理解を深めていただくことが大切なことだと思っています。前任地は規模が大きかったので、主にメールでの確認が多く、返事をいただくまでのタイムラグがありました。今は直接顔を見て話をすることが多くなったので、仕事の進め方が変わりましたね。電話が出来ないので、相手の顔を見て話が出来るというのは安心感があります。仕事の幅も広がり、人間関係も密になったような気がしています。聞こえない時もありますが、その時は、割り切って考えることにしています。

――とってもポジティブですね。
 高校時代は暗かったんですよ(笑)。手話を覚えて同じ仲間と出会ってから、世界が広がりました。社会人になってから変わったかなと思っています。当時は、週末に研修会や交流会等に参加して手話にどっぷり嵌ってましたね。自分から動いていけば自然と変わっていくのかな…と。聞きとれなければコミュニケーションは筆談だっていい訳ですし。筆談は相手が大変かもしれませんが(笑)。でも、基本的には引っ込み思案で、大勢の輪の中に入っていくのはちょっと苦手です。

――今も何か活動などしているのですか?
 子供が大きくなって、少し時間に余裕が出てきましたので、再び手話サークルへ顔を出すようになりました。その他に、昨年はある団体で行事の企画・運営を行いまして、同じく聞こえない仲間を対象とした行事ですが、コミュニケーションの方法が筆談・口話・手話とバラバラなんです。手話通訳者等にも協力いただいて無事終了することができ、いい経験になりました。いつも周りの人に助けられているのを実感しています。また家族・両親のサポートがあるからこそ、仕事も続けられています。周りのみんなにありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。



すずき・ゆきえさん

名古屋市生まれ、小学4年生から半田市に在住
趣味:旅行
感動した本:1ℓの涙
好きな言葉:みんな違ってみんないい

中部電力株シ田営業所
所在地/半田市東洋町1-3-3
TEL/0569-21-5110
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版