半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■食卓は愉しい

2015/11/25(水)

 
ギャラリーイリマル 榊原舞子さん
 
——わぁー、ステキなギャラリーですね。
 長年の夢が叶った私のお城です。祖父が『イリマル商店』という陶器商をしていたので、自然に陶器が好きになっていきました。でも、どうしてこんないいものなのに、知名度が低いんだろうっていつも不思議だったんですよね。だからいつか私が、こういう素晴らしい作品を紹介するギャラリーを開こうと思っていました。

——それでオープンされたのが1年前ですね。
 半田で生まれた主人と結婚して、私もこことご縁をいただきました。観光の町として動き出した半田で、観光客の方も立ち寄っていただける場所を探して、ようやくこの場と出会いました。1年間かけて、主人や作家さんにお手伝いいただき内装を完成させましたが、店内のこの木も、このタイルもみんな再利用なんですよ。

——多くの人の想いで、生まれたギャラリーなんですね。
 人と人とのつながりを大切にしていきたいですね。ネットで何でも買い求めることが出来ますが、触って、作品の良さを分かっていただけたらと思っています。今、卓育インストラクター(※)取得の勉強中ですが、例えばお茶碗ひとつにしても素材は土で、自然で体にいいものから出来ているんだよ。作家さんが一つ一つ心を込めて作っているから、大切に使おうねということをお話しています。お箸の正しい持ち方も知っていただきたいですね。お母さんやお子さんに、そういうことを通じて、食卓の大切さ、愉しさを広めたいと活動しています。今は色々な素材がありますが、お子さんには、陶器のお茶碗を使うことから始めていただけたら嬉しいですね。

——「目で食べる」という言葉がありますが、こんな食器が食卓に並ぶと食も進むでしょうね。
 長い付き合いの作家さんの作品ばかりです。実際に使って、使い勝手が良いものを展示していますので、とっても重宝していただけると思います。デザイン重視の器も気分が変わって食卓も華やぐと思います。私も出来合いのものをステキな器に載せただけで、味まで変わってしまったような気がした経験がありますが、器によって食が進み愉しめることを実感しています。

——当所主催の『知っ得ゼミナール』でのマイグラスづくり、好評でしたね。
 転写シートをグラスに貼付けるだけでオリジナルグラスが完成し、皆さんに喜んでいただけました。幼稚園児から80代の方までご参加いただき、私もとっても嬉しかったですね。
 私は今もガラス作家さんのお手伝いをしてガラスと接していますが、板ガラスはとっても魅力的なんですよ。切って組み合せ、絵付けをして、釜を開けて初めて作品と出会える、その時のワクワク感がとっても楽しいですよ。工作感覚で誰でも出来る、魅力の一つでしょうね。ガラスのお皿づくり、グラスづくりのワークショップを開催しています。ぜひお店に遊びに来てくださいね。

※卓育インストラクター
 家族の絆、コミュニティの連携の基は食卓で築かれ、食卓を見直しより良い人間関係を食卓から発信するという考えから創設。命の大切さ、モノを大切にする心、食事のマナー等をアドバイスします。


さかきばら・まいこさん(食空間コーディネーター)
岐阜県多治見市生まれ、半田市在住
趣味:仕事
好きな言葉:思考は現実になる

★ギャラリーイリマル
所在地/半田市銀座本町1-17(半田商工会議所東)
営業時間/11:00〜16:00
定休日/日曜日
TEL/0569-58-5800
半田赤レンガマルシェやヒトハコ市でも活動しています

■今後の予定
平成27年12月 クリスマスのディスプレイと干支の置物
平成28年1月 世界中の動物が揃う(50種類以上)
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版