半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■着物を通して、日本文化を伝承

2016/12/25(日)

 
久栄丸呉服店 間瀬桂子さん
 
――お着物、とってもお似合いですね。
 3歳の頃から少し日本舞踊を習っていましたので、着物は身近に感じていました。普段店にいるより営業や納品に飛び回っていますので洋服と着物、半々です。今日は振袖の展示会ですので、もちろん着物です(笑)。呉服屋に嫁ぎ、着物の良さや素晴らしさを実感しています。

――一番の魅力は何でしょうか?
 「衣は人なり」という言葉が好きです。着ているもので気持ちを表現するということです。かつて日本人は七五三や成人式、結婚式、告別式など人生の大切な場面で、日本伝統の着物を着てきました。例えば小学校の入学式での、お母さんの着物姿を覚えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。喜びや悲しみの気持ちを表すのに、着物はそれぞれのシーンをより深く、印象づけるお手伝いができるのではないでしょうか。ですので、節目節目で着物を着ていただきたいと思っています。当店では、お買い上げいただきました着物と帯での着付けを、何度でも無料で承っており、出張着付けもしています。

――着物は着てみたいけれど、着ていく場所がない、という言葉を聞くことがありますが。
 年に数回、歌舞伎やミュージカル、お食事会などに着物で出かける企画をして、お客さまとご一緒するのですが、皆さんに喜んでいただいています。いろいろな場面で着物を着ることを通して、日本文化や伝統を次世代の方に伝えていきたいと思っています。また、着物姿を多くの皆さんに見ていただくことで、着物を着てみたいと思っていただけたら嬉しいですね。

――着物を愛していらっしゃる方ならではの想いですね。
 その想いで日々仕事をしていますが、仕事から離れたら、自分なりにはじけます(笑)。店の定休日にも技量を維持するために着付けを習いに行き、何やらいつもカラダを動かしています。コンサートや食事会などにも予定がつく限り行きますので、12月は大忙しでした(笑)。着付け教室を主宰し、筋トレやヨガ、最近姿勢をよくするための体操も始めました。ブリザーブドフラワーやマナー教室にも通っています。「まちかどサロンかめとも」で、月に一度お料理の先生の主催するマルシェに参加して、野菜を売るお手伝いもしています。限定20食のランチも好評です。仕事との切換えが得意な方だと思いますが、ストレス解消には昔からのお友達や、地元でのお友達とお酒を飲んでおしゃべりすることが一番です。考えてみればいろんな場面で、お酒を飲んでいますね(笑)。

――毎日フル回転ですね。その上、一昨年からは女性会にも入会されたそうですね。
 何をされるのにも信念を持って、一切手抜きなしでやり遂げられる姿勢を拝見して学ぶことばかりです。昨年は夏祭りでの「浴衣の着崩れお直し」のお手伝いで、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。その後の打ち上げもとても盛り上がり、楽しく充実した時間でした。素晴らしい方たちのお仲間になれて、これからの人生が豊かになると感じています。

――着付けはお手のもので、本領発揮ですね。
 私はその時、その場で自分にできることは、何かといつも考えてきました。嫁いですぐ振袖の営業を始めたり、着付け教室に通ったのも店のお客さまの新規開拓のためです。女性会でも私にできることがあれば精一杯やらせていただきます。どの場面でもその人に応じた役割はあるはずです。だからいつも頑張ろうと思っています。これからどんな出会いがあって、どんな役割があるのかしらと想像すると楽しくなってきます。


ませ・けいこさん
山梨県甲府市生まれ。
小学生時代に江南市に転居。
資格/着付け講師
愛読書/PHP
座右の銘/アクティブに動き何かを残す

★久栄丸呉服店
半田市亀崎町4-173
営業時間/9:00〜19:30
定休日/木曜日
TEL/0569-28-0155
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版