半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■『醸し屋』で働く喜びを経験

2017/01/31(火)

 
醸し屋半田農業本店
 
――加古
 半田市商店街連合会と農業高校生のコラボ企画「高校生レストラン」の第2弾「醸す定食」が50食完売してホッとしています。9人でこの企画に関わりました。今年は窠六さんとのコラボですが、プロの技術ってすごいなと思いました。家では単純な味しか出せないので、窠六さんのとても深みがある味付けに感動しました。第2弾に挑戦しようと話がもち上がり、1ヶ月ぐらいで当日を迎えたのですが、その間に期末テストもあり、時間的に結構大変でした。しかし、そのお陰で、段取りの大切さを学びました。
――土屋
 高校生がプロの職場を真近に見る機会はないと思います。今回はそれが出来て、飲食店で働くやりがいを見付けたような気がしています。立ち続けるのが辛かったり、注文がたくさんくると、どうしたらいいのか分からなくなってしまいましたが、人に聞くだけでなく、自分で考えて動くことが大切だと感じました。卒業後、外食産業に勤めますが、具体的な目標が出来たような気がして、とてもいい経験をさせていただきました。中学校の職場体験で飲食店に行った時は、ひたすら食器を洗ったり、片づけの仕事ばかりでした。今回は窠六さんのアドバイスを受けながら、メニュー作りから販売までやらせていただき、大変でしたが楽しかったです。
――齋藤
 私は接客するのが好きで、お客さまへの声かけを心掛けたり、気配りしながら接客しました。お客さまの笑顔を見ると、私まで嬉しくなってきて、接客する楽しさがより分かったような気がしました。また、前回は何となくメニューなどを考えましたが、原価計算する大変さを知り、商売の厳しさにも少し触れたような気がして、色々な発見がありました。
――五藤
 私も接客担当でしたが、汁物をこぼさないないように静かに歩いて(笑)、ちょっと緊張しました。色々なお客さまがいらっしゃって、少し先を見て考えたり、臨機応変に対応する大切さを学びました。
――加古
 前回、商店街連合会さんから箸袋を作るアイデアをいただき、今回はおしながきや告知ポスターも自分たちで作りました。お店や校内にポスターを貼って呼びかけましたが、宣伝方法をもう少し考えたら良かったかなと思いました。
――齋藤
 私たちがやっていることを通して、私たちのことや半田農業高校のことをもっと多くの方に知っていただきたいですね。「醸す定食」は半農で栽培・生産した食材にこだわった定食です。メニューは、半農しょうゆを使った五目ごはんや味噌たまりの照り焼きチキン、ゆずあんかけの茶碗蒸しや、にんじんの醤油もろみ漬けなどで、学習の成果の結集だと思っています。協力していただいた先生や、仲間たちにも感謝したいですね。
――土屋
 最初のころは商店街連合会さんと話しあって、色々な意見をいただき戸惑ったこともありましたが、貴重な体験をさせていただきました。
――全員
 また、11月には金山総合駅構内でのイベント「商店街逸品・名品テストマーケット2016」の半田商店街ブースに『醸し屋半田農業本店』を出店させていただきました。
イベント前には、佑花里さんとのコラボ商品「フロランポン」を大村愛知県知事に披露し「素晴らしい」と激励していただきました。展示販売もとても好評で、今も地域のお店で販売していただいています。とっても嬉しいですね。イベントのオープニングセレモニーにいらした大村知事と河村名古屋市長さんと写真も撮りました。それも嬉しかったです(笑)。そういう機会を与えてくださった学校や、商店街連合会、窠六さん、佑花里さんにも感謝でいっぱいです。

加古友美さん
東浦町在住
部活動:卓球部
趣味:アニメ、音楽鑑賞

土屋亜実さん
武豊町在住
部活動:ソフトボール部
趣味:お菓子づくり

齋藤むつみさん
美浜町在住
部活動:茶華道部
趣味:カメラ

五藤美咲さん
名古屋市在住
部活動:ソフトボール部
趣味:ショッピング


醸し屋半田農業本店
平成25年から愛知県立半田農業高等学校食品科学科醸造班の生徒によって設立。3年生で醸造班を専攻した生徒のうち希望者が社員となって、社会との関わりや人間力を養う機会として、地域の協力を得て活動している。

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版