半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■お菓子をもっと身近に

2018/06/29(金)

 
おやつなフランス菓子Lico. 中村 紀子さん
 
――ここは三軒長屋と呼ばれているんですね。とてもオシャレですね。
 亀崎空き家再生プロジェクトの一環で、築100年ほどの三軒長屋をリノベーションし、昨年8月に生まれ変わりました。私のお店と、カフェ、亀崎のお土産と常滑の陶器を扱う店舗が入っています。木の香りが漂い、高い天井の窓の外には青空が広がり、ベンチ式のイスやワインの箱のテーブルが置かれた遊び心あふれる空間です。私が子どものころは、この辺は魚屋さんや八百屋さん、お風呂屋さんなどもあり、活気あふれる街並でした。近年は閑散としていましたが、最近はインスタ映えを狙ってでしょうか、休日には、お店の前の通りを歩かれる方が多くなりました。亀崎の街が賑やかになるお手伝いをさせていただいているようで、嬉しく思っています。
――おやつなフランス菓子のお店なんですね。フランスのお菓子との出会いは?
 OL時代にお菓子教室に行っていましたが、物足りなさを感じていました。そんな中で、長く仕事をするために手に職を付けよう、好きなお菓子作りをしようと、思いきって辻製菓専門学校に入り、2年目は学校のフランス校で学びました。スタートが遅かったので、徹底的に学びたい、パリはスイーツの都と言われていますが、現地のお菓子を見たいと思っていました。フランスではお菓子は身近な存在で、食後にはデザートとしていただき、おやつ感覚なんですね。日本でももっと手軽にお菓子を楽しんでいただけたらと思っています。
 卒業後は東京のホテル内のパテイスリーで働きました。その後、会社で同期だった今の主人と再会して、結婚し亀崎に戻ることになりました。
――そして、お店を開店されたのですか?
 いずれお店を持ちたいと思っていたのですが、10年間は子育て中心の生活でした。器用な方ではありませんから、子育てしながら働くのは少し不安でした。子どもが手を離れ始めた頃に周囲から「お店を始めたらいいんじゃないの」と背中を押されて、私も「今なら出来るかな」とその気になった時に、このお店と出会いました。今は家事、育児が大前提で週休3日ですが、子育てを卒業したら、もっとお菓子に関われるのではないかと楽しみにしています。
――お店のお勧めは何ですか?
 毎朝焼いているフルーツタルトです。生地と旬のフルーツを、オーブンで焼くのがフランス式です。これからの季節はイチジク、ぶどう、チェリー、オレンジなどのタルトを楽しんでいただけます。また、お店のマークにもしていますが、アルザス地方のお菓子、クグロフもぜひお召し上がりください。今は焼き菓子が中心ですが、いずれは色々なものに挑戦したいと思っています。お菓子は材料を吟味し、余計なものは使わず作ることを心がけています。シンプルということですね。店名も私の名前、のりこから付けました(笑)。
――お菓子作りを、本当に楽しまれているようですね。
 何も分からず本だけを見て作っていた頃に比べると、お菓子の仕組みが分かり、楽しく作っています。材料はバター、砂糖、玉子、薄力粉などと限られたものですが、分量、気候などの些細な違いによっても異なってきます。お菓子作りは科学だと感じています。お菓子ときちんと向き合い、丁寧に作れば美味しいものが出来ると思っています。
 先ずは、多くの方々にお店の存在を知っていただきたくて、イベントに参加するようにしています。6月に開催された『はんだマルシェ』に参加しました。10月21日に開かれる『ろじうら』にも出店します。皆さん、遊びに来てくださいね。


なかむら・のりこさん
亀崎町生まれ、在住
趣味/旅行

おやつなフランス菓子Lico.
半田市亀崎町3-153
営業時間/1:00〜16:00
定休日/日〜火曜日
TEL/47-8522

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版