半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - とーくさろん
 

会員トピックス - とーくさろん


 

■親子の母港でありたい

2019/09/03(火)

 
塾Let’s 平林 恵さん
 
 学生時代、幼稚園などにボランティアに行くと、決まって子どもたちが寄ってきてくれました。子どもたちの笑顔を何度も見るうちに、『幼稚園の先生に向いているのかな』と思うようになりました。実際に先生になると、もちろん苦労もありましたが、子どもたちの成長する姿を一番近くで見守れてとても幸せでした。また、子どもたちと信頼関係を築くことに喜びを感じました。はじめは上手くいきませんでしたが、やがて『笑顔』と『子ども目線』の2つが大切だと気がつきました。先生が笑顔だと子どもも笑顔になります。また、子ども目線で気持ちを理解してあげることは、子どもにとって嬉しく、何よりも安心します。子どもたちからたくさんの愛情をもらい、人としても成長できた4年間は、とても有意義な時間でした。
 現在は今年4月1日に開校した学童保育、『Let’s Port』のチーフを務めています。初めてのことばかりで戸惑うことも多いですが、一から作り上げていく楽しさや、やりがいを感じています。また、子供たちと接する中で学ぶこともあります。例えば、私は幼稚園教諭のころから『誉めて育てる』ことを大切にしてきましたが、これは小学生が相手であっても通用する姿勢だと気づかされました。大人になった私でも誉められることが嬉しいように、どの子も誉められれば笑顔になり、やる気も出てきます。
 それと同時に、厳しさも持ちながら子どもと接していこうと考えています。優しく接するだけでは、どうしても、子どもは自分のやりたいことだけをやってしまいますし、それでは私たちがお預かりしている意味がありません。やるべきことがあるときには、やらせなければいけません。そのために、その子どもの興味を探り、やる気を引き出してから、「ここまで頑張ろうね」と目標を決めて取り組ませています。このようにすると、みんな頑張ってくれます。手探りの状態ですが、このように真剣に向き合うことで、子どもにとって先生でもあり、いい意味で友だちでもあるような関係が築くことができたら、信頼関係が生まれてくるのではないかと思います。
 私の話だけでなく、『Let’s Port』についてもお話ししたいと思います。まず、当社は大正13年に、そろばん塾『半田速算』としてスタートしました。その後、学習塾や英語教室の分野にも進出し、『塾Let’s』として幼児から大学受験生まで一貫教育を行う学習塾となりました。そして今年、学習塾という枠を超えて子どもだけでなく保護者の方も支えていきたい、そんな想いで、お預かりと習い事が一つになった『Let’s Port』を立ち上げました。『Let’s Port』という名前には、親子の母港でありたいという私たちの志が詰まっています。
 共稼ぎが当たり前になった今、平日は学童に預け、休日である土日に習いごとを集中させるというご家庭が多いようです。しかし、休日にこそ親子の時間を大切にしてほしいと思っています。ですから、『Let’s Port』では、平日のお預かりの中で、習いごとを完結するスタイルを採っています。そろばん、速読、書写、英語、算数、国語など多様な学習プログラムを用意し、子ども一人ひとりにあった対応をしています。
 また、室内のダイニングスペースは、子ども達が宿題をしたりおにぎりタイムを楽しんだりするだけでなく、お迎えにいらっしゃる保護者さんの交流の場にもなっています。そのスペースで保護者さんがリフレッシュし、明日への活力を生む場になれば嬉しいですね。
 これからも、塾Let’sの『子どもの輝く未来の幸せに貢献する』という理念に沿って、子どもだけでなく、働くお母さんやご家族も、応援し続けていきたいと思います。

塾Let’s
学童保育『Let’s Port』

■ 所在地/半田市天王町1-30 トーカヒルズ内1F  ■ TEL/49-0035
■ 個別相談会/随時開催   

日進市まれ、半田市在住  
趣味:音楽鑑賞・筋トレ


 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版