半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - ひと
 

会員トピックス - ひと


 

■明るく楽しく一生懸命、そして真剣に

2013/10/28(月)

 
東邦ガス株式会社 半田営業所長 竹内康記氏
 
 機械いじりが好きでモノづくりの分野で学んだが、社会に出る時にはエネルギー、インフラの世界に興味を持ち同社に入社した。希望したのは供給部門だったが、思いもかけない本社営業開発部に配属された。以来30年、営業畑一筋に歩くことになった。
 「人と接することは苦手ではなかったので苦労はなかったのですが、仕事を覚えることに必死でしたね。営業と名の付く様々な業種を経験し、1年毎に部署が変わっていたこともありました。仕事が変わると覚えることも一からですが、楽しく一生懸命やることが信条なので、前向きに捉えていました」
 難関と言われる資格に挑戦したこともあり、半年間は日曜日には図書館通いという日が続いた。折れそうになる心を支えたのは夫人と子どもたちだった。
 「家族のために頑張らなくてはと一生懸命でしたね。幸い家内とは職場結婚でしたので、会社のことも資格取得の大変さも理解してくれ応援をしてくれました」
 現職に就いた今は、『明るく楽しく一生懸命、そして真剣に』と仕事に取り組む。このことは尊敬する3人の上司から学んだことである。
 「明るく楽しくするにはコミュニケーションを密にすることが必要です。私から皆の席へ行って声をかけ、そして問いかけて考えさせることが重要です。真剣とは知恵を出すことだと考えています。そういうことに気づく機会を増やす、人を育てることは私の使命と思っています」
 小ミーティングを重ねることで情報の共有を図りながら、考える力、行動力を促し、そして慰労の言葉を添える。その姿勢で人材育成に尽力してきた。今同社は他の燃料から都市ガスへの移行を一つの業務としているが、半田営業所はいち早く目標数値に達した。
 「自主性が芽生え目標に向かって自ら動いています。そのことが成果として表れた証だと思っています。人は強みと弱みを持っています。弱みを克服するのは時間もかかり容易なことではありません。ですから強みを伸ばし、やる気を引き出すことで能力を高めています。また、人は誰でも生まれながらに可能性を持っており、やる気と考え方次第で能力も伸びる可能性があります。
 強いて言えば私の強みは知識なのかもしれません。幾つもの部署を経験してきたので、広くこの業界を知っています。その知識を部下に提供していくことも重要なことです。かつての尊敬する上司から学んだことを、部下につなげていくことも私の使命だと思っています」
 日々、新しい情報収集にアンテナを張り巡らす。外に出て様々な人と関わることも大切にし、会合等にも積極的に参加する。また地域貢献、社会貢献も同社は柱にしており、当所創立120周年記念事業として開催した「キッズワークフェスティバル2013」でも料理教室の開催に協賛した。
 「団体、個人の方、社内にあるショールームで料理教室を楽しんでください。当社は地域の皆さんあっての企業です」
 就任して2年余り、仕事に忙殺される日々を送るが、休日には庭の雑草抜きや夫人の買い物のお供と、良き夫でもある。また、年2回程は家族旅行を楽しむ良き家庭人でもある。
 「仕事柄安全・安心をお届けすることを使命としているので有事の時は自宅にいません。そのお詫びでもないのですが、もっとゆっくり家族と一緒に旅行が出来たらいいですね。趣味のゴルフを家内と一緒にプレーすることがありますが、なかなか上手くなりません。でも、まだまだ上手くなれるかと思うと面白くて一生懸命になれますね」
 『明るく楽しく一生懸命、そして真剣に』は公私ともに生きる指針となっている。



たけうち・やすのり プロフィール
昭和38年常滑市生まれ。58年豊田工業高等専門学校機械科卒業。同年東邦ガス(株)入社。本社営業開発部を皮切りに営業畑勤務。平成23年東部支社都市エネルギー課長を経て現職。
名古屋市緑区に夫人、二男と在住(長男は大学生として県外に在住)。当所議員。
 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版