半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - ひと
 

会員トピックス - ひと


 

■電力の仕事はチームプレイ 各々が職責を全うする

2018/04/27(金)

 
中部電力株式会社 電力ネットワークカンパニー半田営業所長 佐藤晋吾 氏
 
 北アルプスを望む急峻な山合いの農家に生まれ育った。谷を越え、山を登り登校した。冬は、満天にままたく星灯りを眺めながら帰途についた。
「豊かな環境が故に自然の脅威には逆らうことはできず、台風襲来による地滑りにより生家は倒壊し、山から町に避難(転居)しました。その後、父が急逝し進路変更を余儀なくされましたが、どんな時代にも予期せぬ出来事は起こります。起きた時にどう対処するのか、その心構えを準備しておくことは大切なことと思っています。これも育ってきた教訓から学んだことかもしれませんね。それが影響した訳ではないでしょうが、安定志向を求め中部電力を志望しました」
 地元長野県で勤務と思っていたが,名古屋支店勤務となり春日井営業所に配属された。当時の事務系男子新入社員に課せられた現場検針業務からスタートし、電気料金に関わる様々な業務を経験した。独身寮があった名古屋市名東区は当時まだ自然が残り、歳が近い仲間との生活は、見るもの聞くもの全てが新鮮でワクワクしながら毎日を送った。 
 「その後名古屋支店人事課に異動し、採用・教育・人事評価等に7年携わりました。仕事柄、多くの社内外の人達との出会いがあり、そのことが私の大きな財産となっています。電力の仕事は多岐に亘り、チームでの仕事が求められますが、人材が財産と実感したのもこの時代でした。現在、働き方改革が叫ばれていますが、当時の人事課では既にライフワークバランスを重要視した働き方をしていました。後年管理者になった時にも、この時代の学びや経験が大いに活きてます。人生において最も吸収力のある20代に、この部署に所属したことは、社会人としてとても幸せなことと感謝しています」
 以後、検針員や収納業務を担う人達が加入する第2労働組合員との労使交渉や、電気料金滞納者との折衝と神経を使う仕事も「偉大なる鈍感力」で乗り切ったと笑う。世の流れは電気料金の支払いをコンビニエンスストア・クレジットカード会社が担う時代になり、その交渉に当たった。また、電力の自由化進展に対応する新たな電気料金メニューの制度づくりに奔走するなど、無駄な仕事は一つもなかったと断言する。そんな様々な経験と知識を携え、平成28年に現職となり半田の地に赴いた。
 「所員には、@各々が職責を全うするAよき社会人であれB健康第一、と言い続けてます。電力の仕事はチームプレイ。誰もが役割を担っている。私たちの仕事は社会のお役に立っているという誇りと自信を持ち、その使命を果たすことが大事。半田営業所は中部電力の中でも有数の伝統ある事業場です。古くから皆さまにお世話になっており、地域のお役に立つことであれば可能なかぎり関わります」
 その対外的なお役目も相当数あり、その時々の出会いを楽しみ絆をつなぐ。いつもどんな時も旺盛な好奇心と、ユーモアあふれるセンスで対峙する。
 「半田市の条例『知多酒で乾杯』を所内で推奨したところ『日本酒好きの所長が勝手に作ったルール』と誤解されるほどの上戸で、半田の地でまず調べたのは『知多半島に酒造が多いのは何故か』です」
 幼少期から体を動かすのが習慣になっており、あらゆるスポーツに熱中した。歳を重ねてからは、チームでも一人でも出来る趣味が主になり現在は、ロードバイク・MTB・登山、冬はスキー・スノーボードに興じる。
 「人生は3万日といわれ,最初の1万日(28歳頃)までが修業、2万日で社会に還元していくものと聞いたことがあります。今、2万日目を疾走中です」



さとう・しんご氏プロフィール
昭和37年長野県北安曇郡生まれ。昭和56年長野県立豊科高等学校卒業。同年中部電力入社、春日井営業所配属。名古屋支店総務部、名古屋市内営業所、本店営業部、名古屋支店営業部務等を経て、平成28年現職。半田商工会議所工業部会部会長。当所常議員。一宮市在住。


 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版