半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - ひと
 

会員トピックス - ひと


 

■すべての仲間と新時代への挑戦

2019/04/18(木)

 
2019年度半田商工会議所青年部会長 榊原顕太郎法律事務所 榊原顕太郎氏
 
 『行動力のある青年部に入会したら』と父親から勧められ、仲間入りしたのが弁護士事務所を開設した1年後。半田市に勤務し、当所とも関わりが深かった父親から、お墨付きでのスタートだったが、多忙なこともあり、出席率は50%ほどだったと言う。
 「入会3年目に委員長になったのが、僕の青年部活動の分岐点でした。新設の国際教養向上委員会で、メンバーたちとどんな委員会にしようかという議論からスタートしました。事業、研修会、懇親会(ウーロン茶で盛り上がる)が楽しく、鰻登りに出席率も上がりました(笑)。中学校から外に出ていたので、最初は誰ひとり知り合いがいなかったのですが、地元に帰ってきたと実感したのも入会したからこそと思っています」
 全ての要職を経て、今年度会長に就任した。氏曰く、『あきっぽくって面倒なことが嫌い』今まで長続きしたことはあまりなく、気がつけば10年という歳月が流れていたと振り返える。それほど青年部活動は楽しく、実のあるものだった。だから、今までの感謝を込め、会長の椅子に座ることを決意した。
 「元号が変わり新時代が到来します。何か新しいことをみんなで考えて挑戦していきたいという想いで、スローガンは『すべての仲間と新時代への挑戦』です。新しく『半田の子ども育成委員会』を組織しました。従来のサンタクロース委員会を、夏でも子どもたちのお役に立てたらと思い改称しました。子どもたちには将来半田を背負ってもらいたい、青年部にも入会していただきたいという願いも込めています」
 また、かつて初めて委員長となって開眼したような自身の経験からも、各委員会の活動方法等はみんなで悩み、交わりながら作り上げていって欲しいと期待する。そこまでの過程こそが大切で、達成した暁にはそれぞれが大きく成長すると確信する。
 「どんな事業が生まれてくるのか、ワクワクしながら楽しみにしています。僕もあと2年で卒業です。もう2年しかないので、メンバー全員と交わることが念願です。顔も見たことがない、話したことのない仲間もいます。暇を見つけて、1回でも参加いただければきっと新しい何かを得ることができると信じています。僕もそうでした。修業時代も今も少人数で仕事をしていて、大きな組織の中で働く機会に恵まれていませんでした。でも青年部では会員130名ほどの中で、ある時は中間管理職、部長というようなポジションをいただき、日常では得られない人との関わりを経験しました。人との接し方に幅が出たのではないかと自負しています。一番は友だちが出来たことですが、青年部は僕に多くのことを教えてくれました」
 同時に友との関わりは、新たな仕事にもチャレンジするきっかけとなった。メンバーは事業主が多く、企業についての悩みを抱えていることもある。そんな時にアドバイスをしたいと、中小企業診断士の資格を取得し、知識の引き出しも増え、仕事の幅も広がった。
 「いつも新しいことに向かっていきたいと考えています。先ずは手始めに(笑)、僕の大好きなアイドルグループのももいろクローバーZ(ライブにも行きます)に因んで、会員手帳と名刺(一部)をピンクにしました。快進撃を続けるももクロ同様、半田商工会議所青年部も新時代へ向けて走り続けましょう!」


さかきばら・けんたろう氏プロフィール
1975年半田市生まれ、在住。2002年早稲田大学大学院法学研究科卒業。03年弁護士登録。08年榊原顕太郎法律事務所創立。半田市人権委員。半田市農業委員。

 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版