半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - ひと
 

会員トピックス - ひと


 

■感謝と謙虚さ

2019/05/24(金)

 
株式会社 三菱UFJ銀行半田支社 知多半田地区支配人 兼 半田支社長 森田耕治氏
 
3歳のころに東海市に転居し、半田高校で学び、東京の大学ではテニスサークルに所属、学生生活を満喫した。縁あって同行(東海銀行)に入行し、どこかのタイミングで地元に帰ることも視野に入れてはいたが、社会人としてのスタートは関東圏を望んでいた。
 「ところが配属されたのは豊田支店(愛知県)。その後は名古屋、東京で勤務し、昨年4月に現職に就きました。地元の赴任が多くない中で、故郷とも言える半田支社への辞令を受けたのには、大変驚きました。」 
 入行以来、大半は愛知県内、東京都内で法人営業に携わり、様々な業種のお客さまを担当してきた。現職に就いた今も、外回りは銀行の営業活動の基本と、お客さまの下に伺う。お客さまのなかには高校の大先輩も多く、会話がスムーズに弾む反面、期待に応えられるかという不安にかられることもあると言う。
 「その不安が頑張ろうという原動力につながり、励みともなっています。先輩に何回生と聞かれ、覚えていなくて困ったこともありました(笑)。ご縁で当支社に赴任し、金融を通じて地元が元気になるよう、お客さまの成長に貢献できたらと思っています。そのためにはお客さまの歴史、経営者のお考えなど、お客さまをよく知ることでしょうね。それがあってこそ、次に向けてのご提案が可能になると考えています。どの業界にも言えることでしょうが、『人と人との信頼関係』が大切と肝に銘じています」
 また、お客さまは多数の金融機関の中から同行を選んでいただいている。先ずはそのことに感謝すべきと語る。そしてお客さまの成長が結果的に銀行の成長につながるため、互いに長く続く関係を保つような謙虚さを持って仕事に向かう『感謝の気持ちと謙虚な心』が銀行員として、人として大切であると強調する。
 「当行は『世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ』を中長期的にめざす姿としています。部下には積極的に海外勤務を希望して欲しいと言っています。特にアジアは労働人口が若く、経済も成長しています。そこでは日本では感じられない世界を実体験でき、視野も広がり考え方も変わってくると思っています。色々な世界を見て、自分の成長につなげて欲しいですね。当地に赴任して、改めて地元との付き合いが始まりました。会議所さんのにぎわい創出委員会副委員長として、色々な事業に関わり、新しい出会いもありました。昨年はキャナルナイトに出かけて、半田を堪能しました」
 多忙な毎日だが、土・日曜日の仕事のない日は夫人の住む川崎に帰る。仕事を持つ夫人を気遣い、一緒にアルコールを嗜んだり、旅行にでかけ、二人の時間を大切にする。大学時代に出会って30年の付き合い、仕事にも理解を得て、夫人は最大の応援者であり、その存在は明日への原動力にもなっているようだ。
 「妻とはLINEで生存確認をしています(笑)。食事は外食が基本。自炊に挑戦しようと思いましたが、調味料を一から揃えなければと考えた瞬間、あきらめました(笑)。その変わり、掃除や洗濯はお手の物です。運動不足が続いていましたので、学生時代に打ち込んでいたテニスを2年前から再開しました。。半田、川崎、それぞれの場所で楽しみとやりがいを見つけるようにしています。半田と川崎での生活、公私とも充実した日々を過ごしています」


もりた・こうじ氏プロフィール
1970年岐阜県生まれ。93年慶応義塾大学法学部法律学科卒業。同年(株)東海銀行(現三菱UFJ銀行)入社。豊田支店、愛知県、東京で勤務し、2018年多摩中央支社副支社長を経て現職。
半田金融協会会長。当所にぎわい創出委員会副委員長・常議員。


 

 前のページへ戻る
 TOPページへ戻る

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版