半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 会員トピックス - ひと
 

会員トピックス - ひと



最終更新日:2018/06/29(金)

 

■お客様にご満足いただける製品をお届けする!

2016/06/22(水)

大八化学工業株式会社半田工場 工場長 橋本八束氏
 
 入社以来、原料入荷や製品出荷、営業部門、購買部門に関わった。大学は文系だったために、化学会社での仕事は苦労もあったが、諸先輩や取引先から学び教えられ、難題を乗り越えてきた。それに加えて、考えても仕方のないことは考えない。お酒を飲んで寝てしまえば嫌なことも忘れてしまう、という楽天的な性格も大きく支えてくれたようだ。

■名銀魂で明るく元気で

2016/05/26(木)

株式会社名古屋銀行半田支店 支店長 矢田洋一氏
 
  昭和24年、名古屋銀行の設立と同時に開業した半田支店は、後年、半田市が観光都市への第一歩を踏み出す契機ともなった「第1回はんだ山車まつり」を起案した場所(旧半田商工会議所)でもあると言う。

■_通信を通じて社会貢献

2016/04/25(月)

西日本電信電話(株)名古屋支店ビジネス営業部 名古屋南営業支店 支店長伊藤孝浩氏
 
 世の中のルールを学びたい、より多くの人のお役に立ちたい、社会貢献に関わりたいという想いで大学、会社を選択した。

■I LOVE HANDA  WE LOVE HANDA YEG

2016/03/25(金)

平成28年度当所青年部会長・株式会社知多土木 代表取締役 坂田 篤氏
 
 知らない世界を見てみたいと、20代前半は県外各地で仕事をし、帰郷したのは27歳の時だった。その間、様々なことがあったが、今思えば全てが無駄ではなかったようだ。

■『いざ』という時にお役に立ちたい

2016/02/24(水)

東京海上日動火災保険株式会社 半田支社長 大駅 聡氏
 
 埼玉・東京・新潟・福岡と父親の転勤に伴い、様々な地で暮らした。持ち前の快活さから、どこでも友情を育み有意義な学校生活を送った。 

■楽しみは子どもたちの笑顔

2016/01/26(火)

名古屋鉄道株式会社知多半田駅 駅長 山崎一公氏
 
 豊かな自然の宝庫、えびの高原(宮崎県)を背景にSLが白煙を吐き疾走していた。その勇姿を見て育ち、いつの間にか電車の運転士になることを夢みた。昭和43年、えびの地震に遭い故郷を後にし、名古屋、半田に居を移したが、その想いは変わらなかった。名古屋鉄道の入社は夢の第一歩だった。

■お酢に親しみ、ミツカンを好きになって欲しい

2015/11/25(水)

MIZKAN MUSEUM 館長 大辻美里氏(凱izkan Holdings)
 
 観光元年とも言われている半田市は今年、その鍵となる観光施設が、次々と誕生した。かつてのミツカン半田工場に聳え立っていた2本の煙突がシンボルともなった『MIZKAN MUSEUM(MIM)』も11月8日、グランドオープンし、各界から注目を浴びた。

■赤レンガ建物、カブトビール、モノ作りの拠点、半田の誇る財産

2015/10/27(火)

半田赤レンガ建物 館長 飛田幹真氏(開TBプロモーション)
 
 7月18日、半田市の新しい観光スポットとしての期待を背負い「半田赤レンガ建物」がオープンした。地元の人々の想いが結実した日でもあり、舵取りを任せられた氏は取り分け感慨深いものがあったようだ。

■新しい仕事は成長につながる 

2015/09/27(日)

日本通運株式会社半田支店 支店長 加藤 充氏
 
 どこか遠くに旅したい。少年時代に出張の多い父親との会話から、未知の世界に憧れ続けた。大きな組織の中で、海外で仕事をしたいという夢が膨らみ、社会に出る時、日通は旅行もあり航空もあると志望した。

■近道はなし。基本を大切に、愚直に邁進。

2015/08/24(月)

岩部建設株式会社 代表取締役社長 岩部雅人氏
 
 溌剌と人生を歩く人の多くは、今までの人生を振り返る時「いい人と巡り会えた」と発するように思う。氏もまた幾度となくその言葉を口にする。学生時代の恩師や友人、職場の上司や同僚など、今日まで公私共様々な人に助けられてきた。今も電話一本あれば、その人達の元に飛んでいくだろうと言う。節目節目で温かい声援を受け背中を押されて来た。真摯に仕事に向かう「姿勢」を大切にする中で、深い示唆や感銘を与えられてきたのである。では、その「姿勢」はどこから来たのだろうか。
 

 前の10件  最新の10件  次の10件 
21 - 30件目
全151件

 

最新の情報


カレンダー選択



情報キーワード検索



トピックス選択

 はんだの元気印企業
 とーくさろん
 ひと
 会員情報かわら版