半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 新着情報
 

新着情報



最終更新日:2019/10/15(火)

 

■チャレンジショップ第1号店「沙茶屋」オープン

2019/10/06(日)

 10月6日(日)、クラシティ1階にチャレンジショップ第1号店「沙茶屋」がオープンしました。
 このチャレンジショップとは、半田商工会議所がまちづくり事業の一環としてまちの活性化、賑わい創出を図ることを目的とした事業です。これから開業を目指す方に実際に自分の店舗を持ち営業しながら経営のノウハウを学んでいただきます。このたび商工会議所がクラシティの空きテナントを賃借し、それを無償で貸し出しました(水道光熱費等は自己負担)。7月に募集を行い、8月に審査を経て伊藤快人氏が第1号活用者として決定されました。

 「沙茶屋」は主に10種類のタピオカドリンクとこだわりのパン、生クリーム、旬のフルーツを使用したフルーツサンドを販売するお店です。またプラスティック製のストローを使用せず、竹を材料にしたストローを使用し環境に配慮した取り組みもしています。
 お客様に飽きを感じさせないように毎月メニューを変化させていく予定です。


住所:半田市広小路町155-3 クラシティ1階
営業時間:10:00〜19:00(商品がなくなり次第終了)
定休日:毎月第4水曜日

■知って得するゼミナールが始まります。

2019/10/04(金)

今年度も流通部会主催「知って得するゼミナール」が始まります。
「自分たちだからできることでお客様に感謝を伝えたい」「地元にもいろんな店があることを、住んでいる人たちにもっと知ってほしい」、そんな思いから生まれました。
35店が開催する「秋の学び」にぜひお出かけください。

詳しくは講座内容は↓
http://www.handa-cci.or.jp/zemi/

■『KAMOSUレシピ大公開〜商品開発担当者が教える”秘伝のレシピ”〜』を実施

2019/10/01(火)

第14回蔵元が企画するお酒と知多の味
 『KAMOSUレシピ大公開〜商品開発担当者が教える”秘伝のレシピ”〜』醸造部会

 当所醸造部会(中埜昌美部会長/中埜酒造)は9月21日(土)、「蔵元が企画するお酒と知多の味」を開催。CLACITY(以下クラシティ)を会場とし、『KAMOSUレシピ大公開〜商品開発担当者が教える”秘伝のレシピ”〜』には100名余が参会しました。

 味噌・溜醤油9蔵、酒造6蔵、酢の醸造元が一堂に会し、知多半島の醸造の魅力を発信する本事業は14回目の開催。16時30分から行われた企画は、盛田(株)福田貴子さん、泉万醸造(株)田中秀明さん、(株)Mizkan 石井翔さんの3社の商品開発担当者がそれぞれ味噌・溜・お酢の調味料以外の使い方を公開。脇役ばかりの調味料を主役級に持ち上げる使い方をたくさんご提案していただきました。まさに「超味料」としての味噌・溜・醤油を会場の皆さまにお届けできたのではないかと思います。

 その後、17時より行われた交流会では、クラシティ1階の「賑わいテラス」を特設会場に仕立て、クラシティ グランシェフ・戸崎智仁氏と醸造部会の特別コラボメニューが登場。知多半島の醸造と食素材を上手く融合させたお料理を提供。また知多六蔵の知多酒も存分に堪能いただき、蔵元との語らいとともに知多半島ならではの食を体験していただきました。

半田商工会議所醸造部会担当 TEL0569-21-0311

■美味しい知多酒を堪能〜金融部会交流会〜

2019/09/27(金)

 当所金融部会(間瀬朱実部会長/知多信用金庫)では、9月25日(水)「國盛 酒の文化館」にて金融部会交流会を開催し、会員事業所から44名が参加しました。
 交流会冒頭、酒の文化館の浜耕平館長に館内を案内していただいた後、日本酒・知多酒の歴史、品質について講演をしていただき、参加者は興味深く聞き入っていました。
 講演後は、純米大吟醸酒などを美味しくいただきながら参加者同士の交流を深めました。知多酒の美味しさを知るとともに地元産業である醸造文化に触れる良い機会となりました。

■9月5日〜6日 第51回全国商工会議所女性会連合会鹿児島全国大会に参加して

2019/09/26(木)

出発前夜の大荒れの天候が心配でしたが、当日の朝は小雨となりセントレアに向かう車中より虹を発見!良い旅になる予感を抱きつつ半田商工会議所女性会9名、事務局1名総勢10名で、鹿児島へ向かいました。
全国大会の会場である鹿児島アリーナには、全国から女性会員2,574名が集い、熱気に満ちた中、式典が始まりました。
式典では、主催者等の挨拶後、当会女性会・榊原有子顧問が全国商工会議所女性会連合会特別功労者、愛知県初で蒲郡市の小山恵実様(衣裳レンタル業)が第18回女性起業家大賞の授賞式、続いて全国商工会議所女性会連合会50周年記念映像や記念講演会なども行われました。
 記念講演会では作家・林真理子さんより自身の仕事について、また昨年の大河ドラマ「西郷どん」のエピソードなど聴きました。林さんらしい語りで淡々とお話されるのに引き込まれてしまうさすがのトーク力。ご家族の話には親近感を覚え、益々ファンになられた方も多いのではと思います。
 大会式前夜の懇親会では、三会場を中継で繋ぎ、各会場ではアトラクションもあり、奄美の民謡のライブが始まると自然に踊りの輪が出来、みなさん笑顔で楽しそうで賑やかに踊る姿に女性会のパワーを感じました。
 鹿児島県内女性会のおもてなしは素晴らしく、大島紬をお召しになり、その堂々たる着こなしは名勝仙巌園から見た桜島の姿や大会テーマ「おじゃったもんせ!〜さつまおごじょのおもてなし」とも重なり、“薩摩おごじょの誇り”を感じました。
全国の女性会の皆様との出会いに感謝した鹿児島全国大会でした。

副会長 間瀬桂子

 

  最新の5件  次の5件 
5 - 9件目
全1929件

 

最新の情報


情報キーワード検索