半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 新着情報
 

新着情報



最終更新日:2018/08/20(月)

 

■ベトナム人雇用企業の活用事例を学ぶ!【人財育成委員会】

2018/07/02(月)

 当所人財育成委員会(酒井良輔委員長/知多印刷)では6月19日、当所においてベトナム人の雇用を考えるセミナーを開催して、69名が参加しました。
 愛知県内で働く外国人労働者は、約13万人にのぼっており、少子高齢化に伴う労働力人口の減少や経済のグローバル化により、外国人就労者に対する期待は、今後ますます高まっていくことが予想されます。
 当所人財育成委員会では、外国人技能実習生の育成を企業活動に最大限活かすためには、どのようにすれば良いのかを、外国人技能実習生の中でも近年著しく増えているベトナム人実習生を育成されている企業の取組事例を通じて、最善の道を探っていただくためにセミナーを開催しました。
 今回のセミナーは2部構成となっており、第1部では(同)Revon Japan 代表の泉野 民比古氏より、イチからわかる「外国人技能実習制度」と実習生受入の具体例について、分かりやすく解説していただいた。
 また、第2部では、ベトナム人を雇用されている企業(みつまる自動車梶E級i坂鉄工所・知多印刷梶jの社長さんをパネリストとして、企業の活用事例について、パネルディスカッションを行いました。



■第9回あいさつ川柳コンクール実施のご案内

2018/06/27(水)

 半田商工会議所では、子どもたちが将来への夢や希望を持って、いきいきと成長していくためには、家族の他に、地域の多くの人とふれあうことが大切であると考え、大人と子ども、大人同士、子ども同士のコミュニケーションの輪を広げるために、平成20年度より「あいさつ運動」を推進しています。あいさつ運動の一環として始めた「あいさつ川柳コンクール」は、今年で9年目を迎えますが、昨年は3,779名の方よりご応募いただきました。
 つきましては、下記募集要項をご覧いただき、ご応募いただきますようご案内申し上げます。

 五・七・五の十七音からなり、季語もなく自由に創作できる川柳を通して、皆さんがあいさつについて、日頃感じていること、考えていることなどを表現してください。
 あいさつの素晴らしさを伝える作品をお待ちしています。

第9回あいさつ川柳コンクール募集要項

1.主  催 半田商工会議所
2.共  催 半田市教育委員会
3.後  援 半田市
4.趣  旨
 子どもたちが、将来への夢や希望を持って、いきいきと成長していくためには、家族の他に、地域の多くの人とふれあうことが大切です。このため半田商工会議所では、大人と子ども、大人同士、子ども同士のコミュニケーションの輪を広げるために、平成20年度よりあいさつ運動を推進しています。あいさつ運動の一環として「あいさつ川柳」を募集いたします。
5.応募資格
 どなたでもご応募いただくことができます。
6.応募期間
 平成30年9月1日(土)〜平成30年9月21日(金)消印有効
7.応募方法
 所定の応募用紙に、あいさつ川柳、必要事項(郵便番号並びに住所、氏名【ふりがな】、性別、職業または学校名、学年、電話番号)をご記入のうえ、ご応募ください。
 ※応募用紙は、下記からダウンロードできます。

 (1)表面
 (2)裏面

8.作品内容
 ◆応募作品は、未発表でオリジナルのものに限ります。
 ◆他との重複投稿や既に発表されているものに著しく類似したものは除きます。
 ◆発表済みの作品との暗合(偶然に一致すること)があった場合、入選を取り消すことがあります。
 ◆応募は一人1作品までとし、それを越える応募は受付しません。
  ※共同作品は、応募の対象外とします。
 ◆応募作品は入選落選にかかわらず返却しません。
 ◆入選作品にかかる著作権・使用権など、すべての権利は半田商工会議所に帰属します。
9.選考方法
 選考委員会(委員長/浅利猪一郎氏【浅利猪一郎川柳事務所 主宰】)において選考します。
10.表  彰
 ◆10月に選考して、平成30年12月8日(土)に表彰式を行います。
  優秀作品を選考し、賞状と副賞を贈呈します。
  ※入賞作品は、氏名と学校名または職業と共に発表させていただきます。

【小学生以下の部】
 ★最優秀賞【半田商工会議所会頭賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市長賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市教育委員会賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★優秀賞(5作品以内)
  図書カード2,000円分

【中学生・高校生・一般の部】
 ★最優秀賞【半田商工会議所会頭賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市長賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市教育委員会賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★優秀賞(5作品以内)
  図書カード2,000円分


お問い合わせ先 半田商工会議所 あいさつ川柳コンクール担当
☎0569−21−0311

■第149回簿記検定試験合格者発表

2018/06/18(月)

6月10日(日)に行われました第149回簿記検定試験の合格者発表を下記ページより開始致しました。
当所HPの左側バナーの「検定試験」から「合格発表」からもご覧いただけます。

https://www.kenteishiken.com/handa/cc_exam_result_list.cgi?n_exam_kind=1

■知多半島の2酒蔵「全国新酒鑑評会」金賞受賞

2018/06/15(金)

 独立行政法人酒類総合研究所主催の平成29酒造年度全国新酒鑑評会の結果が発表され、知多の酒蔵から2蔵が金賞を受賞。各社代表が、当所榊原康弘会頭に受賞を報告しました。
 受賞蔵の中埜酒造 中埜昌美社長、澤田酒造 澤田 薫社長より挨拶。中埜社長は「米の柔らかさに対し技術的な工夫も重ねた結果、味わいの深いお酒をつくることができました」と5年連続となる金賞受賞を報告。澤田社長は「酒造開始から170年となる今回の受賞は、蔵人皆で喜んでいます。味・香りともバランスの良いお酒となりました」と4年ぶりとなる金賞受賞の喜びを表しました。
 榊原会頭は、「知多半島の日本酒は評価も高く、毎年金賞受賞蔵を輩出し大変嬉しく思います。今後も切磋琢磨され良いお酒をつくり続けていただけるよう望んでいます」と述べ、2蔵への祝意と今後の期待を表しました。
 酒類総合研究所は、清酒の品質向上に資することを目的に全国新酒鑑評会を実施しており、今回で通算106回目。今回、出品850点のうち、232点(愛知県6点)が金賞を受賞しました。
 2蔵の金賞受賞記念酒は、中埜酒造が720ml入り5,400円(税込み)、澤田酒造が720ml入り4,000円(税込み)で限定数量(中埜酒造3,000本、澤田酒造600本)の販売を開始しています。
受賞は以下のとおり
 ・中埜酒造(株)/國盛(5年連続)
 ・澤田酒造(株)/白老

■第1回はんだdeマルシェを開催

2018/06/11(月)

半田市商店街連合会(会長/城平直人)は6月10日(日)に知多半田駅前ロータリーを活用し、「はんだdeマルシェ」を開催した。
当日は曇り空で、一時小雨も降る中、様々な魅力溢れる店舗やイベントなどにより、たくさんの人に来場いただき、駅前は賑わいをみせました。
はんだdeマルシェは「みんなでつくるマルシェ」をテーマに、半田市の魅力発信や賑わい溢れる街の形成、
多世代が交わるコミュニティの場として今後毎月開催をしていく。

次回は、7月7日(土)に予定されており、詳細は決定次第ご案内致します。

 

 前の5件  最新の5件  次の5件 
18 - 22件目
全1831件

 

最新の情報


情報キーワード検索