半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 新着情報
 

新着情報



最終更新日:2017/10/16(月)

 

■「働き方改革」勉強会を開催〜潮干会

2017/09/20(水)

 半田市潮干町に立地する企業で構成する潮干会(中野昭彦代表幹事/衣浦物流)は9月20日、働き方改革に関する勉強会を開催し、会員企業から17名が出席しました。
 今から約33年後の2050年には国内の総人口が一億人を切り、その内の労働生産人口(15〜64歳)が約半数になってしまう時代がやってくると予測されています。国力の衰えや少子高齢化対策として今から労働力不足を解消しようと国が出したのが「働き方改革」です。それを自社でどのように浸透させていくのか、会員の中で声が上がり、社会保険労務士の小藤省吾氏を講師に招き講義をして頂きました。講義の中で特に観点を置いて説明いただいたのが「同一労働同一賃金」の問題です。正規雇用と非正規雇用でなぜ格差が生まれるのか、その差はどこからくるのか。会社側はその差の説明責任が問われます。より多くの人が働ける環境づくりをしていくこと、それが「働き方改革」につながります。
 講義の後は各社からの質問事項にもいくつかの事例を踏まえて答えていただきました。参加した出席者らは講師の話に熱心に耳を傾けていました。

■2015年版対応 内部監査員養成講座を開催

2017/09/20(水)

 当所工業部会では、ISOマネジメントシステムコンサルタントの高橋武司氏を講師に招き、2015年版対応内部監査員養成講座を開催しました。講座は2日に分けて、9月5日にISO9001(品質)、9月19日にISO14001(環境)が行われ、合計8名が受講しました。
 2015年9月、ISO9001:2008、ISO14001:2004はISO9001:2015、ISO14001:2015へと改訂され、さらに移行期限が1年と切りました。それに伴い、2015年版に準拠した内部監査員養成講座をそれぞれ1日コースで開催しました。大変中身の濃いスケジュールでありましたが、講師によるわかりやすい説明や、熱心な受講により、講義の最後の修了テストでは受講者全員が基準点をクリアし、一人ひとり修了証書が手渡されました。
 受講者からは、「ポイントを的確に説明していただき、大変分かりやすかった。」、「内部監査の手順概要が自社で活かせる。」、「今後の自社でのISO活動でステップアップが出来そうです。」などの感想がありました。
 講師からは、「それぞれ会社に戻っても、今回の講座で学んだことを活用し、より良い内部監査員になっていただきたい。」と激励の言葉をかけられました。

■会員及び会員事業所優良従業員表彰式を開催

2017/09/15(金)

 当所は9月15日、創立124周年を迎え、会員及び会員事業所優良従業員表彰式を開催しました。優良会員事業所1社、永年会員50年事業所7社、創業100年事業所5社、創業50年事業所27社、会員事業所優良従業員表彰39名の表彰を行いました。
 この表彰式は当所の規約に基づき、毎年創立記念日である9月18日(本年は15日)に実施しています。優良会員事業所では、(一社)赤煉瓦倶楽部半田が受賞。(一社)赤煉瓦倶楽部半田は、赤レンガ建物が市の所有になって以来、保全管理に努め、カブトビールを復刻させるなど半田市の歴史、文化を広く知らしめてきました。防火・耐震工事を経て、平成27年8月には常時公開に繋げ、当地域への観光客増加に寄与し、本年、倶楽部結成20周年を迎えました。
 各表彰部門にて、当所榊原康弘会頭から表彰状並びに記念品が各部門一人一人に手渡されました。
 表彰式終了後は、来賓の榊原純夫半田市長、当所正副会頭も交え、受賞者の記念撮影が行われました。

■日本商工会議所発行の「会議所ニュース」に当所の取り組みが掲載されました

2017/09/15(金)

 日本商工会議所発行の「会議所ニュース」9月11日号に、半田商工会議所の取り組みが掲載されました。

 掲載されたのは、当所まちづくり推進室が実施している「まちづくりステーションカガシヤ」での高校生チャレンジショップ。
 半田農業高校、半田商業高校の生徒による農産物や市商連との連携商品の販売、スマホ教室が行われ盛況であったと紹介されています。
 本事業は、5月、7月に行われ、直近では9月9日にも実施しました。次回は11月11日に実施する予定です。

■第8回あいさつ川柳コンクール実施のご案内

2017/09/15(金)

 半田商工会議所では、子どもたちが将来への夢や希望を持って、いきいきと成長していくためには、家族の他に、地域の多くの人とふれあうことが大切であると考え、大人と子ども、大人同士、子ども同士のコミュニケーションの輪を広げるために、平成20年度より「あいさつ運動」を推進しています。あいさつ運動の一環として始めた「あいさつ川柳コンクール」は、今年で8年目を迎えますが、昨年は過去最高の4,313名の方よりご応募いただきました。
 つきましては、下記募集要項をご覧いただき、ご応募いただきますようご案内申し上げます。

 五・七・五の十七音からなり、季語もなく自由に創作できる川柳を通して、皆さんがあいさつについて、日頃感じていること、考えていることなどを表現してください。
 あいさつの素晴らしさを伝える作品をお待ちしています。

第8回あいさつ川柳コンクール募集要項

1.主  催 半田商工会議所
2.共  催 半田市教育委員会
3.後  援 半田市
4.趣  旨
 子どもたちが、将来への夢や希望を持って、いきいきと成長していくためには、家族の他に、地域の多くの人とふれあうことが大切です。このため半田商工会議所では、大人と子ども、大人同士、子ども同士のコミュニケーションの輪を広げるために、平成20年度よりあいさつ運動を推進しています。あいさつ運動の一環として「あいさつ川柳」を募集いたします。
5.応募資格
 どなたでもご応募いただくことができます。
6.応募期間
 平成29年9月1日(金)〜平成29年9月22日(金)消印有効
7.応募方法
 所定の応募用紙に、あいさつ川柳、必要事項(郵便番号並びに住所、氏名【ふりがな】、性別、職業または学校名、学年、電話番号)をご記入のうえ、ご応募ください。
 ※応募用紙は、下記からダウンロードできます。

 (1)表面
 (2)裏面

8.作品内容
 ◆応募作品は、未発表でオリジナルのものに限ります。
 ◆他との重複投稿や既に発表されているものに著しく類似したものは除きます。
 ◆発表済みの作品との暗合(偶然に一致すること)があった場合、入選を取り消すことがあります。
 ◆応募は一人1作品までとし、それを越える応募は受付しません。
  ※共同作品は、応募の対象外とします。
 ◆応募作品は入選落選にかかわらず返却しません。
 ◆入選作品にかかる著作権・使用権など、すべての権利は半田商工会議所に帰属します。
9.選考方法
 選考委員会(委員長/浅利猪一郎氏【浅利猪一郎川柳事務所 主宰】)において選考します。
10.表  彰
 ◆10月に選考して、平成29年12月9日(土)に表彰式を行います。
  優秀作品を選考し、賞状と副賞を贈呈します。
  ※入賞作品は、氏名と学校名または職業と共に発表させていただきます。

【小学生以下の部】
 ★最優秀賞【半田商工会議所会頭賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市長賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市教育委員会賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★優秀賞(5作品以内)
  図書カード2,000円分

【中学生・高校生・一般の部】
 ★最優秀賞【半田商工会議所会頭賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市長賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★最優秀賞【半田市教育委員会賞】(1作品)
  図書カード3,000円分
 ★優秀賞(5作品以内)
  図書カード2,000円分


お問い合わせ先 半田商工会議所 あいさつ川柳コンクール担当
☎0569−21−0311

 

 前の5件  最新の5件  次の5件 
9 - 13件目
全1758件

 

最新の情報


情報キーワード検索