半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > オピニオンHANDA
 

オピニオンHANDA 健康応援団!!


栄養バランスの良いお弁当

2014年4月28日(月)
 手早くできて健康に良いお弁当作りを楽しんでみませんか。手作り弁当は経済的で栄養面でも優れています。
 お弁当を作るときに覚えておきたいのが「3:2:1」の栄養配分比例です。お弁当箱を上から見て、半分のスペースにご飯やパンなどの主食を入れ、残りの3分の2に野菜などの副菜、3分の1に卵や魚・肉などの主菜を詰めます。これで主食3:副菜2:主菜1となり、栄養バランスが整います。 
 お弁当の魅力の一つは、外食で不足しがちな野菜がとれることです。1日に必要な野菜の摂取量は300g〜400gです。お弁当には100g、生の状態で両手に軽く1杯が目安量となります。緑のブロッコリーやキャベツ、赤いトマトや人参、そしてゴボウなどのほか、冷凍野菜も上手に使い、彩りも楽しみましょう。  
 忙しい朝に備えて、前日に材料を切り下茹でするなどの準備をしておくと便利です。そして1人分なら大きなフライパンで、複数のおかずを同時進行で作ることができます。たとえば下茹でした野菜をアルミカップに入れバターやチーズを添えて温めながら、残りのスペースでスクランブルエッグや鮭のホイル焼きなどができます。
 (お弁当箱には、ご飯は温かいうちに、おかずは少し冷めてから詰めるのがコツです。)
 寝坊した時は、そのままでも食べられるゆでたジャガイモやブロッコリー、ミニトマトやレタス、キュウリをタッパーに入れ、パンと殻つきのゆで卵も加えて、素材弁当の出来上がり。携帯用のドレッシングや塩コショウが用意できれば味付けもその場で出来ます。デザートに果物を持参すれば、栄養価も満足度も上がります。
 緑のさわやかな公園でお弁当を広げるのもまた楽しさとおいしさが増すことでしょう。 


関連Webサイト

PDFリンク

    

健康について後悔していること第1位は?

2014年4月8日(火)
 55歳〜74歳の男女に〈人生の振り返り〉に関するアンケートを某雑誌が行いました。「健康について、今何を後悔していますか?」に対し、第3位‘日頃からよく歩けばよかった’第2位‘スポーツなどで体を鍛えればよかった’では第1位は?‘歯の定期検診を受ければよかった’です。
歯を欠損すると食事の楽しみが半減しますし、自費治療でインプラント(人工歯根)を入れるとなれば高額な治療費が必要となります。
近年、歯周病が全身の病気とも関連があることがあきらかになってきました。
歯周病菌が歯ぐきから入って、全身をめぐって糖尿病・心疾患・早産などの原因になることもあります。
「歯磨きで出血する」「朝起きた時に口の中がネバネバする」「口臭がある」
「歯がしみる」は歯周病の症状ですが、歯科受診する人は少ないです。
歯周病が重症化する前に、定期検診で歯石除去などの専門的ケアと就寝前の歯磨きに歯間ブラシや糸ようじ(デンタルフロス)の使用をプラスしたセルフケアを併用することが有効です。
歯を失ってから後悔する前に、今から対策をしましょう。


関連Webサイト

PDFリンク

    

◇◇◇リラックス呼吸法◇◇◇

2014年2月26日(水)
 私たちは社会で生きている限り、不安や悩み、疲れなどさまざまなストレスを受けています。適度なストレス(緊張感)は、生活にハリを与えてくれますが、過度のストレスが続くと心の病気になってしまうことがあります。大切なのは、ストレスをやわらげて対処することです。
今回は、ストレス対処法の1つである呼吸法についてご紹介します。緊張した時「深呼吸して」と呼吸を整えたことはありませんか?様々な呼吸法がありますが、緊張を抑えるリラックス呼吸法は腹式呼吸です。生活のどの場面でも行うことができる呼吸ですが、睡眠前に気持ちをコントロールしながら行うことで、ストレスをやわらげる効果が高いと言われています。

【リラックス呼吸法】睡眠前に横になって行う方法
@仰向けに寝て、おへその下4、5cmの所(丹田)に両手を重ねて置きます。
A両手の下をへこませるイメージで、ゆっくりと口から息を8秒程かけて吐き出します。
≪この時、普段抑えている気持ちを想ってみます≫
「本当は、あの時○○したかったんだよなぁ」や「本当は、あの時の気持ちを理解してほしかったんだよなぁ」という感じです。
B息を吐き切ったら、両手の下を膨らませるイメージで、4秒程かけて鼻から息を吸います。
≪この時、自分を肯定する気持ちを想ってみます≫
「考えてみれば、私もよく耐えてきたよなぁ」や「我ながらよく頑張っているなぁ」
という感じです。
C最後に少し息をとめます。
 
上記の@〜Cを1セットとして2〜3回繰り返します。緊張がほぐれ、リラックスへと導いてくれます。睡眠が深くなる効果も報告されていますので、ぜひ試してみて下さい。


関連Webサイト

PDFリンク

    

3月は“自殺対策強化月間”です。

2014年2月5日(水)
 日本では、毎年3万人近くの方が自ら命を絶たれています。
半田市の自殺の死亡率は、男性は県より高く、20代や50代が多い状況です。一方、女性は県並みで60代が多い状況です。また男性の方が女性の2〜3倍と圧倒的に多くなっています。
自殺は心の健康問題(うつ等)が主な原因となっていますが、体にもそのサインはあらわれます。こんな症状はありませんか?
○イライラしやすい  ○なかなか寝付けない  ○訳もなく不安になる
○何もかもおっくう  ○じっとしていられないほど落ち着かない
○胃が痛む      ○疲れやすくなった   ○吐き気がする
○顔がピクピクする  ○頭が重い       ○食欲がない
上記の症状があてはまる方は、疲れがたまっています。この機会に心身の健康について考えてみてはいかがでしょうか? また、保健センターではストレスチェックを実施しています。唾液で簡単に測定できます。ぜひご参加ください。
☆ストレスチェック:平成26年2月19日(水)14時〜15時30分
          保健センターにて(予約不要・無料)
☆こころの相談窓口
・こころの保健室:(臨床心理士)第1金曜日   13:30〜(要予約)
(保 健 師)第2〜5水曜日 13:30〜(要予約)
・その他、県内の相談窓口:こころの健康相談
☆その他、悩み事の各種相談窓口一覧表(半田市内):各種相談窓口


関連Webサイト

PDFリンク

    

◇◇◇乾燥対策◇◇◇

2013年12月19日(木)
 寒さも一層厳しくなり、乾燥する季節がやってきました。喉や鼻の粘膜が乾いていると、風邪の原因菌も体内に入りやすくなりますので、この季節は特に湿度管理が重要です。今回は濡れタオルと観葉植物を使った健康と環境によい加湿方法をご紹介します。

<加湿する前に・・・>
◎湿温度計で湿度を計る

加湿する必要があるか判断するために、まずは加湿したい部屋の湿度を測定しましょう。
インフルエンザウイルス対策を考えると、温度も湿度も高いほうがよいのですが、高温多湿の室内環境はカビの原因にもなります。インフルエンザとカビの両方を考えると、湿度50%、温度20℃を保つことが理想的です。

<加湿方法>
◎濡れタオルで加湿する

加湿器には超音波式、スチーム式、気化式、加熱気化式などがあります。室内で濡れタオルを干すのは簡易気化式加湿器を使っているのと同じことになります。使用するタオルは、洗濯直後の清潔なタオルをお勧めします。使用後のタオルは、枯草菌(雑巾の臭いの原因)が付着している可能性があるため、臭い対策の為にも清潔なタオルを使用しましょう。

◎観葉植物で加湿する

加湿器を使わずに加湿する別の方法として、観葉植物の蒸散効果を利用する方法があります。サボテンなどの手軽な植物でも加湿できますが、葉が大きい種類の植物の方が蒸散量が多いため、サンスベリアや幸福の木(ドラセナ・マッサン)などが向いています。
また、乾燥がひどい時には葉に霧吹きをすると効果が高まります。部屋に緑があると気持ちが和みますし、健康の第一歩として取り入れてみてはいかがでしょうか?



関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◇◆インフルエンザの流行する季節になりました◆◇◆

2013年11月28日(木)
〜予防の基本は外出後の手洗い・うがい、マスクの着用〜

予防@ 手洗いをする
帰宅時・食事の前・多数の人が触る物(ドアノブ・スイッチ等)に触れた後等、こまめに手を洗いましょう。タオルや水道の蛇口も清潔に保ちましょう。

予防A うがいをする。
外にいる時も室内でも定期的にうがいをしましょう。うがいは口やのどを洗浄するだけでなく、のどの粘膜を潤してウイルスの防御機能を高めます。

予防B マスクを着用する、咳エチケットを守る。
咳をすると、約2m先まで菌が飛びます。咳をするときには、手で口を覆うか、マスクをつけましょう。使用後のティッシュは、すぐにふた付のゴミ箱へ捨て、手を洗いましょう。

予防C 人混みを避ける。

予防D 予防接種を受ける。
インフルエンザワクチンの有効期限は約5カ月です。接種から効果が出るまで約2週間かかります。早め(12月上旬まで)に接種することをお勧めします。
※市内在住で、接種時に65歳以上の方・60〜64歳で一定の障がいのある方には、予防接種費用の助成があります。詳しくはこちらへ。

予防E しっかり食べて、十分に寝る。

予防F 体に異変を感じたら、早めに受診し、早めに休息をとる。

半田市保健センター


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆体の温め術◆◆◆

2013年10月31日(木)
 だんだん寒くなってくるこの季節、体の不調は体を温めて血のめぐりをよくすることで改善されることが多いようです。「体の温め術」を知り、寒い季節を乗り越えましょう。

 体を温める方法として、電気毛布やお風呂、温泉、サウナなどがあり、部分別に温めるには湯たんぽやカイロ、蒸しタオルなどがあります。使い捨てカイロは、温める温度が一定になりにくく肌に密着した状態が長く続くと、肌の温度が上がりすぎて低温やけどをおこすことがあるので使い方には十分注意してください。

 また、体の皮膚には3段階の温度を感じるセンサーがあるといわれており、約42℃以上を「熱い」、約37〜40℃を「温かい」、約25℃以下を「冷たい」と感じます。このうち「温かい」と感じるセンサーが働くと、副交感神経が優位になって血のめぐりがよくなり、気分もリラックスします。例えば、蒸しタオルを首や肩にあててみてください。ほんわかと温かさが伝わりとても気分が良くなります。

 さらに、食べ物でも体を温めることができます。代表的なものとして、ねぎ、しょうが、唐辛子があります。ねぎには、血行を促進させる作用があります。特に、葉の部分には毛細血管の機能を保持する働きのあるビタミンCが多く含まれるため、血液の主要な材料となる鉄の吸収や風邪の予防に効果があります。しょうがには、発汗を促す作用があり、冷え症や風邪の初期症状の緩和に効果があります。唐辛子には、血液循環を良くし、皮下脂肪の代謝を促進させる働きがあるので、肥満予防効果もあります。

ぜひこれらの食材を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?



関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆10月はがん検診推進月間です◆◆◆

2013年10月7日(月)
 半田市民を対象にがん検診を行っています。年度末には予約状況により受診できない場合があります。早めに受診ください。
検診場所:市内実施医療機関及び半田市医師会健康管理センター
予約受付開始日:10月9日(水)〜
予約:希望される検診場所へ直接お電話ください。
日本の死因1位は悪性新生物(がん)です。がんは生活習慣や遺伝等により発症します。2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなるといわれています。がんは早期発見・治療により治る時代を迎えています。
*詳しくは、はんだ市報(10月1日号)・半田市ホームページをご覧ください。

◆◆◆住民健診について◆◆◆
半田市民を対象に住民健康診断を行っています。
10月8日(火)9時〜11時30分・13時30分〜16時:亀崎公民館
10月9日(水)9時〜11時30分:有脇公民館、13時30分〜16時:上池公民館
10月11日(金)9時〜11時30分・13時30分〜16時:乙川公民館
10月12日(土)9時〜11時30分:協和区民館、13時30分〜16時:宮池会館
*詳しくは、はんだ市報(9月1日号)・半田市ホームページをご覧ください。
年に1度は健康診断・がん検診を受けましょう。

半田市保健センター


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆お茶について◆◆◆

2013年9月20日(金)
私たちにとってなじみのお茶についてのお話です。お茶は中国で紀元前から飲まれるようになり、遣唐使によって日本に伝えられました。その後、日本独自の茶文化が生まれ、江戸時代には庶民にもお茶を飲む習慣が広がりました。

<お茶の効能>
お茶に含まれているカテキンは抗酸化作用があり免疫を高めます。またビタミンCも含まれるのでかぜ予防や美肌効果もあります。

<お茶の種類>
煎茶・・・最も多く飲まれる緑茶。摘んだ茶葉をすぐ蒸し、もんで作ります。
玉露・・・茶葉に覆いをかけて育てる最高級品。甘くてまろやかな味わい。
ほうじ茶・・・番茶や煎茶をいって作る香ばしいお茶。カフェイン含有量が少ないです。
玄米茶・・・煎茶や番茶にいった玄米を混ぜたお茶。香ばしい香りと味わいです。
紅茶・・・完全発酵したもの。タンニン、カフェイン含有量はいちばん多いです。

<おいしいお茶の入れ方>
@ 硬度:緑茶は硬度が高くなるにつれて旨味が抽出されにくくなります。旨味を味わう日本茶は軟水が、香りを楽しむ中国茶や紅茶は硬水が最適です。

A 温度:沸騰したお湯を使うと、お茶に含まれるタンニンがと
けて渋くなります。お茶の甘味を出すのはアミノ酸で、アミノ酸は60度以下で多く抽出されます。

玉露…約50〜60度の温度
煎茶…旨み、渋み、香りをうまく引き出すため、約80度前後の温度
番茶・ほうじ茶・玄米茶…焙じたお茶、固めのお茶は、熱湯で一気に香りと色を共に引き出す
お茶の香りにはリラックス成分が含まれています。
おいしいお茶を飲みながら、秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか。


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆風しんワクチン接種費用の助成について◆◆◆

2013年7月30日(火)
 市内の指定医療機関でMR(麻しん・風しん)混合ワクチンまたは風しん単独ワクチン接種を受けた費用について、下記に該当する方は、5,000円を差し引いた金額で接種を受けられます(*生活保護受給世帯または市民税非課税世帯の方は、保健センターにて事前申請により上限8,000円を助成)。また、6月中に接種を受けた方については、償還払いの申請にて費用を助成しますので、認印・領収証・通帳をお持ちの上、保健センターへお越しください。
■対象者(*妊娠中でない方、風しんにかかったことがない方)
@ 妊娠を予定または希望する女性
A @の夫 または 妊婦の夫(内縁の夫を含む)
■助成期間 平成25年7月1日〜平成26年3月31日
■接種方法 事前に指定医療機関へ電話予約のうえ、接種を受けてください。
詳しくは 市報(7月15日号)または ホームページ をご覧ください。
◆◆◆健康診断について◆◆◆
半田市国民健康保険加入者の方に、特定健診受診票を送っています。同封されている案内に沿って、各医療機関で受診ください。その他の保険加入者で、且つ職場等で受けていない方については、9月24日からの住民健康診断(40歳以上の方は胸部レントゲンのみ)を受診できます。日時・内容については市報(9月1日号)・ホームページをご覧の上、お近くの会場で受診ください。
年に1度は健康診断・がん検診を受けましょう。
半田市 保健センター・保険年金課


関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
41 - 50件目/全72件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp