半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > オピニオンHANDA
 

オピニオンHANDA 観光協会だより


おもてなし力アップをめざすアイプラザ半田(平成27年10月号)

2015年10月1日(木)
おもてなし力アップをめざすアイプラザ半田(平成27年10月号)  9月から始まりました「秋の食べ歩きラリー半田2015」(主催:半田商工会議所サービス部会・半田市観光協会)を楽しんでいただいていることと思います。天高く…の10月、食とともに、映画・音楽・まち歩き様々な半田を楽しんでいただくことができます。今月号では、みなさまとの窓口を担っている半田市観光協会のフロント(スタッフ)を紹介させていただきます。

 アイプラザ半田の受付窓口では、講堂(定員599名)、小ホール(定員250名)をはじめとする貸室の受付のほかに、観光案内やアイプラザ半田で開催企画のチケット販売、レンタサイクルの貸し出しなどを行っています。

◎取扱い中のチケット
・10月17日(土)開催の知多半島映画祭 前売り800円(当日900円)「
・11月22日(日)開催の半田混声合唱団第48回定期演奏会 前売り500円(当日600円)

◎レンタサイクル
3時間まで500円、3時間以上500円  受付時間:8時30分〜17時30分

 1階のエントランス等では、サイネージボード、パンフレットラックなどを活用し、観光情報をお伝えしています。
 現在、談話室の一角に「ゆるキャラグランプリ2015」に参戦中のだし丸君応援コーナーを開設しています。顔出しパネルの設置とともに、毎日の順位なども貼り出しています。応援よろしくお願いします!!

◎知多半田駅前にコインロッカー設置
 知多半田駅前観光案内所があるクラシティ半田3Fにコインロッカーが設置されました。9月1日、半田南ロータリークラブ例会において、2基【8枠1基、4枠1基】のコインロッカーを半田市観光協会へ贈呈していただきましたので、9月2日から利用を開始しています。
 7月の半田赤レンガ建物のオープン、11月のMIM(ミツカンミュージアム)のオープンを控え、観光客のみなさまの手荷物預かりのニーズに今まで以上に応えることができるようになりました。 



関連Webサイト

PDFリンク

    

半田運河の秋風が心地よい季節の到来です。(平成27年9月号)

2015年9月1日(火)
半田運河の秋風が心地よい季節の到来です。(平成27年9月号) 「味覚の秋」「読書の秋」「芸術の秋」…秋の楽しみ方はいろいろです!!

★酒蔵の重陽の節供
 國盛 酒の文化館では、五節句の一つ「重陽の節句」を開催します、菊を用いて不老長寿を願うことから「菊の節句」とも呼ばれます。
 期間:9月5日(土)〜9月9日(水) 10時〜16時
 内容:菊酒の試飲、菊の着せ綿の展示、後の雛(菊の花と雛人形の展示)
 
ひと口メモ…後の雛は、江戸時代に自身の健康と長寿を願い、虫干しを兼ねて再びお雛様を飾る風習があったに始まります。最近では、「おとなのお雛様」とも呼ばれています。

★ごんの秋まつり 
 南吉とごんぎつねのふるさと岩滑、矢勝川堤では300万本の彼岸花と地域の方々が運営する手づくりのお休み処がみなさんをお迎えします。
期間:9月19日(土)〜10月4日(日)
場所:新美南吉記念館及び矢勝川堤周辺
主な催事
@新美南吉記念館終戦70周年記念特別展「ひろったラッパはどうなった?」【9月21日(月・祝)】

A半田青年会議所主催「キャンドルモール&キャンドルナイト」【〜10月25日(日)】
詳細は、半田青年会議所発行のチラシをご覧ください。

B“街頭紙芝居ゃ”さん【期間中の土・日・祝】
  10時30分〜11時30分 13時30分〜14時30分

C彼岸花の結婚式&花嫁行列【9月23日(水・祝)】

ひと口メモ…昨年までの広報物では、彼岸花は200万本と紹介させていただいていました。阿久比町のみなさんの植栽活動も継続的になり、今年は、300万本余の開花が確実ということです。

★半田赤レンガマルシェ
 「ものづくりのこころ、伝えるマルシェ。」をキャッチコピーに始まった「半田赤レンガマルシェ」が、秋を迎え魅力倍増です。是非一度足を運んでみてはいかがですか。

日時:9月27日(日) 9時〜15時
会場:芝生広場、クラブハウス


問い合わせ:半田市観光協会
      所在地:半田市東洋町1-8(アイプラザ半田内)
      TEL:0569-32-3264
      FAX:0569-22-4321


関連Webサイト

PDFリンク

    

半田赤レンガ建物では、様々な企画が始まります(平成27年8月号)

2015年8月1日(土)
半田赤レンガ建物では、様々な企画が始まります(平成27年8月号) 7月18日(土) 半田赤レンガ建物がオープンしました。

★赤レンガで浴衣美人講座
 着付けとヘアメイク講座、プロのカメラマンによる撮影会、カフェクーポンがセットになった浴衣美人講座を開催します。「はんだ蔵のまち夏まつり」会場まで浴衣でまち歩きも楽しめます。

日時:8月22日(土)1回目11:00〜、2回目13:30〜
場所:半田赤レンガ建物(クラブハウスC)
料金:お一人様 参加費4,500円 ※各自浴衣をお持ちください。
予約申込:各回先着20名様、半田赤レンガ建物にて電話受付中

★女性も嬉しいビアカクテル講座
 ビアソムリエを講師に迎え、カブトビールやドイツビールに合う、オリジナルビアカクテルを学びます。試飲しながら楽しんでいただけます。

日時: 8月22日(土)18:00〜19:00
場所:半田赤レンガ建物(カフェブリック)
料金:お一人様 参加費3,500円
予約申込:先着40名様、8月1日(土)9:00より半田赤レンガ建物にて電話受付開始
当日は、「はんだ市民盆踊り大会」が、JR半田駅前で17時〜21時15分まで開催されますので是非ご参加下さい。
 
★「第1回半田赤レンガマルシェ」を開催します!!
日時: 8月23日(日)9:00〜15:00 (毎月第4日曜日に開催)
場所:半田赤レンガ建物(芝生広場・クラブハウス)
<出店予定者>Voyage、K’s Pit Diner、Chez NO-MA、内藤養鶏など約30店舗を予定

問合せ:半田赤レンガ建物 TEL0569-24-7031
※詳しくは半田赤レンガ建物ホームページをご覧くださいBhttp://handa-akarenga.jp/

☆いいかもスタンプラリー開催中
 観光施設【半田赤レンガ建物・新美南吉記念館・國盛酒の文化館】とお酢でさっぱり醸すランチ参加店をつなぐスタンプラリーを8月31日(土)まで開催中です。<観光施設特典><スタンプラリー特典>がありますので、観光施設、参加店舗、観光案内所に設置しているスタンプラリーカードを持って半田散策をお楽しみ下さい。


問い合わせ:半田市観光協会
      所在地:半田市東洋町1-8(アイプラザ半田内)
      TEL:0569-32-3264
      FAX:0569-22-4321


関連Webサイト

PDFリンク

    

季節感と涼味あふれる食企画を開催します(平成27年7月号)

2015年7月1日(水)
季節感と涼味あふれる食企画を開催します(平成27年7月号) ★お酢でさっぱり醸すランチ!
 
期間:7月18日(土)〜8月31日(月)
昨夏好評をいただきました「お酢でさっぱりランチ」が、半田赤レンガ建物のオープンとともにスタートします。施設見学帰り等に是非ご賞味下さい。

参加店舗 あゆち 半田病院食堂、半田市役所レストラン リコリス、魚太郎・蔵のまち、魚太郎蔵のまちカフェ、趙雲、白雲、ばんがい地、成田屋、GLENCOE、古扇楼、元祖名代とんかつ八千代西分店
ジャヤパニーズスタイルキッチンママーズ、J-DINING仙之助、HandA café、チャイニーズレスト彩華、旬彩酒家 美々、うさぎ屋、活魚料理つれづれ、にゃおかふぇ、陽山


★おめでとう102回目の誕生日

新美南吉さんの102回目の誕生日を祝う「新美南吉生誕祭」が、新美南吉記念館で開催されます!!

期間:7月30日(木)〜8月2日(日)
開館時間:9時30分〜17時30分
     ※8月1日(土)は、宵祭りのため20時まで延長開館
     期間中は入場無料
内容:朗読会、うぐいす笛づくり、ウナギのつかみどりなど


★7月18日(土)半田赤レンガ建物オープン!!

カブトビールに合う知多半島の”食”を一堂に集めた「カブトビールフェスタ」開催!!

※半田赤レンガ建物についてはこちらから↓
http://www.handa-akarenga.jp/

問い合わせ:半田市観光協会
      所在地:半田市東洋町1-8(アイプラザ半田内)
      TEL:0569-32-3264
      FAX:0569-22-4321


関連Webサイト

PDFリンク

    

初夏のイベントをお届けします。宵の企画をお楽しみ下さい(平成27年6月号)

2015年6月1日(月)
初夏のイベントをお届けします。宵の企画をお楽しみ下さい(平成27年6月号) 初夏のイベントをお届けします。宵の企画をお楽しみ下さい。

★南吉さんの蛍まつり
 日時:平成27年6月27日(土)・28日(日)
    19時〜21時(受付は20時45分まで)
 場所:新美南吉記念館
    ※蛍は、新美南吉記念館の西側の湿地帯に放流
 内容:蛍の観賞(放流3,000匹を予定)
    南吉童話の読み聞かせ  
    手廻しオルガンの体験
    ※新美南吉記念館は、19時〜20時30分まで無料開館
 参加方法:予約不要・無料(入口で入場制限をする場合があります)
 駐車場:新美南吉記念館、フィールものがたり店
 企画・運営:半田中央印刷
 協力:南吉の里ネットワーク
 後援:半田市、半田市教育委員会
 詳細は、半田市観光協会のHP、チラシ等でご確認下さい。

★はんだ蔵のまち 七夕の節句
 日程:平成27年7月4日(土)・5日(日)
  ☆酒蔵の七夕の節供
   場所:國盛 酒の文化館
   開館時間:10時〜19時(延長開館の予定)
   内容:乞巧奠の展示、七夕飾り、限定酒の試飲
  ☆半六庭園開園 開園時間:9時〜19時(延長開園の予定)
   *高校生がプロデュースする七夕(半田商業高校、半田農業高校)
    開催時間:10時〜16時
    ・ヨーヨー釣り
    ・短冊を書いて、七夕飾りを飾ろう   ほか
   *生カブトビールとライブを楽しもう
    開催時間:16時〜19時
    ・生カブトビールの販売
    ・おつまみの販売
    ・音楽&お笑いライブ
主催:はんだ蔵のまちネットワーク(事務局 半田市観光協会)

催事は天候等により変更になる場合がありますのでご了承下さい。

問い合わせ:半田市観光協会
      所在地:半田市東洋町1-8(アイプラザ半田内)
      TEL:0569-32-3264
      FAX:0569-22-4321


関連Webサイト

PDFリンク

    

半田市観光みやげ品推奨制度がリニューアル、新名称は「いいかも!半田コレクション」(平成27年5月号)

2015年5月1日(金)
半田市観光みやげ品推奨制度がリニューアル、新名称は「いいかも!半田コレクション」(平成27年5月号) ◎4月1日の新年度事業のスタートと同時に、「国際ロータリー第2760地区」のみなさんから半田市に寄贈された「液晶ディスプレー」がアイプラザ半田ロビーに設置されました。

◎半田雲が蔵のまちは、青葉たちが風に緩やかに揺れる姿を楽しみながら散策を楽しめる季節になりました。週末(土・日・祝)は、半六庭園も開園(9時〜17時)していますので、木陰で休憩をしていただくこともできます。散策の合間、散策帰りに、寄席にお立ち寄りいただける寄席企画を紹介させていただきます。

◎第二十一回 末廣寄席(入場無料)
  日時 5月10日(日)
     第1部 午前10時〜
     第2部 午後1時30うん〜
  場所 春扇楼末廣(JR半田駅前御幸通り)
  出演 半田大衆演芸くらぶ及び社会人落語楽後の会会員

◎第四回 酒蔵寄席
  日時 6月14日(日)
     午後5時開演(午後4時30分開場)
  場所 國盛 酒の文化館
  入場料 2,000円
  予約席 50席
 
問合わせは、半田大衆演芸くらぶ榊原さん(TEL0569-22-3993)へ
主催の半田大衆演芸くらぶは、今年結成10周年を迎えます。
秋には記念企画を開催される予定です。

知多半島5市5町がリレー形式で開催する「知多半島ぶらぐる散歩」が今年も始まりました。
 〇5月9日(土)美浜町
「源義朝ゆかりの地を巡り知多半島感謝デーin南知多ビーチランド」
 ○6月16日(火)阿久比町
「初夏の阿久比。新緑の田園風景と幻の花『花かつみ』」
※後期は、平成27年10月〜平成28年3月で開催予定です。

平成27年度から半田市が進める観光キャンペーンのキャッチフレーズ「いい味、かもしだす。半田〜いいかも、半田〜」と連動して、みやげ品の開発支援、コレクション選定、PR、販売促進を半田市(担当:観光課)、半田商工会議所、(特非)半田市観光協会が共同で進めることとなりました。


関連Webサイト

PDFリンク

    

アイプラザへお引越し(平成27年4月号)

2015年4月1日(水)
アイプラザへお引越し(平成27年4月号)  平成27年4月1日、半田市観光協会の法人事務局は半田市東洋町の半田市観光情報発信拠点「アイプラザ半田」へ引っ越します。
今まで、 
 ・蔵のまち観光案内所(登録有形文化財小栗家住宅) 
 ・知多半田駅前観光案内所(クラシティ半田3F)  
 ・Café&Shopごんの贈り物(新美南吉記念館内)  
に分かれて事業を進めてきましたが、今春からはアイプラザ半田にスタッフのパワーを集約します。そして、平成27年度の運営方針
@新規オープン施設を中心とした観光施設のPR・企画支援
A観光施設を軸に会員様を中心とした受け入れの態勢の強化
 例:食べ歩きスイーツ、春の醸す丼のような、食とまち歩きのコラボ企画
B知多半島内の観光連携の強化
知多半島観光圏協議会事業推進事務所との情報共有と連携
の具現化を図っていきます。
 知多半田駅前観光案内所は4月からも継続運営ですが、蔵のまち観光案内所と新美南吉記念館喫茶コーナーは、3月末で撤退をしました。
 半田市観光協会の連絡先
  〒475-0817  半田市東洋町1-8 アイプラザ半田内
  TEL 0569-32-3264 FAX 0569-22-4321

<4月のワクワク・ドキドキ>

@國盛酒の文化館 開館30周年特別企画
 「お酒と蕎麦と落語を楽しむ会」
 平成27年4月4日(土)定員30名(予約制)
  開演17時00分 終演19時30分
  入場料 3500円(税込・食事・お酒付)
  予約受付・問合わせ
  國盛酒の文化館 TEL 0569-23-1499
 10時〜16時30分 木曜日休館

A半六庭園オープン
 平成27年4月18日(日)から
 開演時間 9時〜17時
※庭園内にある母屋の改修工事が終了する秋(10月末予定)
 までは、土日及び祝祭日のみの開園

B萬三の白モッコウバラ祭
 平成27年4月18日(土)19日(日)
   10時〜16時(予定)
 場所:国登録有形文化財 小栗家住宅
 小栗家住宅の庭にある大きな白モッコウバラは樹齢150年ほどで、2012年に半田市の天然記念物になりました。4月中旬から5月上旬に可憐な白い花がたわわに咲き見頃を迎えます。
イベント詳細は半田市観光協会HPで公開します。

C半田運河の鯉のぼり復活
 平成27年4月17日(金)〜5月6日(祝・水)

(写真:半田市観光協会 事務局長 松見直美)

半田市観光協会 事務局長 松見直美


関連Webサイト

PDFリンク

    

日本橋プロジェクト発「知名度アップ大作戦」(平成27年3月号)

2015年3月1日(日)
日本橋プロジェクト発「知名度アップ大作戦」(平成27年3月号)  半田市役所新庁舎が稼働を始めて間もない1月8日、4階の会議室に10人ほどのメンバー集まりました。目的は、3月19日(木)・20日(金)に東京日本橋の(一社)地域活性化センターイベント広場で行う「半田市PR」の中身づくりです。
 ・半田赤レンガ建物の常時公開
 ・MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)のオープン
 ・醸す
に関わる人たちがアイデア出しを行いました。
 実は、このメンバーが集まるのは年末に続き2回目でした。初回は、東京でのPRイベントに協力していただけそうな人たちの集合でしたが、打ち合わせの最終で「日本橋プロジェクト」と参加者自ら名付けました。
 大型観光施設のオープンを控える半田市では、市外・県外でのPRが数多く動くことになります。市・会議所・観光協会の協力体制はもちろんですが、施設関係者のみなさん、各種団体のみなさん、知多半島の広域連携のみなさん…というふうに、パートナーを開拓しながら進めていくことが必須です。
 商工会議所の会員の皆様には、週末のメール情報などで観光PR予定をお知らせし、自身の会社のPR媒体等でも展開していただき、半田・知多半島の知名度アップを図ることにご協力いただけたらと考えています(会員のみなさま方の協力がいただけるとうれしいです。)。
 全国の市町村がこぞって「観光推進」を掲げる時代となりました。アピールする観光資源は様々です。そしてPR媒体も多様化しています。しかし、観光PRの【はじめの一歩】は変わることなく「その土地の知名度」です。半田(市)は、5年に1度の「はんだ山車まつり」と「新美南吉生誕100年」で大きく前進したのは揺るぎないところですが、けっして知名度が高いとは言えません。県外に出れば「半田?」あるいは「四国の半田ですか?」という場面に遭遇します。
 日本橋プロジェクトメンバーは当日のPR内容を組み立てるとともに、「知名度アップ」のためにできることのアイデア出しと実践を3月19日・20日に行うこととしました。
 半田市観光協会が考えた知名度アップ策は、
  その1 メディアリリースを東京へ届ける
  その2 地元出身者の同窓会等へのアプローチ
  その3 ブログ、フェイスブックの活用
 そして、「ゲッポウの半田市観光協会だよりでお願いをさせていただく」です。
 日本橋プロジェクト第3回ミーティングを前にこの原稿を書かせていただいているので、他のセクションのみなさんがどんな策を考えていらっしゃるかがわかりませんが、この原稿がお手元に届くころには、日本橋プロジェクト発の「知名度アップ大作戦」が動き出していることと思います。ご期待ください。

(写真:あさもろたき豚丼)

半田市観光協会 事務局長 松見直美


関連Webサイト

PDFリンク

    

歴史・文化・食を楽しんでいただく春をめざして(平成27年2月号)

2015年2月1日(日)
歴史・文化・食を楽しんでいただく春をめざして(平成27年2月号)  菜の花・梅…知多半島の花だよりが楽しみな季節の到来です。
 半田市観光協会では、「はんだ蔵のまち桃の節句」の準備が大詰めを迎えています。今年は、2月28日(土)3月1日(日)をメインdayとさせていたくこととしました。この日程を目にされ、「あれ?」と思われる方もいらっしゃると思います。かねてから、2015年3月からの電化準備が進められていたJR武豊線の電化開始日が3月1日に決定しました。
 JR東海主催の「さわやかウオーキング」が、3月1日に半田駅スタート武豊駅ゴールで開催されます。鉄道(JR武豊線)ファンの方々の記念となる日に、JR半田駅周辺で「桃の節句」を開催させていただいていることになります。周辺は、半田赤レンガ建物、半六邸、ミツカンミュージアム(愛称:MIM)とまだまだ工事中のところが多いですが、それぞれ、オープンに向けた情報が出されるようになっています。

★半田赤レンガ建物…夏のオープンが決定、「半田赤レンガマルシェ」など具体的な事業の作り込みが進められています。

★半六邸…庭の整備が順調に進められ、新たな黒板塀が設置されます。庭は、4月から利用開始予定です。

★MIM…2階建ての施設の外観が随分できあがってきました。10月末から11月初めにはオープン予定です。
 桃の節句への来場者さんには季節催事を楽しんでいただくとともに、次への期待を持っていただけるように心がけたいと思います。
桃の節句の季節催事のベースになるのが「醸」です。今春も満載です。

○ごはんだ食まつり「桃の節句編」 2月28日(土)・3月1日(日) 場所:クラシティ半田
 半田市商店街連合会主催の「ごはんだ食まつり」が、今年も桃の節句に登場。多彩なワンコイン(500円)の醸す丼をご賞味下さい。
 

○春扇楼末廣の醸す談義 3月1日(日)13時30分〜15時
   テーマ:お酒に合う 寿司のたのしみ方
   講 師:名古屋経済大学短期学部教授 日比野光敏氏

「はんだ蔵のまち桃の節句」を含んだ期間に開催しているのが「知多半島春の音楽祭」です。知多半島全体では、1月31日〜3月15日を期間として開催していますが、3月14日・15日はファイナルコンサートとして半田市福祉文化会館(雁宿ホール)で多彩な音楽企画が開催されます。3月14日の半田商工会議所主催の「銀幕の妖精〜ローマの休日」をはじめとするチケットは、知多半田駅前観光案内所で取り扱いをさせていただいております。
昨春好評でした「春の醸す丼」を2月14日〜3月15日の期間で開催させていただく予定です。音楽祭に来場のみなさま方に、食も楽しんでいただける春でありたいと思います。

(写真:一昨年の十三詣りの様子、数え年13歳の身祝いで、子どもの多福や開運を祝う)

半田市観光協会 事務局長 松見直美


関連Webサイト

PDFリンク

    

新年を迎え(平成27年1月号)

2015年1月1日(木)
新年を迎え(平成27年1月号)  2015年の幕あけはクイズからスタートです(?)
 「お肉処Convivialite」「リトルピープル」
2つの言葉には、共通するキーワードがあります。さてそれは?
 答えは、平成26年に「商業施設助成事業」を受け新規オープンしたお店です。平成25年度までも中心市街地の空き地・空き店舗事業がありましたが、平成26年度の補助事業がそれまでと大きく違うところは、「半田市の中心市街地および鉄道駅周辺の商業活性化を図る」という言葉が付き、従来より広いエリアが対象となり、改装店舗も対象となっています。
 半田市観光協会では、昨年「春の醸す丼」、「お酢でさっぱりランチ」などで飲食店舗さんと連携をしていただく企画を少しずつですが生み出しました。今年も、「はんだ蔵のまち桃の節句(2月28日・3月1日)」に先がけ、2月初旬から「春の醸す丼2015」を始める準備を進めています。新店舗のみなさんとも新たな出会いができればと思いますし、改装店舗のみなさん方の地道な努力が新たな誘客つながることを願っています。

※ 改装店舗のみなさん
・名学館クラシティ半田校
・黒牛の里クラシティ半田店
・珈琲茶里
・若松軒
・長文種苗店

 今春の特筆すべきイベントとして「知多半島春の音楽祭2015」が、1月31日にスタートします。私も所属させていただいている観光・文化振興委員会が主催する「銀幕の妖精〜ローマの休日」(演奏:セントラル愛知交響楽団)については、半田商工会議所の会員のみなさまには先行でPRが進んでいますが、一般向けチケット販売が1月8日から始まります。「知多半島春の音楽祭2015」は、各市町で実行委員会が構成され、武豊町教育委員会生涯学習課が全体運営委員会の事務局を担うという重層的な構成で企画が進んでいます。半田市観光協会は半田実行委員会の事務局を担当し、3月7日〜15日まで半田市で開催されるMUSIC SUMMIT HANDAのPRそしてチケット販売を知多半田駅前観光案内所で行います。音楽をキーワードに春の知多半島を楽しんでいただく、観光の新たなページが動き出しています。

 観光協会だよりを担当させていただくようになり、5度目の新年の原稿を書かせていただいています。暮れにある企画で「松見直美です」と自己紹介させていただいたところ、「えっ、女性だったんですか?」と驚きの声をあげられた方がいらっしゃいました。…お話を伺ったところ、毎月「観光協会だより」を読んでいただいており、男性の手で書かれていると思われていたそうです。確かに同名で異性の方もいらっしゃいます。それとも、事務局長の肩書にそう思われたのかはわかりませんが、毎月読んでいただいていることがとてもうれしかったです。…年女ですので、ひつじ年らしく紙(誌面)を大切にしていきたいと思います。


半田市観光協会 事務局長 松見直美


関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
31 - 40件目/全71件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp