半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > オピニオンHANDA
 

オピニオンHANDA 


シルバーデモクラシー(平成28年9月号)

2016年9月1日(木)
シルバーデモクラシー(平成28年9月号)  選挙のたびに、シルバーデモクラシーという言葉が聞かれます。民主主義は多数者の声が通りやすくなる制度です。多数を占める高齢者にばかり寄り添う政治が行われるとしたならば確かに問題です。
 高齢者は、現役世代や若者とそんなに政策志向が違うのでしょうか。高齢者といっても経済力は様々ですし、地域差もあるでしょう。ところが最近になって明らかになってきたのは、やはり人生の季節によって、変化に対する考え方は相当程度異なるということです。
 現状からの変化を問うような、一つのイシューに絞った投票を見ると、その差は明らかです。英国のEU離脱をめぐる国民投票では、若者と高齢者の政策志向が全く異なっていることが浮き彫りになりました。若年層では、EUにとどまり自由な経済活動から果実を得たいという意見が多くを占めていたのに対し、高齢者は圧倒的多くがEU離脱を望んだからです。すでに財産を含め守るべきものを築き上げた世代は、衰退に向かう現状維持でも逃げ切れるということがその背景にあります。
 他方、日本で際立ったシングルイシュー投票は、2015年の大阪都構想をめぐる住民投票でした。出口調査からは、70歳以上の住民だけが際立って反対傾向が強かったことが窺われ、否決の決め手となりました。大阪市の世代別人口構成のバランスは各地域に比べれば理想に近く、若年人口がそれほど少ないわけではありません。けれども、世代間の意見の差はあまりに明らかでした。
このように、投票行動の差が、注目を浴びた投票において「見える化」されると、波紋を呼ぶことになります。シルバーデモクラシーが問題である所以は、せんじ詰めれば、不公正が生じてしまうからです。近代民主主義の根っこには、負担と給付の均衡があります。このバランスが崩れると、「割を食う」集団が現れ、民主主義を長期的安定的に持続させることができないのです。
ことが単純でないのは、ここに福祉国家の理念が重なってくるからです。福祉国家という制度は、負担と給付のバランスという発想を、「能力に応じて負担し、必要に応じて給付する」という発想で修正したものです。そして、近代化の過程では高齢者は弱者であることが多かったため、現行の福祉制度は高齢者を弱者と仮定して制度設計されています。
結果として起こったのが国民の負担能力を超えた福祉の膨張であり、強者としての高齢者による既得権保護要求です。実際、日本でも長らく社会保障改革が叫ばれていますが、現役世代の負担増は進んでも、高齢世代の給付減は少しずつしか進みません。
問題解決に向けては、様々な構想が掲げられていますが、世代によって一票の重みを変えるなどの人工的な手立てが良いとは思いません。また世代間の対立を煽っても、問題解決はしません。解決の前提は、むしろ問題の所在を明確にすることです。例えば破綻しそうになっている年金制度を救うためには、能力に応じた負担と必要に応じた給付の原則に立ち戻る必要があります。「年金は世代間の助け合いである」というような誤魔化しをまずやめることが大切です。そうして初めて、投票のもととなる政策の議論の土台が整うことになるでしょう。


東京大学 政策ビジョン研究センター 講師 三浦瑠麗

(みうら・るりプロフィール)
東京大学講師、国際政治学者。政治経済や外交を論じたブログ「山猫日記」を主宰。 http://lullymiura.hatenadiary.jp/
著書に『シビリアンの戦争』岩波書店(2012年)、『日本に絶望している人のための政治入門』文春新書(2015年)。フジテレビの24時間インターネット放送『ホウドウキョク』
http://www.houdoukyoku.jp/
の大型ニュース解説番組「あしたのコンパス」木曜アンカー。共同通信社「報道と読者」委員会委員。


関連Webサイト

PDFリンク

    

花・映画・音楽・そして味覚の秋(平成28年9月号)

2016年9月1日(木)
花・映画・音楽・そして味覚の秋(平成28年9月号) ○ごんの秋まつり〜300万本の彼岸花が咲き誇ります!!〜
 期間:9月17日(土)〜10月2日(日)
 場所:新美南吉記念館・矢勝川周辺
 主な企画
・「ごんぎつね」教科書掲載60周年記念特別展
     〜南吉作品教科書化の歴史〜
   ・南吉童話の街頭紙芝居屋さん 
  期間中の土・日・祝 10時30分〜 13時30分〜
   ・ハナノアカリプロジェクト
  彼岸花のライトアップ 9月22日(祝・木)〜25日(日)19時〜21時
   ・彼岸花の結婚式&花嫁行列 9月24日(土)14時30分〜

○あいち国際女性映画祭2016 半田市会場
 日時:9月10日(土) 13時30分〜16時(開場:12時30分〜)
 会場:アイプラザ半田 講堂
 上映作品:ドキュメンタリー映画「Start Line」 (監督 今村彩子)
 チケット販売:前売500円(当日1000円) 子ども・学生500円(前売・当日とも)
        アイプラザ半田・半田市市民交流センター(クラシティ3F)で発売中

○知多半島映画祭(会場:アイプラザ半田)
 ・10月1日(土) 13時30分〜15時30分(開場13時00分〜)
  ケイコ・リー 映画音楽コンサート
  チケット:前売り3500円(当日4000円)
 ・10月2日(日) 11時00分(開場10時30分)〜18時(終演予定)
  午前 「ダンスダンスダンス」上映
  午後  短編映画コンベンション上映
 チケットは8月15日からローソンチケットで発売中

○はんだ醸すごはん「秋の醸すごはん大集合」と秋の食べ歩きスイーツを9月10日(土)から11月30日(水)開催します。秋の味覚をお楽しみ下さい!!



関連Webサイト

PDFリンク

    

歴史とロマンの街めぐり半田の夏、粋な夏2(平成28年8月号)

2016年8月1日(月)
歴史とロマンの街めぐり半田の夏、粋な夏2(平成28年8月号)  8月21日(日)まで開催中の夏の観光キャンペーンでは、暑い夏を目から涼しさを感じていただく「歴史とロマンの涼めぐり」が好評をいただいています。「MIZKAN MUSEUM」「半六庭園」「國盛酒の文化館」「半田赤レンガ建物」「新美南吉記念館」「クラシティ半田3F」「アイプラザ半田」の各施設には、「涼」を感じるものが飾られています。3つ以上巡っていただくとお楽しみプレゼントがあります。詳しくは、観光施設・観光案内所に設置しています「周遊MAP」をご覧ください。
 夏の催事の締めくくりは、恒例の「はんだ市民盆踊り大会」と今夏の初企画「半田運河のCanal Night」です。宵の半田運河・蔵のまちに是非足をお運び下さい。

★第64回 はんだ市民盆踊り大会
 日時:8月20日(土) 17時〜21時
 場所:平和通り(JR半田駅前)
 内容:夏山車(雅車・瑞宝車)、アトラクション、子ども向け盆踊り、盆踊り
 
知多繊維会館での企画
 ○ごはんだ食まつり(17時〜20時)
  お腹も心も満足の醸すグルメが 30種類700食大集合。1食500円です。
  ビール、ソフトドリンクも販売します。
    
 ○藏しっくたうんの夏祭り2016
  @おたのしみ抽選会
  A藏しっくたうん お化け屋敷第3章
   第1部 13時〜16時
   第2部 17時〜21時
  B模擬店ブース

 ○ゆかたお直しコーナー(18時〜21時)
  盆踊り来客者の方へゆかたの着付けお直しをします。
  

★半田運河のCanal Night
 半田運河に無数の光る玉を浮かべたアート空間の中で、お酒や美味しいものを味わえるイベントを開催します。仕事帰り、盆踊りの前後にお立ち寄り下さい。

 日時:8月19日(金)・20日(土) 17時〜21時
 場所:半田運河・蔵のまちエリア


関連Webサイト

PDFリンク

    

一実務家教員から見た最近の学生(平成28年8月号)

2016年8月1日(月)
一実務家教員から見た最近の学生(平成28年8月号)  約30年余りの間公務員の道を歩んだのち、第二の人生として教職に携わってから2年が過ぎた。ここ南山でのキャンパスライフは殺伐とした官庁と異なり、服装等ファッショナブルで自由かつ若々しい雰囲気に満ち溢れており、ビジネス街とは全くの別世界である。
 私の大学時代を振り返ると、高校時代までの受験勉強から解き放たれ、時間を読書や学友との議論に費やす等のんびりしており、また、授業の内容は高校時代までの表面的・画一的な知識と違った奥深い視点が数多く、この時期は社会・経済や自分の人生を考える上で貴重な機会であったと思っている。
 ところが、最近では、当時の状況とは異なり学生の中に齷齪(あくせく)した生活を送っている者がかなり多い。彼らは将来の社会人への準備として比較的早い時期からインターンシップ等の就職に向けた準備活動や公務員等を目指す学生は専門学校の勉強で受験対策を行うなど、大学での授業以外にかなりのエネルギーを費やしている状況にある。
 とりわけ、4年生は大変である。民間での本年度の就職解禁日が6月とされてはいるものの既に早い段階から説明会等は始まっており、各企業ともITを用いての案内により予約を受け付けていることから、学生はこれに迅速に対応する必要に迫られ、さらに、多数の企業が複数回にわたって説明会等を行うことから、学生にとって4年生の春季は就職活動に振り回され、授業どころではない。
 ところで、このような学生生活を送る中で学生が最も重宝しているのがスマホである。私が指導担当として受け持っている学部各学年と大学院生合計100名近い学生の全員がスマホを所持している。スマホは迅速な情報収集、連絡等の面おいて有益で、前述の就職活動を行うに際しても必需品で、授業中でもスマホを平気で使っている。例えば、あるゼミの時間中にこちらから何か質問しても、考えずに即時にスマホで調べ、その内容をそのままスピーディに解答する学生が何人かいたことには驚かされた。情報化社会といわれる中、情報を迅速に収集することは評価できるものの、情報の内容・的確さを自己の考えでもって検証しつつ判断出来るのか気になるところである。
 先般、ある2つの別のゼミで、消費税の税率引上げに関する議論がなされた。1つのゼミでは、消費低迷といった経済状況に伴う消費税率10%の2年半延期の是非について、全員が肯定的で、中にはそもそも引上げを行うべきでない旨の意見も存在した。一方、数日後、別のゼミで、我が国の社会保障費の現状と将来の見込み及び諸外国の消費税率(欧州を中心に20%程度が大半)を示した上で、どの程度の消費税率が適切であるかの問いかけに対して、各班とも概ね10%から20%まで引上げが必要との意見であり、両ゼミで異なる方向の結論となった。この状況に関し、最近の学生は何かの結論を出す際、参考となる情報が明示されればそれを踏まえつつ、逆に示されない情報については特に深く意識しないで結論を出すといった傾向があるのでは考える。
 実務家教員として、少子化が進展する中、学生に対し将来の社会を担う人材として、思考能力、コミュニケーション能力、プレゼン能力を育成したいとの思いは強いが、まだまだ道半ばと感じざるを得ない今日この頃である。



南山大学経済学部 教授 岸野悦朗

(きしの・えつろうプロフィール)
1958年石川県生まれ。1981年青山学院大学法学部卒業。同年国税庁入庁後、国税庁の各部署勤務のほか大蔵省銀行局・理財局、裁判所、東北大学に出向、2014年広島国税不服審判所長を最後に国税庁退職。なお、1995年名古屋国税局徴収部次長、2000年名古屋国税局調査部長の勤務経験あり


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆冷房病◆◆◆

2016年7月1日(金)
 梅雨が明けると、夏の到来です。厳しい夏も、今では冷房が普及し、快適に過ごせるようになりました。その一方、冷房による夏場の冷えが健康上の大きな問題になっています。「冷房病」は正式な医学用語ではなく、冷房で体を冷やすことで起こる様々な症状を総称したものです。あなたが日ごろ悩まされている症状は、冷房による冷えが原因かもしれません。

≪冷房病の原因≫
人間が急激な温度変化に対応できるのは5℃以内といわれています。猛暑の中、冷房の効いた室内と外を頻繁に出入りしたり、弱い冷房でも長時間身体に当てていたりすると、体温調整や発汗をコントロールする自律神経のバランスが乱れます。すると、体が温まらず、汗をかきにくくなり、疲労物質が体内にたまります。それが、だるさや疲れやすさ、夏バテの原因となります。

≪冷房病の症状≫
身体の冷え、だるさ、手足のしびれ、むくみ、頭痛、肩こり、神経痛、下痢、便秘、腹痛、食欲不振など

≪冷房病の対策≫
1. 外気との温度差を5℃以内にする
室温設定は27〜28℃が理想です。
2. 冷気を直接肌に当てない
オフィスなどの冷房の効いた場所では、ひざ掛けやカーディガンなどを使いましょう。
3. 毎日の入浴習慣をつける
シャワーだけで済ませず、お湯につかって身体を温め、冷えて滞った血行を回復させましょう。特に、全身の血行をよくする半身浴や足湯が効果的です。
4. 温かいものを食べる
暑いときこそ、温かいものを食べましょう。冷えた体を内側から温め、夏バテ予防にもつながります。


☆健康たいけん教室予約受付中‼ 
当センターでは、毎月第1土曜日に無料の健康たいけん教室を開催しております。
どなたでもお気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心からお待ちしております。

年間予定は→
http://handa-center.jp/medical/guidance/pdf/kenkotaiken.pdf
  
6月の教室だより
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20160622_1.pdf 



関連Webサイト

PDFリンク

    

歴史とロマンの街めぐり半田の夏、粋な夏(平成28年7月号)

2016年7月1日(金)
歴史とロマンの街めぐり半田の夏、粋な夏(平成28年7月号) ☆7月2日(土)〜8月21日(日)を期間として、夏の観光キャンペーンが始まります☆
ゆかた姿で団扇を手に
朝顔や笹の葉飾りを愛でながら
風鈴の音や半田運河からの潮風をたのしみながら
街めぐりを楽しんでみてはいかがでしょう!!

〜〜7月の主な催し〜〜
 ○國盛酒の文化館 酒蔵の七夕の節供 
   7月2日(土)・3日(日) 10時〜16時(最終入館15時30分)
   乞巧奠(きっこうでん)、七夕飾り、限定酒の試飲など。
 ○半六庭園の七夕飾り
   7月2日(土)・3日(日) 9時〜17時
   お馴染みの笹飾りをはじめとして、いろいろな七夕飾りが庭園を彩ります。
 ○半田赤レンガ1周年感謝祭「カブトビールフェスタ2016」
   7月16日(土)〜18日(月・祝)
   半田赤レンガ建物1周年イベントとして芝生広場ではキッチンカーが集結し、「カブトビールフェスタ2016」を開催。カフェはビアホールに変身。
 ○新美南吉記念館 南吉さんの蛍まつり
   7月2日(土)・3日(日) 18時30分〜21時 入場無料・申込不要
   新美南吉記念館で数千匹の蛍が飛び立ちます。ナイトミュージアムを同時開催。
○アイプラザ半田 あいぷらtheシネマ(第2回)「潮騒」(主演:吉永小百合、浜田光男)
   7月18日(月・祝) 14時開演(13時30分開場) 料金600円(前売り500円)。
 ○衣浦みなとまつり花火大会
   7月23日(土)19時30分〜20時30分
   1800発の花火が夏のみなとの夜空を彩ります。
 
 期間中、「七夕寿司&はんだ醸すごはん夏のお酢すめメニュー」「はんだ食べ歩きスイーツ〜ひんやり夏編」を開催します。食の企画も是非お楽しみ下さい!!



関連Webサイト

PDFリンク

    

「あいぷらtheシネマ」スタート(平成28年6月号)

2016年6月1日(水)
「あいぷらtheシネマ」スタート(平成28年6月号)  アイプラザ半田(半田市東洋町1−8)では、大型スクリーンで名作映画を楽しんでいただける上映会を定期的に開催します。是非、ご来場ください。


6月の上映作品は、

♪SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜♪

 日時:6月5日(日) 14時〜 (会場13時30分)
 会場:アイプラザ半田 1F 講堂
 入場料:前売り券500円(当日券600円)全自由席
 休館日:第4水曜日
 
 販売場所:アイプラザ半田(8時30分〜21時、第2・4月曜日休み)
      クラシティ3F知多半田駅前観光案内所(9時〜16時、第4水曜日休み)
 電話でのチケット予約も承ります。
 
 ☆今後の上映予定☆
  7月18日(祝・月)  14時〜
  8月11日(祝・木)  14時〜

♦アイプラザ半田の観光情報コーナーが充実しました♦
 半田市内と知多半島の大型マップを設置するとともに、観光パンフレットコーナーを刷新しました。

 チケット予約・お問い合わせ:半田市観光協会
      TEL:0569−32−3264


関連Webサイト

PDFリンク

    

アベノミクスの行方と日本の将来(平成28年6月号)

2016年6月1日(水)
アベノミクスの行方と日本の将来(平成28年6月号) 現在日本の経済政策は首相の名を取りアベノミクスと言われ少子高齢化が進む先進国の中で、その行方がどのように推移するか世界中から注目されている。その中身は

1、大胆な金融政策
2、機動的な財政政策
3、成長戦略

という3本の矢が存在している。当初、一番の成果だとされたのが、1の金融政策の中で金融緩和と円安誘導の成功だった。特に円安によって輸出企業の収益が改善し、株価が上昇したことで、景況感が改善した。円安は実はドル円という側面をとっても相手国の米国からの是認がなければ実現しない話だ。この点では、米国は当初、3年間の円安を認める代わりに、その間に日本が成長戦略を実行し,日本経済が構造的改革をとげることで、アベノミクスを成功に導くという水面下の合意が日米間であったとされている。しかし、3年を経て為替は円高方向に振れ、株価も低迷する時期を現在迎えている。又、円安の効果も意外と実態経済に及ばないこともわかってきた。つまり、それまでの円高の時期に日本の生産構造が国内で生産し輸出するのではなく、労働力が豊富で需要に近い現地で生産する姿に変化していたことがその理由だ。
こうした中で、今年に入り、欧米諸国からアベノミクスが成功しないだろうという論調が増えてきた。
 代表的な記事が2月にイギリスの高級紙であるガーデアン紙がアベノミクスは結局成長戦略が実行されず、金融政策ばかりに頼った結果、いびつな経済になっていくばかりだと論じた。又、国際通貨基金(IMF) も「日本は第4の矢を放つ準備を」というレポートの中で、なぜ日本は賃金が上昇しないかという問題を正確に分析している。
 つまり、日銀が2%の物価上昇率を目指しても賃金の伸びはそれをはるかに下回るのは、大企業においては、労働組合自体が終身雇用と引き換えに賃上げ要求を抑制していることが原因の一つだとしている。又、企業側も非正規労働者を雇うのに積極的で、世界でも突出した37%という非正規労働者率となったために労働組合の組織率が低下し、賃金交渉力が喪失しているとしている。そのため、安倍首相は毎年賃金の引き上げを訴えるが、その恩恵を受けられるのは労働人口の10%程度と見られている。
 このように賃金の低い伸びは構造的な問題を抱えており、2%のインフレ期待率どころか長期的なデフレ要因となっており、それが今年上半期に徐々に顕在化してきている。
 こうしたアベノミクスの行き詰まりを打破するには、改めて大胆な発想をもとに日本経済の将来を展望する必要がある。それは一つには国内の問題として、地方と首都圏のバランスのとれた発展だ。特に、経済特区や税制優遇で地方に製造業の拠点を数多く作っていく必要がある。地方行政の視点をもう一段広域行政に上げるために道州制の再検討も必要だ。又、成長産業分野への取り組みも緊急の課題だ。今年の世界経済フォーラム(スイスダボス会議)では、現在進行しているのは、第4次の産業革命で、今後どのような分野が成長していくのかを議論している。具体的には、情報通信技術の融合,人工知能ロボット、モノのインターネット(IOT)、3Dプリンター、無人自動車、ナノ及びバイオ技術,量子コンピューター工学などが有望とされている。
 今後のアベノミクスは改めて成長戦略と地方創生を絡ませることで、バランスのとれた国土の発展という考え方をその基軸に据える時期に来ている。


早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授 オックスフォード大学大学院 訪問教授 川村亨夫

(かわむら・ゆきおプロフィール)
1951年福岡県生まれ。74年慶応義塾大学卒業。住友銀行に入り、東京、大阪、ニューヨークの国際金融部門などで勤務の後、マイアミ大学大学院、ハーバード大学大学院で国際法と国際関係論を専攻。83年国連本部に入り、事務総長室法務官、財産査察審議会議長などを経て、97年より現職。その他法務省検事特別研修講師、国土交通省首都機能移転審議会委員、2008年7月より経済産業省産業構造審議会委員。国連の法務官や銀行マンの経験を踏まえ、世界から日本を見た視点で国際政治、国際関係論を展開。米国の政官界に知己が多く、裏情報にも精通している。また、CNN、日本テレビ、テレビ朝日、テレビ東京の国際、政治、経済に関するコメンテーターとしても活躍中。



関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆熱中症にご用心!◆◆

2016年5月24日(火)
 6月に入り、暑い日が多くなってきます。
熱中症は、『高温多湿』『強い日差し』『無風』『急に暑くなった時』が危険です。
特に梅雨明けは、体が暑さになれていないため、熱中症になりやすいと言われています。
正しい予防法を実践して、熱中症にならないようにしましょう

<熱中症予防法>
・帽子や日傘で日をよけ、日かげを選んで歩く。
・喉が渇いていなくても、定期的に水分補給をする。特に汗をかいた時には、スポーツドリンクなどを飲む。
※スポーツドリンクは水分・塩分補給には最適ですが、糖分も多く入っているため飲むタイミングに気を付けてください。
・室内では、風通しをよくし、(エアコン・扇風機は必要に応じて)よしず、すだれ、緑のカーテン等で直射日光をさえぎる。
・食事を毎食バランスよく食べ、十分な睡眠をとる。
・涼しいうちに打ち水をする。
・「頭痛」「吐き気がある」「だるい」「ふらふらする」「立てない」「意識がなんとなくおかしい」などの症状があれば、すぐに体を冷やし、必要時には救急車を呼ぶ。

<アルコールについて>
アルコールは尿の量を増やし、体内の水分を排泄してしまいます。アルコールで水分補給しようとするのは逆効果です。また、アルコールを飲んだ翌日は、体が脱水傾向にあるため、しっかり水分を摂りましょう。
                        
半田市保健センター
 


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆睡眠障害◆◆◆

2016年5月9日(月)
新年度がスタートし、環境の変化からストレスや疲れを感じていませんか?
平成26年国民健康・栄養調査では、睡眠で休養が充分にとれていない者の割合は20.0%と報告されています。
今回は睡眠障害と改善方法についてご紹介します。

米国精神医学会における睡眠障害の診断基準は、「以下の項目のひとつでも週のうち3夜あって、3カ月継続している状態」とされています。
@入眠困難
(例:床に就いても30分から1時間くらい寝られない)
A頻回の覚醒、または覚醒後に再入眠できない
(例:途中何度か目が覚めたり、目が覚めてから寝られないなどの中途覚醒)
B早朝覚醒があり再入眠できない
(例:通常の起床時間よりも2〜3時間くらい早く目が覚めて、寝られない)

≪解決に向けたアプローチ≫
◎太陽光で体内時計をリセット
 朝の光を浴びると14〜16時間後に睡眠作用をもつホルモン(メラトニン)が増加するので夜に自然と眠くなります。
◎運動で眠りの質を高める
 定期的な運動習慣がある人は、入眠困難や中途覚醒が起こりにくいという報告があります。
◎睡眠環境を整える(寝室の温度:夏は25〜28℃程度、冬は16〜20℃程度、湿度:50〜60%を保つ)
◎入浴は40℃くらいまでのお湯で就寝の30分前にはすませる
◎就寝前のパソコンやスマートフォンなどの使用は避ける
◎眠れない不安を減らす
 眠れない不安は、脳の覚醒を促進し自然な入眠を遠ざけます。2日単位で考え、実際になかなか寝付けないときも、「今日はあきらめよう」と逆に開き直ることで気分が楽になります。眠れないことを深刻にとらえすぎないことも大切です。

睡眠リズムを整えて睡眠の質を高め、快適な生活を送りましょう。
(一社)半田市医師会健康管理センター

☆健康たいけん教室予約受付中‼ 
当センターでは、毎月第1土曜日に無料の健康たいけん教室を開催しております。
どなたでもお気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心からお待ちしております。
年間予定は→
http://handa-center.jp/medical/guidance/pdf/kenkotaiken.pdf
  
4月の教室だより
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20160507.pdf 


関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
27 - 36件目/全198件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp