半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > オピニオンHANDA
 

オピニオンHANDA 


◆◆◆乾燥対策のすすめ◆◆◆

2015年11月26日(木)
 秋も深まり、冬の足音が聞こえてきました。風邪の予防とともに気にしていただきたいのが、乾燥対策です。

≪血行不良は乾燥を招きます≫
気温が下がり始めると、体温が奪われないよう血管が収縮するため、肌表面や手足などの末端へ行く血液量が減少し、体のすみずみまで栄養が行き届かなくなります。そうすることで肌の皮脂と汗の分泌が減少し、乾燥肌を招いてしまいます。

≪乾燥は肌への影響だけではありません≫
空気が乾燥すると水分が体からどんどん発散していくため、水分不足による影響により、皮膚のかゆみ、むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃が荒れるなどの症状が表れます。また、体の水分量が減ると血液が濃くなり、血行が悪くなります。冬に高血圧や脳梗塞などが増えるのは、冷えと相まって水分不足の影響があるためです。さらに、空気が乾燥すると喉の粘膜も乾燥してしまうため免疫力が落ち、風邪やインフルエンザウイルスにも感染しやすくなります。

≪今からできる乾燥対策≫
最も空気が乾燥するのは年末から2月頃にかけてですが、今から乾燥に強い体を作っておくことが大切です。
○食べ物・・・ビタミンA・B・C・Eを摂りましょう
・ビタミンA:レバー、人参、ほうれん草など
・ビタミンB:豚肉、レバー、卵、大豆、納豆など
・ビタミンC:ピーマン、柿、キウイフルーツなど
・ビタミンE:ごま、ナッツ類など
○生活・・・水分をとり、潤いを逃がさないようにしましょう
・肌に保湿クリームをしっかり塗る
・室内では加湿器をつける
・夜寝る前にコップ一杯の水を飲む
(一社)半田市医師会健康管理センター

☆健康たいけん教室予約受付中‼ 
当センターでは、毎月第2土曜日に無料の健康たいけん教室を開催しております。
どなたでもお気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心からお待ちしております。
年間予定は→
http://handa-center.jp/medical/guidance/pdf/kenkotaiken.pdf
10月の教室だより
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20151109.pdf


関連Webサイト

PDFリンク

    

足元の原石を宝石に変貌させる戦略(平成27年11月号)

2015年11月1日(日)
足元の原石を宝石に変貌させる戦略(平成27年11月号)  空家が日本社会の深刻な課題になりつつある。戦後は極端な住宅不足であったが、復興の努力により、1960年代後半には住宅総数が世帯総数を上回り、以後、次第に空家が増加し、2013年の統計では全体の13%に相当する800万戸以上が空家で、そのうち約320万戸は放置されている。
 この厄介な存在を有効に活用している都市がある。北海道釧路市は道内の都市のなかでも冷涼なことで有名で、かつては夏場でもストーブが必要と揶揄されていた。ところが、昨今の地球規模の気温上昇の影響で、夏場の数ヶ月間だけ市内の空家を賃借して移住してくる高齢の人々が増加してきたのである。
 このような動向が登場した2008年には31人であったが、昨年は295人に増加し、ここ4年連続で全道1位である。これは気候条件の変化だけの効果ではなく、市側が長期滞在の人々が快適に生活できるよう研究して対応し、地域に馴染むように見学旅行を実施するなど努力している成果でもある。
 もうひとつ問題の空家は商店である。郊外に出現した大型商業施設の影響により、かつての都心にあった1万3000の商店街のうち約40%に相当する5000程度がシャッター通り商店街になり、閉店して空家になっている商店は約10万と推定されている。
 この状況に挑戦している都市がある。栃木県鹿沼市で地元出身の若者が迷路のような路地の最奥にある自宅をコーヒーショップにしたところ、次第に話題になりはじめた。それに影響されて、都心の商店の空家を改装して開業する若者が次々と登場し、最近では15以上が新規開業し、人気になっている。
 さらに江戸時代からの歴史のある都心の老舗の旅館が廃業したので、それを改装して若者や外人相手の簡易宿泊施設にしようとしたところ、鹿沼にも旅館にも無縁であった旅行途上のデザイナーの女性が志願して女将になり、近々、営業を開始する予定である。
 地方創生の掛声により、各地で地域再生計画が進行しているが、大半は補助を期待して政府の枠組で計画し、外部のコンサルタントに構想を依頼し、箱物を建設するという内容であるが、これらはテクノポリス、オフィスアルカディア、国際会議観光都市などで、成功しないことが証明されている。
 それらとは対極にある成功事例がある。観客減少で廃舘寸前であった山形県鶴岡市の加茂水族館は眼前の海中のクラゲを展示して観客が1桁飛躍し、ありふれたヤキソバを巧妙な宣伝で名物料理に仕立てた富士宮市には毎日、観光バスで都会から人々が到来している。
 その一方、かつて流行であったテーマパークの多数は廃墟となり、大半の世界遺産は登録に成功した翌年から観光客数は減少している。他山の成功を真似することなく、空家でさえ立派な宝石になるという精神で、地域の足元にある原石を発見し、自身で宝石に研磨することが地域発展の要諦である。

東京大学名誉教授 月尾嘉男

(つきお・よしお プロフィール)
1942年名古屋市生まれ。東京大学工学部卒業。名古屋大学教授、東京大学教授、総務省総務審議官などを経て、現在は東京大学名誉教授。専門は通信政策、地域政策。趣味はカヤック、クロスカントリースキー。
著書は「縮小文明の展望」「先住民族の叡智」「地球千年紀行」「日本が世界地図から消滅しないための戦略」など多数。


関連Webサイト

PDFリンク

    

秋の運河・蔵のまち(平成27年11月号)

2015年11月1日(日)
秋の運河・蔵のまち(平成27年11月号)  9月中旬から半田運河・蔵のまち周辺を散策される方が増えています。7月に半田赤レンガ建物がオープンし、9月のシルバーウィークには矢勝川の彼岸花が最高の見頃を迎えたことが大きく影響しています。
 そして、MIZKAN MUSEUM【MIM:ミツカンミュージアム】の完成が魅力を倍増しています。秋分の日に鉄道会社が開催したハイキングで、MIM周辺を歩かれた参加者の方々からは、「中埜酢店の面影がありますね」「11月8日のオープンが待ち遠しい」などの声が数多く寄せられました。お客様にお伝えしたのは、「新施設は事前予約での見学になっていますので、ご予約をいただきゆっくりご見学下さい」です。

<MIMの見学方法>
  ・案内開始時間 9時30分から30分毎(最終15時30分)
          1ツアーあたりの人数 1〜25名
          所要時間 90分(ガイドツアー70分+自由見学20分)
  ・休館日 毎週木曜日、お盆、年末年始
  ・入館料 大人(18歳以上) 300円
       中学生・高校生   200円
       小学生       100円
       乳幼児       無料
      ※障がい者手帳をお持ちのご本人とその付き添いの方1名は半額
  ・見学申し込み方法
   インターネットyhttp://www.mizkan.co.jp/mim/】
   電話【0569-24-5111】 受付時間10時〜17時(11月8日までは、平日のみの受付)
   ※10名様以上の団体様、海外からのお客様、車いすご利用のお客様は直接お電話にて
 お申込みください。

MIMの完成、11月8日(日)に同時オープン予定の旧中埜半六邸(半六庭園内の建物)
船方橋近くの蔵のまち公園の整備、中村街園の蔵の茶屋の再開など、半田運河周辺は散策を楽しんで秋を満喫していただくことができます。

    
10月初旬、「第21回“ふるさとの風景”絵画・写真コンテスト」(主催:半田市・ミツカングループ)の審査会がありました。「身近な風景の再発見とまちへの愛着」主催者の思いを受け止めていただいた作品が多数寄せられました。入賞作品の展示は、以下の予定です。

・第1回 平成27年11月21日(土)〜12月13日(日)
     MIZKAN MUSEUM(MIM) 多目的スペース
・第2回 平成27年12月15日(火)〜12月27日(日)
     半田赤レンガ建物 企画展示室


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆インフルエンザにご注意を!◆◆

2015年10月23日(金)
 インフルエンザは、かぜ症状に加え、突然の高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛など全身の症状が強く、合併症を起こす危険性が高い感染症です。6つの予防でインフルエンザに気をつけましょう!
予防@ 手洗い・うがいをする
帰宅時・食事の前・多数の人が触る物(ドアノブ・スイッチ等)に触れた後等、こまめに手を洗いましょう。タオルや水道の蛇口も清潔に保ちましょう。
また、定期的にうがいをしましょう。うがいは口やのどを洗浄するだけでなく、のどの粘膜を潤してウイルスの防御機能を高めます。
予防A マスクを着用する、咳エチケットを守る
咳をすると、約1〜2m先まで菌が飛ぶと言われています。咳をするときには、手で口を覆うか、マスクをつけましょう。
予防B 人混みを避ける
予防C 予防接種を受ける
インフルエンザワクチンの効果持続期間は約5カ月です。接種から効果が出るまで約2週間かかります。12月上旬までに接種することをお勧めします。
予防D しっかり食べて、しっかり寝る
バランスのよい食生活や十分な睡眠は免疫力を高めます。
予防E 早めに受診し、早めに休む

インフルエンザ予防に大切なのは、シーズン前に「予防接種」を受けること。そして、「体の調子を整える」「のどの乾燥を防ぐ」などのセルフケア。インフルエンザの流行を防ぐためにも、出来ることからはじめましょう!
◆半田市は高齢者インフルエンザワクチン接種費助成を行っています。
詳しくは市報(10月1日号)またはホームページをご覧ください。

半田市保健センター


関連Webサイト

PDFリンク

    

二つの“愛してる”(平成27年10月号)

2015年10月1日(木)
二つの“愛してる”(平成27年10月号)  今、二つの“愛してる”に注目している。
 今年度、大学の私の講義でアイディアコンテストを実施した。
 それは、“「愛・地球博記念公園」と「リニモ」を、より多くのお客様に利用してもらうにはどのようにしたら良いか”というものだ。1年生の講義で、3〜4名を1グループとし、1か月かけて案をまとめ、5分間のプレゼンテーションで競う。予選を行い、「公園」、「リニモ」各上位3チームは、最後の講義で審査員に公園管理者及びリニモ役員を迎え、優勝を競ったのだ。情報科学部の学生だけあり、提案されるアイディアは、スマートフォンアプリを開発するものであったり、プロジェクションマッピングを利用したものなどハイテクを駆使しており、さらには投資効果についてもシミュレーションしており、私も審査員の一人として学生の健闘に驚きを隠しえなかった。
 講義の最後、リニモ役員の講評が忘れられない。
「学生の皆さんの発表はいずれも興味深いもので感心しました。しかし、リニモが目指しているものは、目先の乗客数増加だけではありません。利用者に“愛される”交通システムを目指しているのです。皆さんの発表の中で私が注目したのは、より多くの方に“愛される”ためにどのようなアイディアがあるか・・・でした。“愛される”交通システムとして、長く利用されること、“愛され続けること”、・・それが私たちの願いなのです。」
 最近は毎年のように新しい商品やサービスが出ては消え、消えては発売される・・・ということを繰りかえしている事が多い。こうした中でユーザに“愛され、愛され続ける”とは何かを考えることが重要であると気付かされた。
このような事はサービスだけでなく、会社経営、さらには故郷の景観や伝統文化についても同様で、次の世代までも“愛され続ける会社”“愛され続ける景観”“愛され続ける地域”を作り出すことこそが、今私たちに求められていることなのではないだろうか。

 二つ目の“愛してる”は、“AIしてる”だ。
AIとはArtificial Intelligence(人工知能)を意味している。
 コンピュータ技術の発展は目を見張るものがあるが、現在、「2045年問題」に関心が集まっている。これは「2045年にはコンピュータの能力が人間を超え、技術開発と進化の主役が人間からコンピュータに移る特異点(シンギュラリティ)に達する」というものだ。少し怖い話のように思われるかもしれないが、実際、多くのサービスで人工知能はすでに利用されており、私たちは知らないところで人工知能の恩恵にあやかっている。チェスの世界ではすでに人工知能が人間のチャンピオンを破っているし、将棋の世界でも人間と互角に戦うまでになってきている。アメリカではクイズ番組の解答者として人工知能(ワトソン)が登場し、全米クイズチャンピオンに勝利している。これにより、かつて映画が無声映画からトーキーへと変化する際に、弁士の職が無くなったように、人工知能の出現により、いくつかの職は人工知能に置き換わることになるだろう。
 これらは時代の変化なのであり、恐れるのではなく、人類の英知として、こうした新たな展開を理解、受容し、その上で幸せな社会を築いていくことこそが求められているのだ。

皆さん、“愛してる”・・・してますか?


愛知県立大学情報科学部 教授
名古屋大学未来社会創造機構 客員教授
東京大学生産技術研究所 客員研究員

小栗宏次

(おぐり・こうじ プロフィール)
1960年名古屋市生まれ。1990年名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了。工学博士。1998 年愛知県立大学情報科学部教授。2011年愛知県立大学情報科学共同研究所所長、現在に至る。
・愛知県個人情報等保護委員会 委員長
・あいちICT活用推進本部有識者会議 委員
・IT利活用による地域活性化検討会 委員(経済産業省)
等を歴任.著書に『100年後の中部』(日刊工業新聞社)など。



関連Webサイト

PDFリンク

    

おもてなし力アップをめざすアイプラザ半田(平成27年10月号)

2015年10月1日(木)
おもてなし力アップをめざすアイプラザ半田(平成27年10月号)  9月から始まりました「秋の食べ歩きラリー半田2015」(主催:半田商工会議所サービス部会・半田市観光協会)を楽しんでいただいていることと思います。天高く…の10月、食とともに、映画・音楽・まち歩き様々な半田を楽しんでいただくことができます。今月号では、みなさまとの窓口を担っている半田市観光協会のフロント(スタッフ)を紹介させていただきます。

 アイプラザ半田の受付窓口では、講堂(定員599名)、小ホール(定員250名)をはじめとする貸室の受付のほかに、観光案内やアイプラザ半田で開催企画のチケット販売、レンタサイクルの貸し出しなどを行っています。

◎取扱い中のチケット
・10月17日(土)開催の知多半島映画祭 前売り800円(当日900円)「
・11月22日(日)開催の半田混声合唱団第48回定期演奏会 前売り500円(当日600円)

◎レンタサイクル
3時間まで500円、3時間以上500円  受付時間:8時30分〜17時30分

 1階のエントランス等では、サイネージボード、パンフレットラックなどを活用し、観光情報をお伝えしています。
 現在、談話室の一角に「ゆるキャラグランプリ2015」に参戦中のだし丸君応援コーナーを開設しています。顔出しパネルの設置とともに、毎日の順位なども貼り出しています。応援よろしくお願いします!!

◎知多半田駅前にコインロッカー設置
 知多半田駅前観光案内所があるクラシティ半田3Fにコインロッカーが設置されました。9月1日、半田南ロータリークラブ例会において、2基【8枠1基、4枠1基】のコインロッカーを半田市観光協会へ贈呈していただきましたので、9月2日から利用を開始しています。
 7月の半田赤レンガ建物のオープン、11月のMIM(ミツカンミュージアム)のオープンを控え、観光客のみなさまの手荷物預かりのニーズに今まで以上に応えることができるようになりました。 



関連Webサイト

PDFリンク

    

9月24〜30日は結核予防週間です

2015年9月7日(月)
 暑い日が続き、体調を崩していませんか?長引く咳や痰、倦怠感、体重減少、それらは夏バテや夏風邪ではないかもしれません。今回は結核という病気についてご紹介します。

《結核とは》
結核菌によって発生する感染症の一つで、肺を主として全身の臓器に炎症が起こる病気です。治療せずに放置すると髄膜炎や呼吸困難や全身衰弱、慢性心肺機能不全などにより死亡することがあります。

《感染経路》
保菌者の咳やくしゃみで結核菌の混じったしぶきが空気中に飛散し、周りの人がそれを吸い込むことによって感染します。結核に感染しても、通常は免疫機能が働いて結核菌の増殖が抑えられます。しかし、栄養状態が悪かったり加齢とともに体力が衰えてきたりすると、結核菌に免疫力が負けて発病します。

《結核の症状》
咳や痰、急な体重減少、倦怠感、微熱など
このような症状が2週間以上続くときは、夏バテや夏風邪と自己判断せずに病院を受診しましょう。

《結核の治療》
6カ月間薬を飲めば治る病気ですが、症状が消えたからといって、途中で服薬を止めてしまうと菌が抵抗力をつけ、薬が全く効かない多剤耐性菌になることがあります。

《結核の予防》
結核は空気感染で、非感染者の予防としては免疫力の維持とBCG接種しか方法はありません。抵抗力の弱い乳幼児は、 結核に感染すると重症になりやすいため、市町村からの案内に従って、遅くとも1 歳までにBCG接種を受けてください(国が示している標準的な接種期間は 5 〜 8カ月以内)。
感染者が早期に結核に気付き、感染を広げないことが大切です。長引く咳や痰があるときはマスクをして、周りにしぶきを飛散させないようにしましょう。


☆健康たいけん教室予約受付中‼ 
当センターでは、毎月第2土曜日に無料の健康たいけん教室を開催しております。
どなたでもお気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心からお待ちしております。 
年間予定は→
http://handa-center.jp/medical/guidance/pdf/kenkotaiken.pdf
8月の教室だより
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20150904.pdf


関連Webサイト

PDFリンク

    

半田運河の秋風が心地よい季節の到来です。(平成27年9月号)

2015年9月1日(火)
半田運河の秋風が心地よい季節の到来です。(平成27年9月号) 「味覚の秋」「読書の秋」「芸術の秋」…秋の楽しみ方はいろいろです!!

★酒蔵の重陽の節供
 國盛 酒の文化館では、五節句の一つ「重陽の節句」を開催します、菊を用いて不老長寿を願うことから「菊の節句」とも呼ばれます。
 期間:9月5日(土)〜9月9日(水) 10時〜16時
 内容:菊酒の試飲、菊の着せ綿の展示、後の雛(菊の花と雛人形の展示)
 
ひと口メモ…後の雛は、江戸時代に自身の健康と長寿を願い、虫干しを兼ねて再びお雛様を飾る風習があったに始まります。最近では、「おとなのお雛様」とも呼ばれています。

★ごんの秋まつり 
 南吉とごんぎつねのふるさと岩滑、矢勝川堤では300万本の彼岸花と地域の方々が運営する手づくりのお休み処がみなさんをお迎えします。
期間:9月19日(土)〜10月4日(日)
場所:新美南吉記念館及び矢勝川堤周辺
主な催事
@新美南吉記念館終戦70周年記念特別展「ひろったラッパはどうなった?」【9月21日(月・祝)】

A半田青年会議所主催「キャンドルモール&キャンドルナイト」【〜10月25日(日)】
詳細は、半田青年会議所発行のチラシをご覧ください。

B“街頭紙芝居ゃ”さん【期間中の土・日・祝】
  10時30分〜11時30分 13時30分〜14時30分

C彼岸花の結婚式&花嫁行列【9月23日(水・祝)】

ひと口メモ…昨年までの広報物では、彼岸花は200万本と紹介させていただいていました。阿久比町のみなさんの植栽活動も継続的になり、今年は、300万本余の開花が確実ということです。

★半田赤レンガマルシェ
 「ものづくりのこころ、伝えるマルシェ。」をキャッチコピーに始まった「半田赤レンガマルシェ」が、秋を迎え魅力倍増です。是非一度足を運んでみてはいかがですか。

日時:9月27日(日) 9時〜15時
会場:芝生広場、クラブハウス


問い合わせ:半田市観光協会
      所在地:半田市東洋町1-8(アイプラザ半田内)
      TEL:0569-32-3264
      FAX:0569-22-4321


関連Webサイト

PDFリンク

    

安保法制議論と半田の教育改革(平成27年9月号)

2015年9月1日(火)
安保法制議論と半田の教育改革(平成27年9月号) ●我が子が兵隊にとられる!?
 7月16日に一連の安保法案が衆議院で可決され、今国会での成立が実質確実となった。これを受けて野党やマスコミ、『知識人』は連日の政府批判、内閣支持率は初めて不支持が支持を上回った。その原因は、『徴兵制』、『違憲』、『戦争に巻き込まれる』などの論であろう。勿論夫々について色々な考えや主張があるのはしごく当然で健全な姿だと思う。   しかし私はこれらの議論を見聞し、一つの大きな不安を感じている。それは「世界の中の日本」や「変化する国際情勢」の視点が致命的に欠落している点である。

●深刻な社会現象と戦後教育の問題点
 戦後70年間、経済的側面から見れば日本は見事な復活を遂げた。そこに教育が果たした役割も大きいと思う。しかし反面、その教育の問題点も今や社会現象という形で噴出している。青少年の陰湿な犯罪、離婚と片親の子どもや貧困の連鎖、上昇を続ける離職率や政治への無関心・・・数え上げれば切りがない深刻な問題ばかりである。なぜこのような状況になっているのか。それを突き詰めれば、彼らが受けてきた教育の結果と断ぜざるをえない。教育の視点に表現を変えれば、個人の夢が大事にされ、公への志が語られない教育。権利や自由が強調され、義務や忍耐が軽んじられてきた教育。優しさばかりが大切にされ、強さの訓練を忘れた教育・・・それらのバランスが相当崩れているのではないか。
 先に述べた安保法制に関わる問題点も、これら深刻な社会現象も、その根幹にある原因は共通している。すなわち戦後70年の『ゆきすぎた反省』である。
 しかし、純真で無限の可能性を秘めた子どもたちへの教育を少し変えれば、彼らは必ずこの国や社会の未来を託すに足る立派な人財に育つ。問題なのは彼らを教育する大人たち、特に親と教師たちである。彼らの多くは問題の所在に気づいていないか、気づいていても本気で自分が変わろうとしない。そう感じているのは私だけだろうか。

●半田で変化への挑戦が始まった
 今年度から市内全小中学校に「学校運営支援協議会」が設置されようとしている。この協議会の目的は、先に述べたような《教育の根本的な問題点》について、協議会委員と校長先生等が熟議を尽し、現在の教育の変えるべき点を抽出して毎年の学校経営方針に反映させることである。これによって協議会委員は学校の教育方針を深く理解納得し、時に教師たちと悩みや喜びを共有して、地域と学校が一体となって若者を育てることができる。
 まだスタート点に立ったばかりで関係各位には分らないことが多いかもしれないが、これが確実な成果を上げて、地域が変わり、学校や親が変わり、子どもが変わって、まわりから、“子どもの教育は半田でさせたい”と言ってもらえるような教育先進都市半田の一日も早い実現を私は夢みている。それが、半田が都市間競争に勝ち、この国が素晴らしい国になることに必ず繋がると信じている。

半田商工会議所 筆頭常議員 神谷義尚(神谷鉄工椛樺k役)


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆受けなきゃ損!半田市がん検診のお知らせ◆◆◆

2015年8月3日(月)
 亡くなる方の3人に1人はがんが原因です。
しかし、がん検診を定期的に受け、早期発見、早期治療をすれば、がんは治る時代となりました。
「半田市がん検診」は、市が検診費用(個人負担金)を50%〜70%補助しています!
例えば、大腸がん検診は、通常約1,500円〜2,000円のところ、400円で受診できます。 
また、さらにお得な「セットがん検診」もご用意しています。
せっかくの機会です。ぜひご利用ください!
詳しくは、半田市ホームページをご覧ください。
http://www.city.handa.lg.jp/kenko/kenko/kenkoshindan/index.html
ご自身のため、そして大切なご家族のために、年に1度は、がん検診を受けましょう!

半田市保健センター


関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
54 - 63件目/全200件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp