半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > オピニオンHANDA
 

オピニオンHANDA 


リスクを恐れるな−新社会人は海外に目を(平成26年4月号)

2014年3月27日(木)
リスクを恐れるな−新社会人は海外に目を(平成26年4月号) ・マスクは世界の常識か
 私たちが生活の中でよくマスクをかけるのが、海外の友人たちには面白いらしい。ときどき繁華街、通勤電車、職場が、マスクで埋め尽くされることがあるのは確かだ。宇宙人のような恰好のマスク姿が日本の日常生活で市民権を得ていることが、友人たちには不思議でたまらない。それがパリはシャルル・ドゴール空港にセントレアからの便が到着し、降りてくる日本人乗客が次から次とマスク姿オンパレードだったりすると、すわ一大事、エイリアンに占領されたかと、居合わせたフランス人たちはギョッとする。伝染病棟や塵埃たちこめる工事現場ならともかく、普通の場所ではマスクが異様にみえるのだ。風邪・花粉症予防に、潔癖な日本人ならではのこの美徳、まだ世界には受け容れられていない。

・鼻はすするのか、かむのか
 今度はその友人たちが鼻水作法の彼此の違いに眉をひそめる。汚いものは体の外に出せというのが西洋流、欧米では妙齢のお嬢様でもこちらが恥ずかしくなるくらい大きな音を立て、人前で"ブロウ"する。英語blowは、強風を起こし唸ってぶっ飛ばして鼻をかむことだ。一方、大音響の鼻かみが不作法とされる日本では"スニッフ"する(鼻をすする)人が多い。電車や職場でこの吸い込み音が聞こえてくると、体の中に汚い鼻水を受け入れて平気なのかと、海外の友人たちは訝しむのだ。以前、邦銀ロンドン支店の英人女性職員が、紳士で大好きな日本の同僚たちだが、会話や食事のときのsniffだけは止めてほしいと語っていた。

・新社会人は内向き?
 マスクに鼻水と、卑近すぎる例を挙げてしまったことをお許し願いたい。世界が狭くなって何でもかでも分かった心算でいても、事ほど左様に相互に理解し合うのは簡単ではない。グローバル化が進み、生活や仕事の隅々まで世界の国々に依存し、その人々と仲良く共存していかなければならないのに、私たちには外国の知識もそれを受け容れる心の準備も少ない。そこで心配なのは、日本の次世代の若者たちが海外に目を向けず、相互理解にそっぽを向いているのではないか、ということだ。"ゆとり教育"の成果で、20代前半の諸君は真面目で、堅実で、合理的だが ― 多少誇張があるにせよ ― 欲が無く、恋愛に興味なく、旅に出ず、休日は自宅で過ごし、"コス・パ"重視で無駄遣いせず、気の合わない人と付き合わず、リスク回避に敏感で、安全・清潔に、小さく生きることに喜びを感じる"父ちゃんぼうや"なのだと云う。

・大事な無駄やリスク
 あな嘆かわしや!そんな若者を育てたのは我々50―60代の親たちなのだ。自分のためにも、世のため人のためにも、無駄で割に合わないことをすることの大切さ、冒険してリスクをとることの大切さ、そこから文化、創造性、ダイナミズムが生まれ、経済や国が繁栄していくことを、きちんと伝えることが出来なかった。だが今からでも遅くない。春は、新社会人のスタートだ。次世代を担う若者には、一旦内向きの考えを脇に置いてもらって、世界に目を向け異なる人たちを理解していくこと、ここぞと云うときはリスクをとり大きく背伸びすることを、叩き込んでほしいものだ。企業教育が、日本の将来の最後の砦になるかもしれない。


総合研究開発機構(NIRA)理事 加藤 普

(かとう・ひろし プロフィール)
1953年秋田県生まれ。76年東京大学(教養学部教養学科)卒業。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。海外はディジョン大学(仏)に遊び、パリ(二回)、モントリオール、ホーチミン(サイゴン)、テヘランに駐在した他、世界50数カ国を訪ねる。銀行退職後、中近東での経験を『イラン通信』としてまとめた。家族は妻と2男2女2孫。07年から現職。


関連Webサイト

PDFリンク

    

◇◇◇リラックス呼吸法◇◇◇

2014年2月26日(水)
 私たちは社会で生きている限り、不安や悩み、疲れなどさまざまなストレスを受けています。適度なストレス(緊張感)は、生活にハリを与えてくれますが、過度のストレスが続くと心の病気になってしまうことがあります。大切なのは、ストレスをやわらげて対処することです。
今回は、ストレス対処法の1つである呼吸法についてご紹介します。緊張した時「深呼吸して」と呼吸を整えたことはありませんか?様々な呼吸法がありますが、緊張を抑えるリラックス呼吸法は腹式呼吸です。生活のどの場面でも行うことができる呼吸ですが、睡眠前に気持ちをコントロールしながら行うことで、ストレスをやわらげる効果が高いと言われています。

【リラックス呼吸法】睡眠前に横になって行う方法
@仰向けに寝て、おへその下4、5cmの所(丹田)に両手を重ねて置きます。
A両手の下をへこませるイメージで、ゆっくりと口から息を8秒程かけて吐き出します。
≪この時、普段抑えている気持ちを想ってみます≫
「本当は、あの時○○したかったんだよなぁ」や「本当は、あの時の気持ちを理解してほしかったんだよなぁ」という感じです。
B息を吐き切ったら、両手の下を膨らませるイメージで、4秒程かけて鼻から息を吸います。
≪この時、自分を肯定する気持ちを想ってみます≫
「考えてみれば、私もよく耐えてきたよなぁ」や「我ながらよく頑張っているなぁ」
という感じです。
C最後に少し息をとめます。
 
上記の@〜Cを1セットとして2〜3回繰り返します。緊張がほぐれ、リラックスへと導いてくれます。睡眠が深くなる効果も報告されていますので、ぜひ試してみて下さい。


関連Webサイト

PDFリンク

    

「てんやわんや」から春を迎え、新たな一歩(平成26年3月号) 

2014年2月26日(水)
「てんやわんや」から春を迎え、新たな一歩(平成26年3月号)   この原稿を書いている1月末、半田市観光協会は「てんやわんや」という言葉がぴったりでした。身近で観光協会を見て下さっている方は「いつものこと…」と感じ、少し距離のある方は「南吉生誕100年は終わったのに…何を」と思われたかもしれません。
 例年この時期は、桃の節句や春祭りのPR準備をしながら年度末そして新年度に向けて動いています。今年もそれは変わりなくですが、「醸す丼」あるいは広域(知多半島)視点の企画の追い込みが怒涛のように続き、チラシやWEBの制作にスタッフは「てんやわんや」をしていました。…スタッフには申し訳なかったのですが、大変の中にも観光協会事務局長として喜びを感じていました。
 平成18年4月1日、登録有形文化財小栗家住宅の一角をお借りしてスタートした民間運営の半田市観光協会は、博物館「酢の里」や國盛酒の文化館を訪れる方々にプラス情報をお伝えする観光案内から事業がスタートしました。あれから8年、「てんやわんや」ではありますが、新たな企画を進めるためのお店開拓やポスター・チラシづくり、お土産品などの商品開発を(市役所・商工会議所さんのサポートをいただきながらですが)進められる職員が育ってきました。取り組めるようになった仕事が増えたことで、会員のみなさまとのつながりも徐々にですが見える化を図れるようになってきました(まだまだのところが多いのも自覚しておりますが…)。

 今春新たな活動が始動します。タイトルは、あおぞら図書館「うた時計」といいます。
 新美南吉生誕100年記念事業では、南吉記念館の芝生広場が縁の下の力持ち…というかイベント会場として大活躍しました。ワークショップに参加した子どもたちの笑顔や親子の語らいの姿はとても微笑ましいものがありました。記念事業に携わってきた観光協会職員から、101年目をスタートとした継続的な活動を考えようの声が上がり、その第1弾として、「新美南吉記念館を中心とした「南吉の里」で、気軽に読書を楽しんでもらいたい」を形にした
が『あおぞら図書館「うた時計」』です。

『あおぞら図書館「うた時計」』
第1回 平成26年3月21日(金・祝)〜23日(日)  
      時間:10時〜16時
      会場:新美南吉記念館 芝生広場
      内容:屋外での図書貸し出し
芝生の上でくつろぐ屋外ブックカフェ
当日は、南吉の里で「南吉の春、里の春」を開催していますので、
◎菜の花のお花見
◎南吉童話のワークショップ(GON-アートほか)
◎南吉童話のおはなし会
などをたのしんでいただくことができます


半田市観光協会 事務局長 松見直美

【◆写真:「春の醸す丼まつり」にて「おろし牛丼」を楽しむ参加者】


関連Webサイト

PDFリンク

    

人を中心においた組織編成で全員の知恵を結集する経営を目指す(平成26年3月号)

2014年2月26日(水)
人を中心においた組織編成で全員の知恵を結集する経営を目指す(平成26年3月号)  一人の人間でできることには限界がある。例えば、道を塞いでいる大きな石を動かすにも数人の人が力を合せることが必要である。数人で創業したばかりの企業も同じである。全員が社長の考えていることを共有し、社長も全員が何を考えているかを理解している。社員同士も細かな分業を意識しないで、互いにカバーしあって行動している。その意味では、企業は人の集まりであり、人を中心に置いた組織編成であるということができる。
 しかし、企業には職務の体系という側面もある。特に組織の規模が大きくなると、社長が直接各人にその都度指示をだすことはできなくなる。予め各人の分担と指揮命令系統を決めておくことが必要になる。こういう意味では、組織は職務の体系である。
 日本企業に多くみられる特徴は大企業になっても人を中心においた組織という色彩が強いのに対して、アメリカ企業では職務の集合としての組織の色彩が強い。
 職務を中心に置いた組織編成では、それぞれの職務が明確に定義され、モジュールに分割されて、そのモジュールを組み合わせて全体の組織が編成されることになる。職務のモジュールに合わせて人を割り当てるのである。職務が明確に定義されているから、モジュールが重なり合うことはない。それぞれのモジュールが予め割り当てられた責任を果たしていれば、それで予定調和的に全体がうまくいくという考え方である。
 人を中心に置く組織編成の場合でも、職務の定義は必要である。但し、職務を中心に置く場合よりも、その定義はあいまいであってよい。人に職務を割り当てるので、分割されたモジュールに隙間があったとしても、人がそれを埋めることが期待される。むしろ職務の定義があいまいであるほうが、人は割り当てられた狭い意味の職務範囲を超えて行動するようになる。
 この結果、職務範囲が重なり合い、摩擦が生まれることもあるが、これがなければ技術の相互作用は生まれない。摩擦は技術の相互作用を生むための必要条件であると考えるべきである。ここで、それぞれが自分の庭先を掃くような態度をとればマイナスの効果しかうまれないが、全体最適の考え方が全員に共有されていればこの摩擦はプラスの効果を生む源泉となる。全体最適の考え方は、人を中心とする組織編成によって生まれるものであり、かつこれをプラスに作用させるための条件でもある。
 日本企業に多く見られるもう一つの特徴は、全員の知恵を結集する組織運営である。これは組織編成の原理と密接に関連している。人を中心に置くからこそ、組織運営の局面で全員の知恵を結集しようという発想が自然に生まれる。職務を中心に置く組織編成の場合には、組織運営よりも組織設計により重点が置かれることになるであろう。
 企業の規模が拡大するにしたがって、組織は細かく分割されるようになり、組織間には高い壁ができる。だからこそ全員の知恵を結集するための組織運営の重要性が増してくる。
 日本企業はグローバル化の荒波の中で変化の時代を迎えている。企業は人の集まりであるという日本企業の組織編成の原点に立ち戻り、全員の知恵を結集する経営を目指すことが必要である。

東京理科大学専門職大学院イノベーション研究科 教授 松島 茂

(まつしま・しげる プロフィール)
1949年、東京に生まれる。1973年東京大学法学部卒業。同年通商産業省入省、その後、在ドイツ日本大使館参事官、通商政策局南東アジア大洋州課長、中小企業庁計画課長、大臣官房企画室長、中部通商産業局長を歴任。2001年法政大学経営学部教授、2008年東京理科大学専門職大学院教授。


関連Webサイト

PDFリンク

    

3月は“自殺対策強化月間”です。

2014年2月5日(水)
 日本では、毎年3万人近くの方が自ら命を絶たれています。
半田市の自殺の死亡率は、男性は県より高く、20代や50代が多い状況です。一方、女性は県並みで60代が多い状況です。また男性の方が女性の2〜3倍と圧倒的に多くなっています。
自殺は心の健康問題(うつ等)が主な原因となっていますが、体にもそのサインはあらわれます。こんな症状はありませんか?
○イライラしやすい  ○なかなか寝付けない  ○訳もなく不安になる
○何もかもおっくう  ○じっとしていられないほど落ち着かない
○胃が痛む      ○疲れやすくなった   ○吐き気がする
○顔がピクピクする  ○頭が重い       ○食欲がない
上記の症状があてはまる方は、疲れがたまっています。この機会に心身の健康について考えてみてはいかがでしょうか? また、保健センターではストレスチェックを実施しています。唾液で簡単に測定できます。ぜひご参加ください。
☆ストレスチェック:平成26年2月19日(水)14時〜15時30分
          保健センターにて(予約不要・無料)
☆こころの相談窓口
・こころの保健室:(臨床心理士)第1金曜日   13:30〜(要予約)
(保 健 師)第2〜5水曜日 13:30〜(要予約)
・その他、県内の相談窓口:こころの健康相談
☆その他、悩み事の各種相談窓口一覧表(半田市内):各種相談窓口


関連Webサイト

PDFリンク

    

五感でたのしむ春到来(平成26年2月号)

2014年1月27日(月)
五感でたのしむ春到来(平成26年2月号)  今年も「はんだ蔵のまち桃の節句」の準備を進めています。恒例となった「十三詣りの行列のコースは?」「花ふところ餅飾りは?」「末廣さんをお借りしてJR駅前の盛り上げを!」など、秋の深まりとともに、「新美南吉生誕100年フィナーレ」の準備と並行して桃の節句の準備が始動しました。施設改修など昨年までとは随分様子が違う「蔵のまち」です。その中でも、春ならではを楽しんでいただけるようにと知恵を絞っています。
 桃の節句に先行し、蔵のまち界隈では2月1日から「春の醸す丼」が始まります。半田商工会議所120周年事業のプロジェクトとして動き出した「醸‐かもす‐kamosu」、半田市観光協会では昨年の秋の2か月間(9月・10月)「醸すめし」と題し15店舗のみなさまからメニューを提供していただきました。同時に開催しました「醸すクイズ」も好評を博し、「醸すってなあに?」という声に応える役割を果たしました。
 楽しみながら「醸す」に触れていただく機会を増やしていきたいと考え、秋の企画で好評だったところを活かし、より親しみやすい「春の醸す丼」を企画しました。蔵のまちエリアの飲食店舗さんに参加を呼びかけさせていただいたところ、21店舗の方からアイデア満載の「醸す丼」を提供していただけることになりました。
 「湯葉」「みそレバー」「まぐろ」「知多豚」など素材はいろいろ、酢・味噌・たまりで味付けをした和風・洋風・中華風…色とりどりの「醸す丼」がみなさんのご来店をお待ちしています。

 半田といえば彼岸花が秋の観光の代名詞になっていますが、「桃の節句」のこの季節に楽しめる花の散策道があります。半田運河の上流・東雲(しののめ)さくら道の堤の水仙です。
道路が舗装整備され、桜の季節に散策される方は年々増えています。この時期は、地域のみなさんや半田運河の会の方々が球根の植栽を進めている水仙が見頃を迎えています。堤には「さくら小学校」の文字が掲げられたミニ花壇もあります。
 半田運河からの春風と花を楽しみながら、蔵のまち界隈のまち歩きをたのしんでみてはいかがでしょう!!


★はんだ蔵のまち桃の節句
期間:3月1日(土)〜3月9日(日)
主なイベントについては、半田市観光協会のホームページ
http://handa-kankou.com
専用チラシ等をご参照ください。 


★半田市民憲章実践協議会「ふれあいウォーキング」開催
開催日:3月9日(日)
コース:半田運河周辺(東雲さくら道)
受付場所:アイプラザ半田駐車場
受付時間:9時〜10時
ゴール場所:新橋近くのあずまや
最終ゴール時間:12時
参加者全員にペットボトルのお茶配付 


半田市観光協会 事務局長 松見直美



関連Webサイト

PDFリンク

    

安倍政権の今後(平成26年2月号)

2014年1月27日(月)
安倍政権の今後(平成26年2月号)  安倍政権の1年間は、経済政策だけを見れば、大胆な金融緩和政策で経済を好転させたことに尽きる。もちろん、物価が上がって賃金が上がらなければ国民の生活は楽にならないという批判は強い。しかし、雇用は増えており、雇用と賃金を掛け合わせた賃金の支払い総額は増えている。GDPはすべての労働所得とすべての利潤とを足したものであるから、GDPが増えている以上、賃金の支払い総額も利潤も増えているのは当然のことである。こうして雇用が伸びていけば、いずれ人手が不足し、人手を集めるために賃金は上昇を始める。中途半端な段階で賃金が上がるより、働きたい人のすべてが仕事を見出してから上がった方がよい。
 では、長期的にどれだけGDPが増えるのか。フィリップスカーブという関係がある。物価が上がると失業率が低下するという関係である。これによると、物価が目標の2%に上昇していく過程で、失業率は5%から2.5%にまで下落していく(金融緩和前の失業率は4%強だったが、雇用調整助成金で無理やり引き下げられているので、実質5%と評価できる)。失業率が2.5%ポイント低下すると、実質GDPはどれだけ増大するだろうか。
 オークン法則と言われるものがある。失業率の変化と実質GDPの変化の関係を示したものである。日本では、失業率が1%ポイント低下すると実質GDPが3%増えるという関係がある。これによって失業率が2.5%ポイント低下すると実質GDPが7.5%増加する。より慎重に考えて、大胆な金融緩和が、日本の実質GDPを5%拡大するとしよう。
 1990年から現在までの日本の実質GDPの年平均成長率は1%にすぎない。今後、5年間にわたって5%分余計に成長できるとすると毎年の成長率が2%になるということである。この状況は、安倍総理が日銀官僚や財務官僚の反対を押し切って実現したものである。安倍総理の決断が正しく、その正しい決断によって日本が成長しているという事態が、5年間続くということである。そうなれば、安倍総理が5年以上総理の座にあることが極めて有利な状況が作られる。
 日本が立憲国家になって以来、5年間以上総理の座にあった政治家は、伊藤博文、桂太郎、吉田茂、佐藤栄作、小泉純一郎と5人しかいない。中曽根康弘は5年に18日足りない。総理がころころ変わるのは最近の風潮と思っている人が多いが、実は、明治以来のことでもある。安倍晋三総理が、上記の人々と同じ並びの大宰相になる可能性が生まれている。
 すると、当然の疑問が生まれる。金融緩和だけで伊藤博文にも並ぶ大宰相になれるのだったら、なぜ、他の政治家はこのことに気が付かなかったのか。彼らは、日銀や財務省が反対する時点であきらめてしまった。安倍総理はあきらめなかった。伊藤博文が、幕府を倒し、新しい考えで日本を作り直さないといけないと真剣に考えたように、安倍総理も真剣に考えたのである。結局、これまでの政治家は、官僚に頼るばかりで、真剣に考えることをしていなかった。この違いが、安倍総理が大宰相になる道を開いたのである。

早稲田大学政治経済学部教授・東京財団上席研究員 原田 泰

(はらだ・ゆたか プロフィール)
1950年生まれ。1974年東京大学卒業後、同年経済企画庁入庁、同庁国民生活調査課長、海外調査課長、財務省財務総合政策研究所次長、大和総研専務理事チーフエコノミストなどを経て、現職。著書は、『震災復興 欺瞞の構図』『日本経済はなぜうまくいかないのか』『日本はなぜ貧しい人が多いのか』『日本国の原則』(石橋湛山賞受賞)『昭和恐慌の研究』(共著、日経・経済図書文化賞受賞)『日本の失われた十年』『日米関係の経済史』など多数。


関連Webサイト

PDFリンク

    

年頭のご挨拶(平成26年1月号)

2013年12月27日(金)
年頭のご挨拶(平成26年1月号)
 平成26年の新春を迎え、謹んでお慶び申しあげます。

 昨年は半田が誇る童話作家・新美南吉の生誕100年を祝し、1年を通じて数々の催しが開催されました。全国各地から大変多くの方々にご来半いただき、大成功を納めることが出来ました。また、私ども半田商工会議所も創立120周年という大きな節目を迎えることができました。先輩諸兄が築き上げた歴史と伝統に新たな芽を加えるため、「南吉」、「醸す」をテーマに食文化に光を当てた二つの新プロジェクトを展開し好評をいただきました。そして、会員数も念願の2400会員を達成することができました。これもひとえに会員の皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 今、わが国は、アベノミクスというストーリーに加え、2020年の東京オリンピック開催など、比較的前向きな姿勢で、日本全体が明日に希望が持てるといった未来志向に動き始めています。しかし一方で地域経済は、不透明な環境のままであり、4月からの消費税率引き上げ後の影響も懸念されるところです。
 私は昨年11月、臨時議員総会で重ねてのご推挙を戴き、3期目の会頭職をお引き受けさせていただくこととなりました。新しく小栗利朗副会頭にも加わっていただくとともに委員会組織も再編し新体制をスタートしたところです。
 地域活力の源となるのは、なんといっても中小企業の皆様です。最優先課題は引き続き中小企業支援に置き、具体的な形で会議所にしかできない支援体制の確立を図り、創業から転廃業まで、頑張っている人々を支援するなど、これまで以上に力を注いで参ります。
また本年と来年の2年間は酢の里や赤レンガ建物をはじめ市内主要観光施設が改修工事に入るなど、次代へのパワーを充電する期間となります。この期間を活用し、当所として半田の良さを生かした新しい方向の打ち出し、周辺市町との協力体制強化による経済圏の拡大推進、地域で“人・物・金”を流動させる仕組みづくり、事業者自らが意識改善できる支援などに取り組み、当地域経済力の将来に向けての強化を図って参ります。
 そして、当所が永年にわたり築き上げてきた、当地域の明日を担う子どもたちの教育環境づくりを引き続き推進するとともに、次の半田の経済界を担うグローバル人材を積極的に育成していきます。
これからも地域経済社会が安定した活性化を図るためには地域唯一の総合経済団体としての商工会議所は必要不可欠であり、真に必要とされる組織を目指し魅力づくりの再構築に取り組むとともに、先々に向けた戦略的な中期ビジョン策定の検討への取り組みも開始します。
 そのためには商工会議所組織の中枢である部会・委員会を中心に青年部、女性会など全員参画をいただき、頑張っている人達が更に活躍できるよう、防災・減災対策の推進をはじめ、将来に向けて安心・安全な街づくりに全力で取り組んでいきます。
 本年も、更なるお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。終りに、会員並びに関係各位皆様方のご健勝とご多幸を祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。


半田商工会議所 会頭 榊原卓三(尾張製粉梶@代表取締役)


関連Webサイト

PDFリンク

    

初夢!正夢!「はんだ蔵のまち・未来予想図」から1年(平成26年1月号)

2013年12月27日(金)
初夢!正夢!「はんだ蔵のまち・未来予想図」から1年(平成26年1月号)  1年前、この誌面をお借りして「はんだ蔵のまち・未来予想図」と題し、変わりゆく半田運河周辺と赤レンガ建物のことを書かせていただきました。2015年を考えるとわくわく感が、しかしそこまでのプロセスを考えると「少し背筋が寒くなります」…という文章を書いた記憶があります。早いものであれから1年が過ぎます。昨年10月、大盛況で幕を閉じた「赤レンガ建物見納め公開」、11月には博物館「酢の里」が一時閉館し2015年に向けて工事が開始されました。旧中埜家住宅も工事に入り、庭は柵で囲われた状態となっています。観光のみなさんに足を運んでいただけるところは激減の状態です(プラス思考で考えればどの施設も次のステップに向けて始動しています)。 

 「醸-KAMOSU-」「モッコウバラ」などをキーワードに食の充実やイベントの創出を準備していますが、その成否は継続にあると思います。昨秋のことです。縁があって豊川B1グランプリに東北から出店するブースをお手伝いさせていただく機会に恵まれました。半田・知多半島の食の盛り上げに「B級」というのはそぐわないという思いがあることもあり、「B1グランプリ」に積極的に関心を示したことはありませんでしたが、少しだけですが裏方として関わってみて「目からうろこ」というか学ぶところがいっぱいでした。
 お手伝いさせていただいた「石巻茶色い焼きそばアカデミー」は2008年の発足ですが、前年から“B1グランプリが町おこしをテーマにしていることに着眼し”石巻焼きそばの名称統一とPR活動を積み重ねていったということです。メンバー構成も製麺・飲食関係者のみではなく、他業種の事業所さん、観光ガイドボランティアさんそして市役所の職員さんと多様で「焼きそばで町おこし」の思いがひしひしと伝わってきました。宮城県を中心に東北でのイベントで「おもてなし力」を磨き、B1グランプリに臨んでいるというお話でした。発足から7年、「2011年3月11日」の非常時も乗り越えた結束力をどこかでうらやましくも感じました。

 「石巻茶色い焼きそばアカデミー」との縁を繋いでくれたのは、11月末まで「愛知県住みます芸人2」として、8か月間半田市で活動していた「シンポジウム」のみなさんです。彼らのマネージャーだった鰍謔オもとクリエイティブ・エージェンシーの職員さんが、石巻市役所からの要請で観光課に出向しており「石巻茶色い焼きそばアカデミー」の一員として参加するという情報を大会直前にいただきました。「半田に住みます・・・」が形になるまでの1月〜3月何度かお会いをする機会がありましたが、4月から…という時に石巻市役所に(期間限定で)異動されました。7か月ぶりの再会に浸ったのはわずかな時間で、お互い「ありがとうございます」の連呼と焼きそばづくりに一心不乱の一日でしたが、短い会話の中に、自身が営業し「半田に住みます」になったシンポジウムのみなさんの今年を気にかけていることが伝わってきました。

 「食」「イベント」…町を元気にするには様々な要素がありますが、「継続」を大切にしていきたいと思う2014年がスタートです。


半田市観光協会 事務局長 松見直美



関連Webサイト

PDFリンク

    

◇◇◇乾燥対策◇◇◇

2013年12月19日(木)
 寒さも一層厳しくなり、乾燥する季節がやってきました。喉や鼻の粘膜が乾いていると、風邪の原因菌も体内に入りやすくなりますので、この季節は特に湿度管理が重要です。今回は濡れタオルと観葉植物を使った健康と環境によい加湿方法をご紹介します。

<加湿する前に・・・>
◎湿温度計で湿度を計る

加湿する必要があるか判断するために、まずは加湿したい部屋の湿度を測定しましょう。
インフルエンザウイルス対策を考えると、温度も湿度も高いほうがよいのですが、高温多湿の室内環境はカビの原因にもなります。インフルエンザとカビの両方を考えると、湿度50%、温度20℃を保つことが理想的です。

<加湿方法>
◎濡れタオルで加湿する

加湿器には超音波式、スチーム式、気化式、加熱気化式などがあります。室内で濡れタオルを干すのは簡易気化式加湿器を使っているのと同じことになります。使用するタオルは、洗濯直後の清潔なタオルをお勧めします。使用後のタオルは、枯草菌(雑巾の臭いの原因)が付着している可能性があるため、臭い対策の為にも清潔なタオルを使用しましょう。

◎観葉植物で加湿する

加湿器を使わずに加湿する別の方法として、観葉植物の蒸散効果を利用する方法があります。サボテンなどの手軽な植物でも加湿できますが、葉が大きい種類の植物の方が蒸散量が多いため、サンスベリアや幸福の木(ドラセナ・マッサン)などが向いています。
また、乾燥がひどい時には葉に霧吹きをすると効果が高まります。部屋に緑があると気持ちが和みますし、健康の第一歩として取り入れてみてはいかがでしょうか?



関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
122 - 131件目/全210件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp