半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 知っ得耳寄り情報
 

知っ得耳寄り情報


名古屋税関からの密輸情報提供のお願いについて

2019年5月24日(金)
名古屋税関からの密輸情報提供のお願いについて 税関では、爆発物・銃器等テロ関連物資等の密輸入阻止のため、水際での取締りを実施しております。
密輸入阻止には皆様からの情報提供が大きな力となります。 
不審な貨物や不審な人物を発見した場合には、税関までご連絡をお願いいたします。

税関密輸ダイヤル(24時間受付)
フリーダイヤル 0120-461–961

〈詳しくはこちら〉
http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/mitsuyu-dial.htm




関連Webサイト

PDFリンク

    

カラスの巣作りによる停電防止にご協力を

2019年2月15日(金)
カラスの巣作りによる停電防止にご協力を 例年2月中旬から6月上旬までの間、カラスの巣作りが活発になります。
電柱や鉄塔にカラスの巣を発見した場合は、お近くの中部電力まで、ご連絡ください。
カラスの巣は金属製ハンガーや針金などの電気を通す材料が使われています。
これらが電線に接触することで停電が発生することがありますので、ハンガーなどを屋外に放置しないようにご協力をお願いします。

【ご連絡・お問合せ先】
中部電力鞄d力ネットワークカンパニー
半田営業所(TEL:0120-985-232)
カラスの巣作りによる停電防止にご協力を


関連Webサイト

PDFリンク

    

☆水素エネルギー社会形成研究会 現地見学会 in セントレアの参加者を募集します☆

2019年2月14日(木)
=========================================================
「水素エネルギー社会形成研究会 現地見学会 in セントレア
〜バス対応水素ステーションとフォークリフト用水素充填所〜」
の参加者を募集します
=========================================================

中部国際空港島では、水素エネルギーの利活用拡大を目的に
先進的な取組が行われています。本見学会では、燃料電池バスに
ご乗車いただき、セントレア水素ステーションと、
貨物地区内の燃料電池フォークリフト用水素充填所を見学します。
是非ご参加ください。

詳細はwebページをご確認ください。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suisotour201903business.html

<概要>
(1)場所
  中部国際空港(常滑市セントレア1丁目)
(2)開催日
  平成31年3月20日(水)、22日(金)、25日(月)、26日(火)
  全10回の中から選択。スケジュールはwebページをご確認ください。
(3)募集対象
  水素ステーションの運営に関心のある事業者の方
  燃料電池バス・燃料電池フォークリフトに関心のある事業者の方
  その他、水素エネルギー関連産業に関心のある事業者の方
 ※別途一般向けも企画中。2/20に県HPにて公表予定です。
(4)行程(約80分)
  中部国際空港で集合、燃料電池バスに乗車
   ↓(バス移動)
  セントレア水素ステーション
   ↓(バス移動)
  フォークリフト用水素充填所(貨物地区内)
   ↓(バス移動)
  中部国際空港にて降車。
(5)募集定員 各回24名
(6)参加費  無料(ただし、発着場所までの往復交通費は各自負担)
(7)募集締切 平成31年3月8日(金曜日) 
  ※申込先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。
(8)申込方法 第3希望日時まで選択し、FAX、メール、またはwebで申込

----問合せ先----------------------------
愛知県産業労働部産業科学技術課
新エネルギー産業グループ(水田、茶谷)
電話 052-954-6350
FAX 052-954-6977
メール jisedai-ene@pref.aichi.lg.jp
----------------------------------------


関連Webサイト

PDFリンク

    

半田市防災交通課からのお知らせ(交通安全活動啓発資材配布について)

2018年12月14日(金)
半田市防災交通課からのお知らせ(交通安全活動啓発資材配布について)  日頃は、交通安全活動に御尽力をいただき、厚く御礼申し上げます。
 愛知県では、地域において児童を交通事故から守る取組を促進するため、児童の通学時間帯に交通安全活動を実施する企業・団体に啓発資材を配付する事業を実施します。
 つきましては、本事業の趣旨を御理解いただき、1月16日(水)までに半田市防災交通課まで申請いただきますようお願いします。

半田市防災交通課
TEL0569-84-0628



PDFリンク

    

ポリテクセンター中部より能力開発セミナーのご案内

2018年11月15日(木)
マシニングセンタ実践技術(プログラミング編)
本コースでは、マシニングセンタにおけるプログラミング手法について学びます。
プログラムの読み方についての知識を習得したい方、自分で一からプログラムを作成するための知識を習得したい方に向けたコースです。

日時    平成31年1月28日(月)〜2月1日(金)
時間    9:15〜16:15(6時間×5日間)
会場    ポリテクセンター中部 (TEL0568-79-0555)
定員    12名
参加費   20,000円

申込先(連絡先) http://www3.jeed.or.jp/aichi/poly/zaishoku/index.html
メールアドレス  seminar@chubu-center.ac.jp
URL      http://www3.jeed.or.jp/aichi/poly/zaishoku/hl52qs00000284xq-att/hl52qs000006u9ga.pdf


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆ノロウイルス◆◆◆

2018年11月14日(水)
 冬に増加するノロウイルスは強い感染力があり、感染すると激しい嘔吐や下痢を起こします。ノロウイルスの感染経路を知り、普段の生活から予防を徹底しましょう。

<感染経路>
・ウイルスに汚染されたカキ、アサリなどの二枚貝を十分に加熱せずに食べる
・感染者が不十分な手洗いのままで調理をし、ウイルスが表面に付着した食品を食べる
・感染者の吐物や便への接触、飛散による感染  

<予防方法>
◎手洗いをしっかり行う
帰宅時、調理前、食事前、トイレの後などに流水と石鹸による手洗いを行いましょう。特に手洗いが不十分になりやすい部位(指先、指の間、爪の間、親指の周り、手首など)を意識してしっかり洗いましょう。
◎食品はしっかり加熱する
二枚貝を食べるときは、中心部の温度が85℃以上をキープしながら90秒間以上加熱しましょう。ウイルスは熱に弱く、加熱により感染力を失います。抵抗力の弱い高齢者や幼児は二枚貝の生食は避ける方が無難です。
◎キッチンや調理器具の消毒
<調理台>
⇒次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)を希釈したものをふきんに染み込ませて拭く。その後水拭きをする。
<非金属製調理器具(まな板など)>
⇒洗剤などを使用して十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)を希釈したものをふきんに染み込ませ、数分かぶせておく。その後、水洗いをする。
<金属製調理器具(包丁など)>
⇒消毒用エタノールによる2度拭きや熱湯消毒をする。 
※次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食させる
◎頻繁に手で触れるものを清潔に保つ
ドアノブや手すり、トイレ、イスなど共有して使用する箇所のウイルス除去も大切です。消毒用エタノールによる2度拭きがおすすめです。

(一社)半田市医師会健康管理センター
☆健康たいけん教室予約受付中‼ 
当センターでは、毎月土曜日に無料の健康たいけん教室を開催しております。
どなたでもお気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心からお待ちしております。
年間予定は→
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20180308.pdf
6月の教室だより
http://handa-center.jp/medical/facility/pdf/20181113.pdf 


関連Webサイト

PDFリンク

    

〜心ふるえる感動をあなたに〜 半田少年少女合唱団 第40回定期演奏会

2018年10月29日(月)
半田少年少女合唱団 第40回定期演奏会
開催日時:12月23日(日) 14:00開演(13:15会場)
会場:常滑市民文化会館
入場料:前売700円 当日800円 ※3歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください
問い合わせ:半田少年少女合唱団 事務局 TEL:080-6961-7179


PDFリンク

(PDF/576.8KB)    

中部大学主催・第4回国際産官学連携ワークショップ 〜AIと環境・産業技術の未来〜」(日・中・タイ)(12/3〜5) 参加者募集

2018年10月20日(土)
 本ワークショップでは中部大学のAI研究者及び、中国自動車業界のキーマンや中国AI学会常任理事らが相次いで学長に就任し、中国のEV、自動運転の革新をリードする同済大学から自動運転の専門家が講演を行います。
 またビッグデータ、AI、IoTを駆使してニューリテイル(新小売)戦略を打ち出す、中国のアリババクラウド、EV自動運転車開発で新鋭の上海蔚来自動車、ITの革新を目指す楽天、EV自動運転開発に取り組む日産自動車の研究者らが、講演を行います。
また、本学大学院生も参加し発表を通じて交流を図りますので、皆様のご参加をお待ちしております。
 
〔日 時〕  2018年12月3日(月)・4日(火)
〔場 所〕 中部大学春日井キャンパス 不言実行館 アクティブホール
〔参加費〕 無料 (レセプション、交流会は参加費、各5,000円)
〔発表言語〕 日本語、中国語、(英語)※逐次通訳有
〔主  催〕 中部大学
〔共  催〕 中国 同済大学

〇12月3日(月)15:00〜記念講演、18:00〜歓迎レセプション
  【来賓挨拶】
    ◆春日井市長 伊藤太 氏 
    ◆中華人民共和国駐名古屋総領事館 総領事 登偉 氏 

  【記念講演】
    ◆日本貿易振興機構(JETRO)前名古屋貿易情報センター所長
     東京本部・部長  三根伸太郎 氏
     「ジェトロのスタートアップ支援と中小企業のチャレンジ」
    ◆中華人民共和国駐名古屋総領事館 科学技術担当領事 李穎 氏
     「中国のAI、IoTに関する現状と取組みについて」

18:00〜 歓迎レセプション[会場:不言実行館 6F]※参加費5,000円をご負担いただきます。

〇12月4日(火)9:00〜講演・ポスターセッション、18:00〜交流会

  【基調講演】9:00〜9:30
    ◆同済大学元副学長 / 嘉興同済環境研究院 院長 / 同済日本センター長 趙建夫 氏
     「生態保護環境領域における人口知能の活用」
  【講演】9:30〜10:30
    ◆中部大学 情報工学科 准教授 山下隆義 氏
     「ディープラーニングを活用した経路予測」
    ◆同済大学 自動車学院 教授 / 同済大学―JTEKT主動安全技術連合実験室 部長 陳慧 氏
     「自動運転におけるAIの応用」
  【特別講演会】10:30〜11:50
    ◆日産自動車株式会社 モビリティ・サービス研究所 シニリサーチエンジニア 下村倫子 氏
     「電動化と知能化技術の発展と未来の交通」
    ◆上海蔚来汽車有限公司 自動運転中国部 ソフトウェア高級経理  忻斌健 氏
     「自動車の未来を創造する電気と自動運転──上海蔚来(NIO)のビジョン」
  【講演】12:50〜13:50
    ◆中部大学 持続発展・スマートシティ研究センター長
     世界交通学会(WCTRS)会長 ローマクラブ・フルメンバー 林良嗣 氏
     「CO2排出削減と市民総幸福向上を同時実現するためのe−スマート交通統合戦略」 
    ◆タイ・チュラロンコン大学 
     Department of Computer Engineering Prof. Boonserm Kijsirikul 
     「人工知能〜過去から現在そして未来へ〜」
  【特別講演】13:50〜15:10
    ◆楽天株式会社 楽天技術研究所 Reality Group Research Scientist 中澤満 氏
     「楽天技術研究所が取り組む人工知能技術の開発と産学連携の推進」
    ◆アリババグループ Alibaba Cloud Japan 日本支社長 宋子曁 氏
      「ビッグデータの活用とビジネスイノベーション」
  
  【ポスターセッション&交流会】15:10〜16:00
    ◆春日井市
    ◆住友理工(株)
   ◆日本ロボット学会理事・ロボット理工学科教授 大日方五郎 氏
   ◆ロボット理工学科教授 長坂保典 氏
    ◆大学院生 他

【講演】16:00〜17:30
    ◆中部大学 工学部 情報工学科 教授
     愛知医科大学・IIT Guwahati共同研究者 岩堀祐之 氏 
     「コンピュータビジョンと人工知能の医用画像診断支援への応用」
    ◆同済大学浙江学院 電子信息工程 副教授 朱華平 氏
     「ミラーニューロンに基づく行動理解の認知メカニズムと計算法に関する研究」
    ◆嘉興学院工学系 副学部長・教授 高慧敏 氏
     「嘉興学院における最近の人工知能の研究」
 18:00〜 交流会[会場:不言実行館 6F]※参加費5,000円をご負担いただきます。

●プログラム・発表内容の詳細はこちらからご覧いただけます
https://www3.chubu.ac.jp/china_affairs/news/24180/

※申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます
※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。

お申込み先(下記申し込み票をご返信ください)
中部大学 中国連携推進室 〈担当/小島・加藤〉
TEL 専用内線:2370 直通 0568-51-9560
FAX  0568-51-9369
Email chugoku77@office.chubu.ac.jp


関連Webサイト

PDFリンク

    

◆◆◆自殺予防週間を実施中です◆◆◆

2018年9月14日(金)
 9月16日(日)まで、世界自殺予防デーにちなみ実施しております。
ひとり一人の少しの勇気と行動が世界を優しく包み込みます。
悩みをもった方への相談窓口もありますので、ご利用下さい。


PDFリンク

(PDF/453.3KB)    

平成30年度 愛知ブランド企業の募集について〜集まれ!キラリと光る愛知のモノづくり企業〜

2018年7月12日(木)
 愛知県では、県内製造業の実力を広くアピールするため、オンリーワンやシェアトップなど、世界に誇る独自の技術や製品を持つ優れたモノづくり企業を「愛知ブランド企業」として認定しています(平成15年度から認定を開始し、現在371社を認定)。
 この度、今年度の認定企業を下記のとおり募集しますので、お知らせします。

1申請資格
(1)愛知県内に本社又は工場を有する製造企業(大企業、中小企業を問いません。)
(2)その他 
•暴力団員が役員となっている事業者でないこと
•暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する事業者でないこと
•国税及び地方税の未納がないこと

2認定基準
 愛知ブランド発信事業の趣旨に賛同し、次の要件についての取組や実現度を認定の基準とします。

(1) 理念、経営トップのリーダーシップ
(2) 人の活性化
(3) 業務プロセスの効率化、革新
(4) コア・コンピタンス(技術、製品、プロセス等における独自の強み)
(5) 顧客との関連性の質、深度を高める顧客価値構築
(6) 社会、環境への配慮

3申請期間
〜平成30年7月31日(火曜日)まで

4申請方法
(1)申請書について
 以下の問合せ先において、申請の流れ等について説明の上、申請書をお渡ししますので、事前にお電話ください。

(2)申請方法
 申請書に必要事項を御記入の上、添付書類(会社案内、シェア等のバックデータ等)とともに、平成30年7月31日までに以下の申請先へ持参、又は郵送してください(当日消印有効。持参の場合は午後5時30分まで)。

5認定方法
(1) 平成30年8月から10月の間に、担当職員が企業を訪問し、現地確認をいたします。
(2) その後、有識者で構成する「愛知ブランド評価委員会(※)」を開催し、本委員会において認定基準を満たす企業を選定します。
(3) 認定の可否については、全ての申請企業に通知し、認定された企業には、平成31年2月から3月頃の認定式において、認定書を交付する予定です。

※なお、スケジュールは現時点での予定であり、都合により変更する場合がありますので、御了承ください。

※愛知ブランド企業の評価に関する事項を審議するため設置。構成員は愛知ブランドウェブサイトを御覧下さい。

6認定期間
認定を受けた年度の翌年度の4月1日から5年間(更新あり)

7その他
以下のいずれかに該当するときは、認定を取り消すことがあります。

(1) 認定を受ける要件を欠くに至ったとき。
(2) 虚偽の申請により認定を受けたとき。
(3) 評価基準に適合しないと認められたとき。
(4) 公序良俗に反する又はそのおそれのあることが認められたとき。
(5) 事業活動を中止又は廃止したとき。

8問合せ先・申込先
愛知県産業労働部 産業振興課 基盤産業グループ
〒460−8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話:052−954−6345(ダイヤルイン)
E-mail:a-brand@pref.aichi.lg.jp

※愛知ブランド事業の詳細については、愛知ブランドウェブサイトihttp://www.aichi-brand.jp)を御覧ください。


関連Webサイト

PDFリンク

(PDF/93KB)    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
1 - 10件目/全210件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp