半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 知っ得耳寄り情報
 

知っ得耳寄り情報


企業ゲストティーチャー制度へご登録ください〜半田市生涯学習課

2016年3月24日(木)
企業ゲストティーチャー制度へご登録ください〜半田市生涯学習課 半田市では、生涯学習を推進するために、ゲストティーチャー制度がございます。これまでは、個人を対象としておりましたが、子どもたちに豊かな体験と幅広い学習の機会を提供するため、市内企業の皆様にもご登録をいただき、市内小中学校において出前授業を開催しております。

半田市の子どもたちのために、ぜひ多くの企業のご登録をお願いいたします。


PDFリンク

    

東京開催での観光物産展の出展者募集

2016年3月17日(木)
4/29(金)・4/30(土)の2日間、東京交通会館(東京都千代田区有楽町2-10-1)にて愛知県の観光物産展が開催されます。
この観光物産展にて、愛知県の魅力をPRいただける事業者を募集します。

◆募集締切:3/28(月)17:00まで

◆募集事業者数:8事業者程度

◆募集要件:愛知県内に事業所を要する事業者及びその事業者が複数で構成するグループで、愛知の物産や魅力をPRいただける製造・販売業者

◆出展料:無料

◆応募方法:下記リンクの応募様式にて愛知県振興部観光局観光振興課へ直接お申込みください。

http://www.handa-cci.or.jp/tokyobussannten.pdf

◆お問合せ:愛知県振興部観光局観光振興課 観光振興グループ 水上・中西
TEL:052-954-6355  FAX:052-973-3584



関連Webサイト

PDFリンク

    

2015年度市民研究員・地域課題解決型研究 研究成果合同報告会

2016年2月4日(木)
主催:日本福祉大学 入場無料

日程:平成28年2月11日(祝)
時間:10:30〜12:30
定員:80名
会場:日本福祉大学東海キャンパスC401教室

 日本福祉大学では2014年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)の採択を受け、「持続可能な【ふくし社会】を担う【ふくし・マイスター】の養成」プログラムを展開しています。
 同事業の研究の取組として、2015年度より市民研究員制度(一般対象)および地域課題解決型研究支援制度(本学教員対象)を立ち上げました。
 公募により採択された市民研究員および教員がそれぞれのテーマを設定し、1年間、地域課題の解決に向けた研究活動に取り組んできた成果を報告します。
 研究成果を地域に還元するとともに、社会での実践・普及に繋げていく契機といたします。


関連Webサイト

PDFリンク

(PDF/447.3KB)    

地域にある共通価値の再発見と創出〜CSVの実践とその課題〜

2016年2月4日(木)
 共通価値の創造(CSV:Creating Shared Value)は近年、地域社会の企業や諸団体(住民)を結びつける考え方として注目されています。また、従来から主に環境分野で取組まれてきた企業の社会的責任(CSR:corporate social responsibility)も、環境分野だけではなく企業の理念構築や企業戦略の選定まで幅を広げてきました。今日では、CSVやCSRは企業が事業活動を行うための標準装備として認知されています。
 当研究所では昨年度「地域にある共通価値の再発見と創出 〜企業と地域を結びつけるCSV〜」というテーマでフォーラムを行いました。そこでは、CSVはCSRにとって代わるものではなく、従来のCSRの中に、いかに企業としての戦略を組み込むのか、あるいは組み込んでいるのかということが重要であること、また地域の課題を的確に把握しつつ自社の経営を地域の中で位置づけることの必要性を確認しました。
 今回のCSVフォーラムでは、「地域にある共通価値の再発見と創出 〜CSVの実践とその課題〜」をテーマとして、企業が地域課題を的確に把握すること、そして、地域課題をどのように自社の経営活動に組み込んでいけばいいのか、ということに焦点をあてます。本フォーラムでは、CSVやCSRを実践している企業の方に実践例をご紹介してもらいながら、基調講演やパネルディスカッションを通じて、参加者と一緒に議論を深めていきます。

日時
2016年2月18日(木)
受付13:00、開演13:30、終了16:00

内容
第1部 基調講演 (50分)
「地域にある共通価値の創出」(仮)
 城山裕美 氏(株式会社フルハシ環境総合研究所 研究員)

第2部 パネルディスカッション
「企業が取り組むCSV・CSRの実践」
 @株式会社愛知印刷工業 代表取締役社長 久野彰彦 氏
 A株式会社ピー・エス・サポート 代表取締役 村田元夫 氏
 B株式会社フルハシ環境総合研究所 研究員 城山裕美 氏

場所
東海市芸術劇場 1階多目的ホール

参加費
無料

共催
東海商工会議所・半田商工会議所

後援
東海市・半田市・常滑市・大府市・知多市・
常滑商工会議所・大府商工会議所・知多市商工会

参加申込方法

電話、E-mail・FAXにて受け付けます。
申込時記載事項…氏名・所属団体・役職・住所・電話番号・メールアドレス
電話…0569−20−0112
FAX… 0569−20−0128
E-mail…chitaken-info@ml.n-fukushi.ac.jp

参加申込先

日本福祉大学知多半島総合研究所 行
〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2
TEL:0569-20-0112 FAX:0569-20-0128
Mail:chitaken-info@ ml.n-fukushi.ac.jp
WEBFhttp://www.n-fukushi.ac.jp/chitaken/



関連Webサイト

PDFリンク

(PDF/1494.4KB)    

衣浦トンネル対面通行規制について

2016年1月26日(火)
衣浦トンネルにおいて、補修工事のため、下記のとおり終日通行規制を実施します。下り線(半田方面行)については終日通行止めを行いますが、上り線(碧南方面行)において対面通行を行うことにより、半田方面へ通行することができます。

規制箇所:衣浦トンネル

規制内容:下り線(半田方面行):通行止め
     上り線(碧南方面行):対面通行規制

規制期間:平成28年2月5日(金)〜平成28年2月22日(月)

規制時間:終日

お問い合わせ:愛知県道路公社 知多有料道路事務所
       TEL:0569-21-2721


PDFリンク

    

平成27年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」のご案内〜厚生労働省

2016年1月21日(木)
 厚生労働省では、 ひとり親家庭に対しての自立支援の一環として 、就業支援に積極的に取り組んでいる企業や団体を対象に「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」を実施します。

 子育てと就業の両立が難しいなどの理由から、母子家庭の母、父子家庭の父の就業は困難な状況にあります。

 この表彰は、雇用する企業側に働きかけることで、母子家庭の母、父子家庭の父が働きやすい環境整備などの取組を促進すると同時に、社会的機運を高めることを目的に、平成18年から実施しています。

  働きやすい 環境整備などの取組を促進すると同時に、社会的機運を高めることを目的に、平成18年から実施しています。今年度、表彰する企業は、平成28年3月に発表する予定です。


PDFリンク

    

企業ゲストティーチャー制度へご登録ください〜半田市生涯学習課

2015年12月24日(木)
企業ゲストティーチャー制度へご登録ください〜半田市生涯学習課 半田市では、生涯学習を推進するために、ゲストティーチャー制度がございます。これまでは、個人を対象としておりましたが、子どもたちに豊かな体験と幅広い学習の機会を提供するため、市内企業の皆様にもご登録をいただき、市内小中学校において出前授業を開催しております。

半田市の子どもたちのために、ぜひ多くの企業のご登録をお願いいたします。


PDFリンク

    

「愛知県産業立地キャラバンIN尾張」開催のお知らせ

2015年12月24日(木)
愛知県内で事業尾を行っている企業様の事業展開をサポートするため、愛知県産業立地キャラバンを開始します。国・愛知県の施策説明や、名古屋市工業研究所の紹介などを通じ、企業様の事業を支援します。また、工場の拡大・設備投資をしたい!補助金を活用したい!用地を探している!などのご相談に、県や市町村の職員がお応えします。

日時:平成28年2月22日(月)
   14:00〜16:00
場所:名古屋市工業研究所 第1会議室
   (名古屋市熱田区六番三丁目4番41号)
参加費:無料

詳しくは、下記HPをご覧ください。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/ricchitsusho/0000088895.html


関連Webサイト

PDFリンク

    

〜栄養フルコースの食事を〜

2015年12月4日(金)
 「機能性表示食品」・・耳にしたことはありますか?
すっかり耳慣れた『トクホ』に加え、今年の4月から「機能性表示食品」が新しく認可されました。それらの食品によって病気の治療や予防が必ずしもできるものではないことを理解して、商品を選ぶことが大切です。
例えば関与成分として添加されている『難消化性デキストリン』は、ノンアルコールビール、コーラ、お茶、最近ではコーヒーにも使用されています。「不足しがちな食物繊維を補い、お腹の調子を整えます」の表示では、便通の効果を示しています。また、「血糖値の気になりだした方の食生活の改善に役立ちます。」との表示で血糖値の調整を示しています。『トクホ』は難消化性デキストリンを含む食品の効果を実証していますが、機能性表示食品に関しては、添加物としての機能の効果であって、商品自体にその成果がある!とは限りません。たとえば、ペットボトル500mlのお茶の中にこれを加えることにより食物繊維5gが添加されたことになっています。しかし成人の1日の必要量は17〜19gですのでこれだけでは足りたとはいえません。
日々の食事を@主食 A肉や魚のおかず B野菜 C果物 D乳製品にあてはめれば必要な栄養素はほぼ摂取できると思います。これが「栄養のフルコース」の食事です。食品の素顔が見える食材を選んで適度な量を食べることを心がけましょう。楽しい食卓で健康な生活を送りましょう。

半田市保健センター


関連Webサイト

PDFリンク

    

「地域ブランド化推進セミナー2015」を開催します!

2015年11月26日(木)
 本県の魅力ある地域資源を活用し、独自性と高い付加価値を持った商品・サービスを創出しませんか?
昨今、農林水産品、工芸品、歴史や文化などの地域資源をブランド化し、地域の活性化に活かす取組への関心が高まっています。平成26年8月から、地域団体商標の登録主体が商工会、商工会議所、NPO法人等にも拡充され、また平成27年6月より地理的表示保護制度が開始されました。戦略的な地域ブランドの活用法について、専門家による講演と実際の取組事例を通じてご紹介します。是非ご参加ください!

1 日時
平成27年12月14日(月)14:20〜17:00
2 テーマ
「地域ブランドを創る!〜地域団体商標と地理的表示保護制度の戦略的活用〜」
16:50〜17:00 質疑応答
3 場所
ウインクあいち(愛知県産業労働センター)18階 セミナールーム
(名古屋市中村区名駅四丁目4番38号)
4 対象
県内企業、市町村、商工会議所、商工会、JA、各種団体の担当者など地域ブランドに関心のある方
5 主催
愛知県、公益財団法人あいち産業振興機構
6 定員
100名(※定員に達し次第、お申込みを締め切ります。)
7 参加費
 無料
8 申込期限
平成27年12月11日(金)

お問い合わせ
愛知県 産業労働部 産業科学技術課
研究開発支援グループ
電話 052-954-6370(ダイヤルイン) FAX 052-954-6977


関連Webサイト

PDFリンク

    
→前の10件  →最新の10件  →次の5件
57 - 66件目/全206件


お問い合わせ先
半田商工会議所
TEL (0569)21-0311 FAX (0569)23-4181
 お問い合わせページ
 info@handa-cci.or.jp