「中小企業倒産防止共済制度」とは、取引先事業者の倒産の影響をうけて、中小企業者自らが連鎖倒産するなどの事態を防止し、経営の安定を図るための共済制度です。

加入資格

引き続き1年以上事業を行っている中小事業者であって、

  1. 個人の事業者又は、会社で次表の「資本金等の額」又は「従業員数」のいずれかに該当する者
  2. 企業組合、協業組合
  3. 事業協同組合、商工組合等で、共同生産、共同販売等の協同事業を行っている組合
業種 従業員数 資本金等の額
工業・運送業その他 300人以下 1億円以下
卸売業 100人以下 3千万円以下
小売・サービス業 50人以下 1千万円以下
陶磁器製造業・ゴム製造業 900人以下 1億円以下
業種 従業員数 資本金等の額
織物の機械染色整理業 600人以下 1億円以下
鉱業 1,000人以下 1億円以下
伸銅品製造業 500人以下 1億円以下

毎月の掛金

共済金の貸付け

 加入後6カ月以上を経過して取引先事業者が倒産し、売掛金や受取手形などの回収が困難となった場合に、共済金の貸付けが受けられます。

共済金の貸付額

 共済金の貸付額は、掛金総額の10倍に相当する額か、被害額の少ない額となります。又共済金の貸付限度額は、すでに貸付けを受けている共済金の貸付残高を含めて3,200万円となります。

貸付条件

詳しいお問い合せはこちらでどうぞ!【お問い合せページへ