半田商工会議所 - HANDA BIZ WEB
HOME > 新着情報
 

新着情報



最終更新日:2018/04/13(金)

 

■‶売れる”仕組みの作り方セミナーを開催

2017/09/07(木)

当所中小企業相談所は、 9月7日(金)に潟~セラボの田中聡子氏(中小企業診断士/一級販売士)を招き、「消費税率の変化に負けない企業になろう!中小企業のための‶売れる"仕組みの作り方」をテーマにセミナーを開催しました。 
田中氏は、自身の販売員時代の教訓を基に、「商品の価値を考える」「売れ行きを決める2つのチカラ」など売れる仕組みの考え方や流れを、実例を交え講演されました。
参加者は、貴重な話しや自店の目標の立て方などを聴き、大変有意義なセミナーとなりました。

■【日東橋工事に伴う通行止めのお知らせ】

2017/09/07(木)

愛知県衣浦港務所より、市内日東町における工事のお知らせがございました。


通行止め期間:平成29年10月9日(月)8:00から10月29日(日)17:00まで
       ※土日を含む終日の通行止めとなります。

通行止め場所:半田市東億田町(市道 中午日東2号線の内一部)

施行内容:日東橋の仮橋への切替工事

お問合せ先
愛知県衣浦港務所 建設課 事業第2グループ
電話:0569-21-2453


工事期間中にお出かけの際は十分にお気を付けください。

■【キッズ応援団サマースクール】〜金融教室とぐるーデコガラス教室〜

2017/08/28(月)

 当所金融部会(河合公夫部会長/知多信用金庫)では、8/26(土)当所にて、子ども向けの地域貢献事業として【キッズ応援団サマースクール〜金融教室とぐるーデコガラス教室〜】を、知多信用金庫女性企画チーム「幸せのクローバープロジェクト」と共催実施しました。

 当日は、第1部の金融教室にて、身近なお金の種類や歴史についてクイズ形式で学ぶと共に、模擬紙幣を使用して札勘定の体験を行いました。日頃から経験を積んでいる信金職員のようにはできないものの、苦戦しつつも楽しんで初体験の札勘定を行いました。
 第2部のぐるーデコガラス教室では、亀崎のひらおかステンドグラス工房さんを講師に招き、色とりどりのガラス片を使った箸置きやマグネットなど、世界で一つだけの作品を完成させました。

 子どもたちは様々なガラス片を組み合わせて動物や花などの模様を作り、一緒に参加した保護者も真剣な表情で作業を行い、完成後には、皆さん一様に笑顔がこぼれました。

■日東会 会員交流会を開催!

2017/08/28(月)

 市内日東町の立地企業で構成する日東会(代表幹事・南良和/ジェコス梶jは8月25日、半田赤レンガ建物にて会員交流会を開催した。
 本事業は、他事業所との交流の機会が少ない若手従業員に横のつながりを持ってもらい、また、転勤等が多い企業もあることから半田の産業観光施設を知ってもらう目的で開催された。
 男女20名の参加者の中には半田赤レンガ建物を初めて訪れた方も多く、その歴史を感じながらカブトビールやお酢を使ったスムージーなどを楽しみ、和やかな雰囲気の中でお互いの交流を深めた。

■「フットサル・ロボを作ろう」〜夏休み子ども体験教室〜

2017/08/28(月)

 当所工業部会(佐藤晋吾部会長/中部電力)では、8月26日に雁宿ホールにて開催されました、半田市教育委員会主催「子ども科学体験教室」のブースに出展しました。
 同教室は、小中学生に、科学体験の楽しさやものづくりのおもしろさを、学校以外の場で味わう機会や講師である地域企業の方々、学校の先生、ボランティアで協力いただく中高生の方々とのふれあいの場を提供することを目的としています。
 当部会はブース内で、「フットサル・ロボを作ろう」と題した体験教室を開催し、応募者134名の中から当選した30名の小学生が体験をしました。中学生等のスタッフの支援で、子どもたちは、電磁石のしくみを楽しく学びながら、工夫された材料で簡単に組み立てをしました。完成後は、リモコン操作で専門ボールをドリブルをしてフットサルゲームを楽しみました。
 初めて体験する子どもも多く、夏休みの良い思い出となる一日となりました。
半田商工会議所工業部会 TEL0569-21-0311

 

 前の5件  最新の5件  次の5件 
68 - 72件目
全1803件

 

最新の情報


情報キーワード検索